中国の大盗賊―天下を狙った男たち (講談社現代新書)

  • 35人登録
  • 3.31評価
    • (1)
    • (4)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 高島俊男
  • 講談社 (1989年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061489721

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒見 賢一
小山 龍介
有効な右矢印 無効な右矢印

中国の大盗賊―天下を狙った男たち (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • 劉邦は漫画(元宮ひろ志)、小説(司馬遼太郎)、史記(司馬遷)と、馴染みが深かったので再確認、という感じでしたが、時代的に疎かった朱元璋(元を倒して明を立てた)、中国で大人気ながら初耳だった李自成、教科書レベルの知識だった洪秀全、同じく知識の少なかった毛沢東など、とても参考になりました。
    高島さんは文章がざっくばらんで面白いです。随所に挟んでくる感想が、いちいち笑いを呼びます。とても親しみやすい感じ。巷間の研究者にして関西出身というのがその一因、と勝手に思っています。

  • 中国史を盗賊の立場から解説した一冊。
    漢の高祖劉邦や明の大祖朱元璋など、乱を契機として成り上がっていった盗賊たち。
    また、歴史に名を残すような大乱を起こしながら、滅び去っていった、李自成や洪秀全などの盗賊たち。
    これらの物語を、彼らが登場した社会的背景や、盗賊軍団の組織づくり、乱の顛末まで丁寧に描く。

    冒頭において、中国史の二大勢力は紳士と流氓と言い切る本書。
    中国社会が太古から内包していた、貧しさと不公平。この社会の自浄作用が盗賊の登場なのかもしれない。
    数十年・数百年ごとに起こる盗賊の登場。
    義賊伝説となったその物語は、貧しい民衆の希望となり、救世の願いとして次の義賊を生み出す。

    巻末では、中国共産党の登場から中国統一を、婉曲
    的に盗賊のケースになぞらえて語っている。

    民族・宗教・コミュニティなど、様々な異分子たちがひしめく中国社会。摩擦しながら新しい時代の胎動を生み出す生命力の源泉が、この盗賊たちにあるのかもしれない。

    近くて遠い国、それが中国なのだと再認識。

全2件中 1 - 2件を表示

中国の大盗賊―天下を狙った男たち (講談社現代新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

中国の大盗賊―天下を狙った男たち (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

中国の大盗賊―天下を狙った男たち (講談社現代新書)の作品紹介

中国史は魅力的な大盗賊にみちている。人望だけで天下を盗んだ漢の高祖劉邦、大明帝国をつくった乞食坊主朱元璋など-。広大な中国の大地を駆けめぐり、知謀と腕力で金を、都を、天下を狙った男たちの物語。

中国の大盗賊―天下を狙った男たち (講談社現代新書)はこんな本です

ツイートする