ハプスブルク家 (講談社現代新書)

  • 659人登録
  • 3.63評価
    • (39)
    • (83)
    • (109)
    • (6)
    • (2)
  • 76レビュー
著者 : 江村洋
  • 講談社 (1990年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061490178

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

ハプスブルク家 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • ○この本を一言で表すと?
     ハプスブルク家のメイントピックを物語風に描いた本


    ○この本を読んで興味深かった点・考えたこと
    ・ハプスブルク家がどこで興ったのか、なぜハプスブルク家がヨーロッパで最も長い王朝として続いたのか、メインとなる話をそれぞれクローズアップして書かれていて、ヨーロッパ全体の歴史と併せて俯瞰できたように思いました。世界史の本でよく登場するハプスブルク家以外の人物について、別の視点から知ることができたこともよかったです。

    ・所々現在形の物語風に書かれていて楽しく読めました。当時の捉え方はこうだったのかもしれないな、という臨場感みたいなものが味わえたような気がしました。

    ・戦争に強くなくても婚姻政策で広大な領地を得ていく様子が興味深かったです。全てが意図的であったかどうかはわからないですが、意図的でなければ平和的と取れるし、陰謀論的に考えれば暗殺を成功させ続けてきた結果とも取れそうだなと思いました。

    ・ハプスブルク家といえばオーストリアの印象しか持っていませんでしたが、その興りはスイスのチューリヒより西の地域だったと初めて知りました。(序章 ハプスブルク家の揺籃期)

    ・神聖ローマ帝国の選帝侯から、明らかな傀儡として当たり障りのない人物、貴族として新たに国王として選ばれたハプスブルク家のルードルフ一世が、能力も人望もある人物として頭角を現し、当時の国王候補だったボヘミア王オットカル二世が反発し、戴冠式に列席しなかったことから追討軍の名目を得て、ついには現在のオーストリアに当たる地域の領土を得たというのは、かなりの立身出世ストーリーだなと思いました。(序章 ハプスブルク家の揺籃期)

    ・ルードルフ一世の息子アルプレヒト一世は同じ論理でハプスブルク家がむしろ権勢にあることから選定されなかったものの、代わりに選定された者が早くに夭折したことからまたハプスブルク家が国王として選定されることになったこと、その後甥に襲われて殺されたこと、それから130年間選定されることがなく、また同じ論理で無能力者と思われていたフリードリヒ三世が選定されたこと、このフリードリヒ三世が様々な苦難に遭いながら、忍耐力を持っていて長生きしたことで53年という長期間在位することになったこと、それがハプスブルク家の神聖ローマ帝国の国王としての地位を盤石にしたことなど、章のタイトル通りその後続いていくハプスブルク家の「揺籃期」が短い文章でうまくまとめられていて分かりやすかったです。(序章 ハプスブルク家の揺籃期)

    ・当時は強力で神聖ローマ帝国の国王候補としても有力だったブルゴーニュ公国のシャルル突進公の娘マリアを、フリードリヒ三世の息子マクシミリアンの嫁とすることができ、その後すぐにブルゴーニュ突進公がスイスとの戦争で陣没し、ブルゴーニュ公国が得られたことは、その後の結婚政策で領地を得る最初の一歩だったのかなと思いました。(第1章 マクシミリアン一世)

    ・マリアが若くして亡くなることで、ブルゴーニュ公としての立場に居続けることが難しくなり、息子のフィリップが成長した後にドイツに活動の場を移したこと、トルコのヨーロッパ侵略が激しくなったことからローマ国王には強い者が求められるようになり、父親の跡を継いでマクシミリアン一世がローマ国王になったことなど、土台固めが出来過ぎなほどできているなと思いました。(第1章 マクシミリアン一世)

    ・マクシミリアンの子供や孫が、スペイン、ハンガリーと二組結婚する二重結婚で結びつき、その後他の国王達が死亡することでまたその地の王になるということが相次いで、戦争によらず領地を拡大しているところが、ある意味痛快だと思いました。「戦は他国にさせておけ。幸いなるオーストリア... 続きを読む

  • 約7世紀に渡る、世界一の名門王朝。
    ハプスブルクの人間たちの、愛と知恵と武勇と失敗の物語である。

    まさに西洋史!な、ダイナミズムにあふれている圧倒的な面白さだった。
    もちろん、これは通史であり、面白いところをより凝縮して楽しめるように書かれた新書であるからして、これだけが当然全てではない。

