「ミステリーの館」へ、ようこそ-名探偵夢水清志郎事件ノート (講談社青い鳥文庫)

  • 969人登録
  • 3.81評価
    • (95)
    • (72)
    • (134)
    • (9)
    • (1)
  • 39レビュー
制作 : 村田 四郎 
  • 講談社 (2002年8月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061485976

「ミステリーの館」へ、ようこそ-名探偵夢水清志郎事件ノート (講談社青い鳥文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 個人的に好きな館ものでテンション上がった!二重の袋とじも演出効果ばっちり。トリックはわからなかったけど、犯人はある程度予想ができたので、その辺は残念かな。教授はいつも以上にズレていて、ひとり別次元で生きてるなーと思っていたのに。本当は最初から全部わかってたんだろうなぁ…。私は一番、教授に騙された!

  • 二重の袋とじは充実してたし、トリックも結構好き。
    夢水シリーズの中では4位くらい(4位かい)。

  • 二重の袋とじ。最後ゾッとした。

  • 袋とじが2段構えで最後まで予想外。たまらない仕掛けだと思う。(できるだけ本をそのまま綺麗に保存したい私は袋とじを開けたいけど開けたくない、という葛藤があったり)魅力的な本だった。

  • 引退した老マジシャン、グレート天野の作った「ミステリーの館」。
    そこに招待された人々を待っていたのは、幻夢王と名乗る謎の人物からの脅迫状だった。
    シリーズ第10作。

  • 小学生の頃はまっていました。何度も何度も読んでたみたいで、ほとんど内容を覚えていました。
    当時はあんなに時間がかかっていたのに、1時間ちょっとで読めてしまいました。
    学童向けだけど、大人が読んでも面白いと思います。

  • 児童書では画期的であろう
    「袋とじ」つきです。
    しかも2段構えなのは
    あとがきの本を上回るのでは?

    そんな遊び要素もある
    面白い本ではありますが
    最初のミステリーの館で
    名探偵がもらったあるものからしても
    なかなか謎に意外性がありましたね。
    鍵がない!とあきらめないように。
    ないということは…

    本編の事件は
    先入観が優先するので
    犯人は見出せないことでしょう。
    だけれども、疑える人が
    実は…なのです。

    この作品は
    数少ない名探偵が
    思い悩む作品です。
    それはある真相での
    事実ですが、ある言葉で
    本中明記はされてないものの
    あることを示唆する表現が
    でてきています。

    多分…かも。

  • いやあ、袋とじの本ってなんか興奮しちゃうよね。子供の本なのにトリックが意外にすごいし、意外性もあっていい本だわ

  • 小学3年まで、読書習慣の全くなかった私が本を嗜むきっかけになった本。
    ミステリ好きの友人が薦めてくれた。
    当時私は、このたかが3・400ページの文庫本を1ヶ月近くかかって読んでいたハズ。
    今では考えられないが。

    「赤い夢」ってい書き方がなんか素敵だ。

全39件中 1 - 10件を表示

はやみねかおるの作品

「ミステリーの館」へ、ようこそ-名探偵夢水清志郎事件ノート (講談社青い鳥文庫)を本棚に登録しているひと

「ミステリーの館」へ、ようこそ-名探偵夢水清志郎事件ノート (講談社青い鳥文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「ミステリーの館」へ、ようこそ-名探偵夢水清志郎事件ノート (講談社青い鳥文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「ミステリーの館」へ、ようこそ-名探偵夢水清志郎事件ノート (講談社青い鳥文庫)のKindle版

ツイートする