ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん (講談社青い鳥文庫)

  • 686人登録
  • 3.77評価
    • (76)
    • (82)
    • (123)
    • (9)
    • (1)
  • 68レビュー
著者 : 宮部みゆき
制作 : 千野 えなが 
  • 講談社 (2005年10月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061487024

ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん (講談社青い鳥文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子どもだけで生活している子どもの話。
    子どもの強さ、不安、したたかさ、いろんな面が伝わってきて、子どもが愛しくなり、そして大切なことを教えられた一冊でした。

  • 双子ちゃんがかわいくて、笑ってしまうので、電車の中では読まない方がいいですよ〜!!

  • 面白い。子供達がいいキャラしてる。

  • 【あらすじ】
    哲と直は中学生の双子の兄弟。両親はそれぞれに駈け落ちして家出中。なかよくふたりで暮らす家に、ある日、プロの泥棒が落っこちてきた!いやいやながらも、双子の父親がわりをさせられる泥棒。そんな3人を巻きこんで、不思議な事件やできごとがつぎつぎにおこります。ドキドキ、ワクワク、笑って泣いて、最後はほろり。ユーモアミステリーのロングセラーにして大傑作!

    【感想】

  • 青い鳥なだけに原文からなんか改変してあるんじゃないかと疑ってしまうほどちゃらい。

  • ほんわかしてて
    ユーモラス満載♡

    読み終わった今も
    この続きなないのかなぁと
    思ってしまうほど。

  • 小学校の時から数えて、何度読み返しても心が温かくなるような一冊。

  • 小学生のときに読んであまり理解できずしばらく放置。高校生になって本に興味をもち、この本を読み直してみました。小学生のときとは受け止め方も変わり、面白いと思いながらページをめくりました。それでも何故かこの作品は難しいと思ってしまいます。

  • はじめから児童向けに書かれたのでは、と思うほど、アットホームなミステリー小説。双子の男の子が主役ではなく、彼らの「お父さん」となった泥棒が主人公で、話は進んでいく。

    宮部みゆき作品ファンにはかなり物足りないと思うけれど、ミステリーをうまれてはじめて読む人にはピッタリな内容。青い鳥文庫になるのも納得です。

    小説自体は93年に出版され、04年に青い鳥文庫から出たそうです。青い鳥文庫読者向けにあとがきが書かれています。

    ちなみに自分は宮部みゆき作品とは相性が悪い。児童向けなら楽しく読めるかなと思ったけれど、やっぱり読むのがつらかった…。

  • ステップファザーステップでは、双子の二人が、とっても愛らしくていいですね。

全68件中 1 - 10件を表示

宮部みゆきの作品

ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん (講談社青い鳥文庫)に関連する談話室の質問

ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん (講談社青い鳥文庫)に関連するまとめ

ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん (講談社青い鳥文庫)を本棚に登録しているひと

ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん (講談社青い鳥文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん (講談社青い鳥文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん (講談社青い鳥文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん (講談社青い鳥文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん (講談社青い鳥文庫)はこんな本です

ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん (講談社青い鳥文庫)の新書

ツイートする