    だが、入り口としてはこれは最適だと考えられる。
    ハプスブルク家といえば、西洋一の名門貴族、というイメージがある一方で、なかなか把握しきれないところがあったが、理解にも大いに役立った。

  • 1990年刊行。著者は東洋大学文学部教授。◆欧州大陸の中世史・近代史において、700年間王朝を維持したものはハプスブルグ家のみ。ならば、欧州大陸史に楔を打ち込む上で、ハプスブルグ家を幹に据えるのは当然といえよう。今更ながら、この視点を持ち得なかった不明を恥じたいところであり、英仏史と、あるいはオスマン・トルコ史とを対比させつつ読むと、欧州史・イスラム史の全体の中で理解が進み、個人的に本書は非常に有益であった。◇①カール5世、②マリア=テレジア皇妃は追跡し続けたい人物である。

  •  江村洋(1990)『ハプスブルク家』講談社現代新書


    【目次】
    はじめに――ヨーロッバにおけるハプスブルク [003-010]
    目次 [011-016]

    序章 ハプスブルクの揺籃期――ルードルフ一世からマクシミリン帝へ 017
    1 ヨーロッパの表舞台へ 018
    ハプスブルク城/神聖ローマ帝国/ルードルフ一世/ボヘミア王オットカル二世/ハプスブルクの発祥地
    2 新天地オーストリア 030
    アルプレヒト一世/スイスの独立/系統分裂の時代

    第1章 マクシミリアン一世――華麗なるブルゴーニュ文化のさなかで 039
    1 ブルゴーニュ公国 040
    フィリップ善良公〔ル・ボン〕/シャルル突進公/トリーアの会見
    2 若きブルゴーニュ公 046
    ヴァロア対ハプスブルク/愛児誕生/公国の混乱/巻き返し/トルコの影/ロー王/インスブルック
    3 イタリアの動乱 061
    スフォルッァ家との縁組/イタリアの勢力均衡/対仏の神聖同盟成立〔リガ〕
    4 ハプスブルクの結婚政策 067
    帝国の問題/皇帝の孫たち/スペイン王女フアナ/ハンガリー王冠の行方/サーポヤイ=ヤーノシュ

    第2章 カール五世とその時代――太陽〔ひ〕の没することなき帝国 079
    1 スペイン王国 080
    カール兄弟/スペインへの第一歩/皇帝選挙/ヴォルムスの国会/スペイン王カルロス一世/諸国の動静
    2 フランスとの対決 094
    パヴィアの戦い/サッコ・ディ・ローマ/イサベラ/ボローニャの戴冠式/アウグスブルクの帝国議会/エラスムス
    3 オスマントルコ 103
    ウィーンの包囲/トルコの海軍/チュニス遠征
    4 プロテスタントの問題 109
    シュマルカルデン同盟/アウグスブルクの宗教和議/スペイン系とオーストリア系/旅また旅の人生/劇的な退位

    第3章 ウィーンとマドリッド――ハプスブルクの枢軸 121
    1 フィリップ二世 122
    ハプスブルクの両系/世界史のスペイン時代/エスコリアル宮殿/スペインの衰退
    2 三○年戦争 130
    オーストリア家/ハプスブルクの兄弟争い/フェルディナント一世/三○年戦争/ウェストファリア条約
    3 オーストリアのバロック時代 142
    レーオポルト一世/オイゲン公/スペイン王冠の行方/カール六世の親政/相続順位法/芸術への理解/君主の神格化/バロック時代の終焉

    第4章 マリア・テレジア女帝――恵み豊かな治世 157
    1 オーストリア継承戦争 158
    シュレージエン泥棒/他国の反応は?/ハンガリーにのりこむ
    2 女帝の改革 165
    人材登用/国家の再建/カウニッッ伯爵登場/外交革命/七年戦争
    3 女帝の人となり 176
    開かれた宮廷/シェーンブルン/風紀/愛児ヨーゼフ
    4 母としてのマリア・テレジア 184
    最大の不幸/慈母/王朝意識の変化

    第5章 会議は踊る――三月革命の前夜 191
    1 国家の従僕 192
    ヨーゼフ二世の評価/矢継ぎ早の改革/バイエルン出兵とハンガリー問題/レーオポルト二世
    2 ウィーン会議 200
    フランツ二世/オーストリア皇帝/ウィーン会議
    3 三月前期〔フオアメルツ〕 206
    ウィーン体制/ビーダーマイヤー/メッテルニヒの謀略

    終章 民族主義の嵐のなか――ハプスブルク帝国の落日 213
    1 オーストリア¬=ハンガリー二重帝国 214
    フランツ・ヨーゼフ帝/官僚制/三つの事件/ハンガリーの独立運動/ボヘミアの動向/言語令
    2 帝国の瓦解 229
    皇妃エリーザベト/メキシコ皇帝マクシミリアン/希望の星/あいつぐ悲劇/サライェヴォの銃声/ハプスプルク王朝の終焉

    あとがき(一九九〇年六月 東京 上目黒にて 江村洋) [242-... 続きを読む

  • 数年前ウイーンを訪れたときに、この繁栄の基礎を実感できなかったため手に取った。
    ハプスブルク家700年の概略とヨーロッパを大掴みするのにとても役立った。
    ここから、興味を持って深読みしていくのは…相当深そう…

  • この歳になってやっとで「ハプスブルク家」というのが何かが分かった。読みやすい。

  • 多分にハプスブルク家寄りの視点で書かれているので注意は必要。しかし、カール5世とマリア・テレジアにスポットライトを当てたかったという著者の意図を考えると、その点は非常によく伝わってきたし、ハプスブルク自体を俯瞰しながら捉えられるので一読の価値はあり。
    しかしマリア・テレジアは16人の子どもを産みながら国家を統治したって、何という体力なんだろう…笑

  • 女傑と名高いマリア・テレジア、しかしその具体的功績についてはとんと疎かった自分。本書ではじめてちゃんと目にした気がする。あとがきで著者が指摘しているのも頷ける。

  • 少し主観すぎる部分があったが、それも含めてとてもわかりやすく、ハプスブルク入門書としてはよいと思う

  • 「大公」はハプスブルグ家の人間だけ。

  • オーストリア旅行の予習に新書3冊を購入。江村洋氏の「ハプスブルク家」と「ハプスブルク家の女たち」、中野京子氏の「ハプスブルク家 12の物語」です。世界史は大の苦手で、ハプスブルク家なのかハスプブルグ家なのかもよく分からない私ですが、江村氏の2冊は素人にも分かりやすく面白く読み進めることができました。
    700年もの長期間、ヨーロッパで覇権を握ってきたハプスブルク家。素人考えで、やり手で強欲で傲慢なイメージを持っていましたが、実態は正反対。神聖ローマ帝国の国王を継承したハプスブルク家の君主たちは、神に選ばれし一族として勤勉にその役割を果たし、ときにお人好しが馬鹿を見るような憂き目にも会っているのでした。
    そんなハプスブルク家に対する著者の江村洋氏の深い敬愛が感じられるのが、ただの解説本との大きな違いです。構成も文章も読みやすくて、旅行を何倍も楽しいものにしてくれるよい予習本でした。

  • 面白かった。次は神聖ローマ帝国だろうか

  • ハプスブルク家通史。しばしば筆致が叙情的になるので歴史読本というより小説のように読める。そのためか読みやすくわかりやすく、ロングセラーになっているの も納得。

  • 内容とは関係ないけど、意味は知ってるが使ったことのない四文字熟語が多い(笑)暴虎馮河!

  • 「フランツ・ヨーゼフ」を読んだ余韻をもう少し楽しみたくて この本を手に取った。


    インドのネルーが『父が子に語る世界歴史』の中で「チャシャ猫」と呼んだ国、それが神聖ローマ帝国であり、オーストリア帝国だった。インド民族主義を掲げて大英帝国からの独立を目指していたネールにしてみれば、12の民族を数百年も支配し続ける帝国など理解不能だったに違いない。しかし何故チャシャ猫は生き長らえることができたのか。歴史上、一血統の王朝は長くても三百年が通り相場と思うが、ハプスブルグの場合は何代経てもまた中興の主が現れ、時代の変化に見合った改革を施してきた。他の王朝と何が違うのかといえば、結婚政策といった戦争に頼らないソフト戦略の重視、 脈々と受け継がれた帝王教育、長命の皇帝が多いところから見られる体力的な強さ、そして当人たちは純血主義が大事だと思っていたのだろう。


    王とは何か、国とは何かを考えてみるのも面白い。マクシミリアンが婚姻政策を通じて領土をドイツの外側に広げた頃、王位は王位、国は国だったのだろう。マクシミリアンがブルゴーニュ公を継いだと言っても、土着貴族達が従うとは限らなかった。しかしその難しいことをスペインでもボヘミアでも次々と成し遂げてきたところに、この時代のハプスブルグの偉大さがあった。

