青い天使(8) (講談社青い鳥文庫)

  • 106人登録
  • 3.80評価
    • (17)
    • (6)
    • (25)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 講談社 (1999年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061485129

青い天使(8) (講談社青い鳥文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ再読八巻目。
    パリから日本へ。日本編は、今までのパターンをなぞっている感じで展開が深まらず、ちょっとものたりない。むしろクローディーヌの変化の過程を読みたかったな…と勝手なことを思ったり。そこまで改心するというのも、むしろ怖いような。

  • 大昔に人にかりて読んだ話。
    感動します。
    結末知ってるけど途中読まないと勿体ないと思わせる!

  • 演奏会が終わる。
    ビリッチが…
    剛くんが帰ってくる。
    〆はクローディーヌからの手紙。
    チナも 日本に帰る。

  • かなりの確率でこの本に泣かされてるのは気のせいですかー!

    ビリッチの愛はすばらしい。


    @手持ち本

  • ビリッチきたー。
    この少年もまた、現実にはありえないって思っちゃうんだけど、戦争経験したらありえたりするのかな?

    客観的な幸せと、主観的な幸せは違うこと。
    外から見るのと内から感じるのは違うこと。

  • チナはビリッチを励ます計画をした。

全6件中 1 - 6件を表示

倉橋燿子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森 絵都
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

青い天使(8) (講談社青い鳥文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

青い天使(8) (講談社青い鳥文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

青い天使(8) (講談社青い鳥文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする