パスワード春夏秋冬(上) -パソコン通信探偵団事件ノート(11)- (講談社青い鳥文庫)

  • 365人登録
  • 3.52評価
    • (26)
    • (18)
    • (66)
    • (5)
    • (2)
  • 15レビュー
著者 : 松原秀行
制作 : 梶山 直美 
  • 講談社 (2002年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061485785

パスワード春夏秋冬(上) -パソコン通信探偵団事件ノート(11)- (講談社青い鳥文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 春はダイの話しだった。最初に将棋を指す場面から始まって。体の大きい男の人がきてダイと将棋を指したが、全く歯が立たなかった。
    僕も最初は将棋が得意な男の人だと思っていた。でも、読み進めていくと、その男の人はダイのおじさんだった。ものすごく驚いたΣ(゚ロ゚ノ)ノ。
    またダイのおじさんは謎解きも得意で、ダイがレイさんから出してもらった問題に悩んでいるときも、すらすらと問題を解いてしまった。
    おじさんにまどかちゃんが可愛いといわれて、ダイが赤くなっていた。ダイはまどかちゃんが好きなのかな?
    夏はみずきの話しだった。
    みずきは、足が早くて、運動神経がいい。(マコトのことがすきなのだろう。マラソンが終わったときに、マコトのことを考えていたから。)
    下巻が楽しみだ。

  • 4-06-148578-4 301p 2006・6・20 15刷

  •  春はダイが、夏はみずきが大活躍する。

     二つのお話に共通して出てくる数寄屋五郎先生。どことなく水戸黄門を思い出すような、なかなかいい味出してます。

     さて、秋冬はまどかと飛鳥の活躍です。

     早く読もうっと。

  • ダイだけの物語とみずきだけの物語があり面白すぎる。

  • APK48公式キャラクター【まゆ】がオススメする本ダヨッ!

  • いつもはチームで動く探偵団がそれぞれで問題を見つけ、
    誰にも寄らずに答えを見つけていく。
    そうやって一人一人の推理力、いや、ダジャレ力がレベルアップしていくのかも?

    みずきの章でモデルとなった夕張市は今、どうなったんだっけ。

  • 面白かった^^

  • いつもとはちょっと違う、まこと以外の4人の話!この巻ではだいとみずきのそれぞれのお話!!みずきは好きなキャラなのですごく楽しかった!!もちろんだいも好きですよ!

  • パスワードシリーズ11巻。次の12巻と合わせて上下巻で、マコトを除いた4人それぞれにスポットが当たった話。
    この巻では、春がダイ、夏がみずきの章になっています。
    ダイの話では、これまで連絡が取れなかったダイのおじさんが登場。冴えっぷりと江戸っ子気質というか寅さんのような人情味あふれたおじさんは、ある意味素敵です。
    みずきの話は、北海道で駅伝の合宿中のみずきが、ミステリーサークルや夕月市長に建築家の数寄屋五郎が絡んでくる話。
    同じ時期に、ミステリーサークルが登場する話を読んでいたのですが、ミステリーサークルってそういう風に作ることが出来るのだと知りました。明るい頑張り屋のみずきらしさが光るお話でした。

  • ダイとみずきが主人公

全15件中 1 - 10件を表示

松原秀行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

パスワード春夏秋冬(上) -パソコン通信探偵団事件ノート(11)- (講談社青い鳥文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パスワード春夏秋冬(上) -パソコン通信探偵団事件ノート(11)- (講談社青い鳥文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パスワード春夏秋冬(上) -パソコン通信探偵団事件ノート(11)- (講談社青い鳥文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

パスワード春夏秋冬(上) -パソコン通信探偵団事件ノート(11)- (講談社青い鳥文庫)のKindle版

ツイートする