    やがて時代は絶対王政を経て国民国家へと向かう。事ここに至ればハプスブルグはチャシャ猫である。第一次世界大戦でオーストリアとトルコの両帝国が崩壊し、民族自決の原則が確認された。今日では国民国家が当然と思われているけれども、その国民国家同士の激しいいがみ合いを反省したヨーロッパでは、欧州統合の試みが進む。オーストリアやトルコから独立した中東欧の国々がその後ナチスドイツに蹂躙され、ソ連の軛に繋がれ、現在はEUを目指しと苦労してきたことを思うと、チャシャ猫も悪くないと再評価してみてはどうだろうか。

  • 旅行の予習に、これと続編の「ハプスブルク家の女たち」を読みました。
    キンドル版があるのに紙の本を2冊とも買ってから気づいたという不覚…。

    重要人物別に、年代を追って描かれているのですが、それぞれの人物に焦点を当てていることで人間的興味もわいて読みやすく、読むうちに歴史的背景が頭に入ってくる、という、新書に求める「読みやすくてためになる」感がありました。
    これまで「神聖ローマ帝国(なんでローマ?)」「マリア・テレジア」「スペイン・ハプスブルク家(フェリペとか?)」「戦後はただの人(フランツ・ヨーゼフが最後だったっけ?)」など切れ切れのキーワードでぼんやりとらえていたハプスブルク家が、短い本だけにざっと全体を見渡すことができて、少しわかりやすくなった気がします。

    著者がマリア・テレジアびいきなのも好感度大でした。功罪はありますが傑出した君主だったことは確かだし、「その器じゃないのに激動の時代に王妃になっちゃった」マリー・アントワネットや「望みもしないのに皇妃になって心を病んだ」シシィよりずっと評価されてしかる人だと思うのですよね。晩年の肖像画が残りすぎて太ったおばあちゃんのイメージですが、若いころは2人に負けない美人なんだし、サクセスストーリーで「エリザベス」的映画になってもいいと思うんですが。できすぎ・幸せすぎで深みが出ないのかしら。

    読んでいったおかげでウィーン観光がより楽しめました。

  • マンションで読む。再読です。

  • 中世ヨーロッパはまったく守備範囲外なのだけどなぜかふと読む。のんきな時代と言えばのんきな時代なように思うけど、古代ローマ帝国にしたところで、皇帝擁立がうまくいけば広大な領土を得られるわけだしまあそんなもんか。あとは神聖ローマ帝国のよくわからなさについても良さそうな新書があるがどうするかね。

  • 比較的容易に読める本。あまり真面目に世界史を学んでいない自分でもワクワクしながら読めた。
    いかんせん似た名前が多いのと、地理的な知識が薄くて悩む部分もあったが、それなりに地図も入っているので上手く構成されていると思う。特にマリーアントワネットらの時代以降は、あまり知らない部分を多く補完できて楽しかった。

  • 文体は大げさだが、史実に厳密に即しているように思えた。
    ----
    至極、適切で読みやすい、これぞ新書といった感じの本。列伝形式を抜け出せない感があるが、何しろ、はプスブルグ家のための史書だ、こうなるのが当然だろう。

  • 90年の著作だからか、文体が古く少し読みにくかった。

  • ハプスブルク家の興りから崩壊までが描かれている。著者の主観が入っている感もあるけど、その分物語のようでスルスルと読めた。
    歴史に関してではない難しい言葉がたくさん出てくる。
    ヨーロッパの複雑な歴史に、わからないところは調べながら読んだ。
    無能と思われたため皇帝となったルドルフ一世から、700年に及んだハプスブルク帝国。
    でもまだ、なぜここまで栄えたのか、については漠としている。

  • 「神聖ローマ帝国:菊池良生」を読んだら、ハプスブルグ家にも興味が湧いたのでこちらも。
    当然上記の本と重なる部分も多かったが、微妙に評価が異なったりして面白かった。
    「神聖ローマ帝国」もそうだったが、この本も著者の主観バリバリだが、むしろそれが歴史上の人物たちを活き活きとさせ、読み物としての面白さにつながっている。
    「この世ではあらゆるものが私から奪われてゆく!」
    と嘆いたフランツ・ヨーゼフ帝には歴史本なのに感情引入してしまった。

  • 映画「エリザベート」を見て、時代背景を知ろうとアマゾン中古で購入。年代を追って、地図や家系図も挟みながら記述されているので大変わかりやすい。ただ私が買った1990年版はやったら漢字が難しくてしばしば読めないところがあった。(^_^;)

全76件中 1 - 25件を表示

ハプスブルク家 (講談社現代新書)に関連する談話室の質問

ハプスブルク家 (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハプスブルク家 (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする