アラブとイスラエル パレスチナ問題の構図 (講談社現代新書)

  • 318人登録
  • 3.74評価
    • (25)
    • (36)
    • (51)
    • (2)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 高橋和夫
  • 講談社 (1992年1月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061490857

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
ヘミングウェイ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

アラブとイスラエル パレスチナ問題の構図 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • ややこしそうであえて避けていたテーマだが、とても好きな高橋和夫が書いている、ということで手を出してみた。古い新書ではあるが、パレスチナ問題の源は時間が経って変わるものではない。
    ユーモアのきいた最初の一行目で肩をポンと押されたように読み始めた。

    ユダヤ人というとナチスの犠牲者というイメージが強く、弱者を見る目でとらえがちだが、パレスチナをはじめ、アラブ、アメリカ、ソ連を相手にけっこうすごいことをしてきている。
    国防力が半端でないのは、ナチスの過去だけを理由にするようなものではない。アメリカに移住したユダヤ人もお手上げの目に余る行為が目立つようになる。
    パレスチナをとりまく中東では敵と味方が入れ替わり立ち代り、様々な問題が交差しまくっており、一度読んだくらいで理解できるような状況でない。

    わかりやすいながらもその情報の多さに全部頭に入らない。
    近くに置いて何度も手に取りたい一冊。

  • 1992年出版のパレスチナ問題を扱った本。
    まだ2000年前なんで時事的な内容に関しては少し足りないです。

    ただそれ以前の事柄では中々面白いです。
    特にユダヤ人の流入などで図表を扱っているので
    参考資料としては助かります。

    最後に「索引」がついているのもGood

  • 私は中東問題についてほとんど無知に等しかったので、入門書的なものをイメージして読んだのだが、入門書という感じではなく内容が頭に入ってこないところは確かにあった。

    ただ、分かりやすくは書いてあるので、中東問題を理解する上で自分に足りない知識はなんなのかということが理解できた点は収穫であった。

  • 湾岸戦争直後までぐらいの中東情勢についての話であることから、今の中東問題(「イスラム国」によるテロ行為なども含めて)の構図を理解するための歴史的背景として、あるいはその入門書として読みやすかった。
    シリアの複雑かつ微妙な立場、経緯も知ることができたことで、今の状況の淵源を見られた・・・という感じがする。
    しかし、イギリスもフランスもアメリカも、欧米諸国のご都合主義にはいささか呆れるというか憤りも感じる。
    テロ行為は確かに卑劣ではあるが、欧米諸国はシャーシャーと「テロは許せない」などといかにもわれに正義有り的なことを言えるようなぁーと思う。

  • (2015.02.19読了)(2005.04.02購入)
    副題「パレスチナ問題の構図」
    過激派組織IS(イスラミック・ステート)についてのテレビ解説者として、この本の著者が出ていたので、この際読んでしまおうかと、手に取りました。
    もちろん、この本は、ISとは関係がありません。
    イスラエルが成立することによって、難民となったパレスチナの人々と、イスラエルの周辺諸国の国々がイスラエルとどう対峙してきたかということを記した本です。
    この本は、1997年に改訂を行った版とのことです。現在販売されている版は、11章が追加されているようです。この本より20頁ほど増えています。
    ヨーロッパにおいては、キリスト教徒にとっては、ユダヤ人はキリストを売り渡したものということで、嫌われているけれども、キリスト教徒のやりたがらない金融業を営んで生き延びてきました。スペインにおいては、1492年にイスラム教徒をアフリカに追い出すとともに、ユダヤ人も追い出したために、経済運営に必要な金融業を営む人がいなくなり、スペインは没落したという主張は、興味深く読みました。
    ソ連の崩壊後、ロシアから出国するユダヤ人が多数おり、そのうちの多くがアメリカに渡り、イスラエルに行くのはあまり多くなかった。イスラエルは、軍事費を多く必要とするため、税金が高く危険な国という認識があるため、とのことです。
    イスラエルは、アメリカからの援助で、軍事費の多くを賄っており、アメリカの援助がなければ、国の財政を維持できないということです。
    ユダヤ人にとって、イスラエルは神に与えられた土地ということで、この地に住むことの正当性を主張していますが、ユダヤ教徒の多くがアメリカに住んでいるというのは、イスラエルの正当性が、崩れてしまうのではないでしょうか。
    アメリカに住むのは、神に背く行為なのではないでしょうか?

    【目次】
    まえがき
    1 パレスチナへ―ユダヤ人国家イスラエルの成立
    2 米ソの中東進出とスエズ危機
    3 イスラエルの軍事力
    4 パレスチナ解放運動の変遷
    5 第四次中東戦争と石油危機
    6 イスラエル社会の変貌
    7 レバノン戦争の構図
    8 ペレストロイカの影
    9 インティファーダ―占領下の民衆蜂起
    10 湾岸戦争とパレスチナ問題―さまざまな「リンケージ」
    (11 中東和平国際会議のゆくえ)
    索引

    ●金融業(20頁)
    中世以来ユダヤ教徒は、キリストを裏切った者の子孫として嫌悪され、蔑視され、そして必要とされていた。なぜならば金貸し業に対する宗教的アレルギーがキリスト教徒には強く、キリスト教徒は金融業に従事しなかったからである。
    ●パレスチナへ(23頁)
    東ヨーロッパでは「ポグロム」と呼ばれる激しいユダヤ人迫害の波が起った。「屋根の上のヴァイオリン弾き」というミュージカルの時代背景であった。そのため、この地からのユダヤ人の聖地パレスチナへの移民が十九世紀の末には始まっている。その子孫は現在のイスラエル国民となっている。
    しかし圧倒的に多くのユダヤ人は移住先として、じつはアメリカを選んだ。十九世紀後半から1941年までに四百万人のユダヤ人が東ヨーロッパからアメリカに移住している。
    ●底辺(120頁)
    イスラエルという家の一階には誰が住んでいるのだろう。それはイスラエルのアラブ市民であり、占領地のパレスチナ人である。イスラエルの成立時に多くのパレスチナ人が難民となった。だがパレスチナ人の中には故郷に踏みとどまった者も少なくなかった。その結果現在七十万人のアラブ人がイスラエルにおいて市民として生活している。イスラエルの総人口の二割弱にあたる数字であっる。また占領地にも百七十万のパレスチナ人が生活している。彼らアラブ人がイスラエル社会の最底辺に位... 続きを読む

  • イスラエルとアラブそして欧米が第二次世界対戦から1991年くらいまで、どのような過程を経ながら中東をよくも悪くも創ってきたかをわかりやくく解説してある。私は湾岸戦争もタイムリーに見てたわけではなく、現在の中東における混沌具合の経緯をよくわからない身としたらとても理解が深まるないような内容であった。

  • 安全保障が国家の最優先事項となっているのにもかかわらず、イスラエルの政治が民主制を維持しているのは評価される。軍の力が大きくなりすぎず、結局は民主主義が窒息死するという第三世界にお決まりのパターンは、イスラエルでは起こっていない。その面ではイスラエルは「武装国家」ではあるが、「軍事独裁国家」ではない。いわば「民主的兵営国家」(democratic garrison state)というわけだ。p77

  • 十九世紀から第一次湾岸戦争後(1992年段階の最新動向)までがコンパクトにまとまっている。アメリカとイスラエルの関係とか。クライマックスっぽい扱いは父ブッシュのイスラエル・ロビーに対する勝利。知らなかったのでビックリ。

  • 『まんがパレスチナ問題』に続いて中東解説本。
    先に上記を読んでからという流れが良かったと思う。
    スラスラ頭に入ってきて、より肉付けされた気がする。
    著者が前書きで書いているが、できるだけ客観的に書こうとしている姿勢が伺える。

  • 歴史が物語としてよくまとまっている。再読したい。

  • イスラエル建国の経緯から中東和平国際会議までを概観している。中東情勢は米ソやイスラム諸国を交えて複雑に変わるが、イスラエル、アラブ双方の立場や、出来事の背景をわかりやすく説明している。初版が1992年で既に古いので星4つ。

  • スペインが、ユダヤ教とイスラム教を迫害し、追放したという記載が一番興味を引いた。
    ユダヤ教とイスラム教を対立的な視点でしか記述しない書籍は、本質を外しているのだという。

    ユダヤ教、イスラム教、キリスト教の聖地がエルサレムにあることは、もう一つの重要な視点である。

    エルサレムを訪問した際、国際的な対立の拠点にたって、問題の本質が見出せなかった。
    近いからこそ憎しみ合うという構図だろうか。

    歴史的に、大国に振り回されてきた両者という共通点は見出しやすいが、
    それぞれが、すでに大国なのだから、もう少し違う視点でも見たい。

    読んだのは、10刷だが、
    「時の流れによってその存在の必然性を失った箇所を削除した」
    とのこと。
    とても残念です。

    時の流れによって、存在の必然性を失ったのは何かを知ることも、
    読者にとっては大切なことなのに。

    できれば、あとがきにでもよいので、項目だけでも明示して欲しかった。

    歴史をしることが、問題解決の糸口の一つと思うからです。
    人間性の根源も、歴史の中に刻まれているのではないかと感じます。

  • 図書館の重複本をGET。すごく分かりやすい。パレスチナ問題が基本的に理解出来ていなかった私には大変ありがたい本。ちゃんと読み込んでもっと理解したい。

  • 歴史の教科書や新聞で頻繁に目にする聖地、ユダヤ人、シオニズム、イスラエル、パレスチナ問題。断片的な知識を繋いでくれる一冊。

  • パレスチナ問題に対して、歴史的しっかりと書いてある良書。

  • 中東問題の入門書。
    難しい問題ではありますが、この本は入門書としてとても良著だなと感じます。

    あまり偏りも感じないので「イスラム・中東問題・パレスチナ・ガザ地区」このあたりのキーワードに興味はあるけど読んだことはない、という方にはオススメ。

  • [ 内容 ]
    宿命の地=カナン(パレスチナ)を舞台にくり返された、長く根深い歴史。
    流血の抗争はなぜ起こったのか?宗教や民族紛争、石油資源をめぐる思惑、難民問題など、複雑にもつれた中東問題を、国際政治のダイナミズムの中に位置づけ、解明する。

    [ 目次 ]
    1 パレスチナへ―ユダヤ人国家イスラエルの成立
    2 米ソの中東進出とスエズ危機
    3 イスラエルの軍事力
    4 パレスチナ解放運動の変遷
    5 第4次中東戦争と石油危機
    6 イスラエル社会の変貌
    7 レバノン戦争の構図
    8 ペレストロイカの影
    9 インティファーダ―占領下の民衆蜂起
    10 湾岸戦争とパレスチナ問題―さまざまな「リンケージ」
    11 中東和平国際会議のゆくえ

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 今のガザ地区の問題は、これまでの歴史なくしては語れない。
    米ソ、パレスチナ、イスラエル、湾岸戦争など中東全域を背景として考えてみれば、単独の問題ではないのがよくわかる。

  • 古い本のため、オスロ合意の直前である1992年までの歴史しか収められていない。
    しかし、オスロ合意から今日までのあゆみよりは、それまでの前提となっている歴史の方が重要性は高い。
    あえて収録されていない書物の方が、本質に近づきやすいと思う。
    本書は、シオニズムの思想的背景や歴史的背景、大戦前と大戦後のパレスチナを取り囲む状況などが分かりやすく描かれている。
    事実を羅列するだけではなく、行動の動機やその結果、浮かび上がる問題といった内容を詳細に書いてくれている。
    巻頭の主要当事者を並列させた年表も便利で、中東をこれから勉強したい人には大変重宝する一冊だと思う。

  • 中東関連の本も先月を含めて4冊目。重複する内容もあるものの、
    基礎的な本を読み進めているので、前提となる知識が根付いてきたことで内容理解が深まってきた。
    例えば、ユダヤ人迫害事件において、特に注目されたのがドレフュス事件であったことは
    学生時代の世界史の授業で暗記すべき知識として記憶のみしていたが、現在に至るまでの
    パレスチナ問題へと繋がるシオニズム運動の発端であったことを改めて認識することができた。
    やはり、歴史は暗記するものではなく、自己の内的欲求によって学ぶべきものと言える。
    アメリカがイスラエルを建国当初から支持していたのも、ユダヤ人が迫害された時に
    多くのユダヤ人がアメリカに渡っており、その子孫が500万人を超えイスラエルの支持者と
    なっているあたりも、歴史を紐解けば解くほど考えさせられる。
    日本にいると民族や宗教にまつわる争いが身近には起こりにくいものの、世界に目を向けると
    悲しいことに争いのない日はないと言える。歴史についてはこれまで相当不勉強なので、
    しっかりと基礎的な教養を時間をかけて深めていきたい。

  • 良書。
    著者が意識したという通り、国際政治の文脈でパレスチナ問題の構図がよくわかる。

    イスラエルのみならず、
    中東戦争〜湾岸戦争に至るまで、米ソ、エジプト、シリアをはじめとした関係各国がどういった思惑で動いたかが詳しい。

    国際政治から語ったがゆえにどうしても国家単位でのパワーゲームの描写が多く、パレスチナ側に割いた部分は意外なほど少ない。この点、「共存への道」とは対照的だ。93年合意に先立つ時期の執筆ということもあって、アラファトへの評価も高くない。

    とはいえ、著者はけっしてパレスチナを見落としているわけではない。やはりシオニズムには批判的な立場だとみるべきであろう。

    「ナチスの発想は・・・シオニズムの目標と相通ずるものがあった。シオニズムを裏返すとナチズムになる。』

    そのシオニズムにも、労働党が代表する本流と、右派連合「リクード」が代表する修正シオニズムとがあること、占領地の意義が両者で異なることなどは初めて知った。つまり、政権がどちらかで和平協議の妥協の余地が異なるということだ。
    また、パレスチナ人にも多様性があり、PLO(ファタハ)の支持基盤はむしろイスラエル国外の「ディアスポラ」、占領地パレスチナ人の不満を受け止めたのがイスラム原理主義(ハマス)、という構図もわかった。

    他にも、アメリカの中東戦略の矛盾、エジプトの立ち位置、冷戦終結の影響、イスラエル国防の詳細など、勉強になるところが多い。中東は最新兵器の実験場だとか、イスラエルの入植者は千葉都民だとか、やや不謹慎ながら面白くわかりやすい表現もたくさんあった。

    非常に興味深かったのは、パレスチナ人とユダヤ人の類似性の指摘である。共に国を持たず、歴史的に差別を受け、同胞との団結と高い教育水準で身を守ってきたというのである。
    パレスチナ人の歴史的経緯については詳しく触れられていないので、ほんとに?と思うところもあるが、「パレスチナ人なんかいない(いるのは難民のアラブ人だけで、受入国に同化され、消えてなくなるべき)」というイスラエル元首相の発言は、逆にその類似性を証明しているように聞こえる。まるでユダヤ人に向けられた言葉のようだ。

    宗教的同一性のみを唯一絶対のアイデンティティとし、紀元前の遺跡を根拠に土地の所有権を主張するユダヤ人の感覚は、私にはどうもなじめないもの。いったいイタリア人が、遺跡を掘り返してロンドンはイタリアのものだと主張するだろうか。だいたい、そこに住んでいるならその国の国民だろうに、なぜかたくなにユダヤ人であり続けようとするのかわからない。

    ずっとそう思ってきたが、その議論はもしかするとパレスチナ人をも傷つけるのだろうか。
    信仰もなく、自国から排除されたこともない民族にはわからないものを、イスラエルとパレスチナは共有しているのだろうか。

    この本から15年以上経ったが、構図そのものに根本的な変化はない。現在でも有益な書。

  • 19世紀のシオニズム運動の始まりから1991年の中東和平国際会議直前まで、複雑なパレスチナ問題の経緯をコンパクトに分かりやすくまとめている。<br /><br />イギリスの外交に端を発していたこと、ユダヤ人がパレスチナ人を追い出してイスラエルを建国したこと、というような漠然とした予備知識しか持っていなかったが、その複雑な経緯がすっと頭に入ってきた。2つの民族だけではなく、その周辺国や米ソの政治的思惑と駆け引きによってめまぐるしく状況が展開されてゆく。<br /><br />この問題を動かしているのは宗教的なぶつかり合いだけではない。内外の人口動向と経済状況が重要なキーになっていると思った。<br /><br />本書ではユダヤ人の状況を中心に解説されているが、この問題は周辺から迫害されてきた2つの民族、ユダヤとパレスチナが最後に同じ場所へ押し込められたために発生したのだと感じた。<br /><br />最初に地図と年表が記載されており、理解を助けてくれる。新書にしては最後に索引がついているのも良い。中東和平国際会議以降の展開を補足した新版が欲しい。

  • まんが パレスチナ問題に続くこっち関係2冊目。
    まんがで読んだ下地の上にちょうどいい感じで知識が深まりました。

    何の基礎知識も無いと、ちょっと難しいかも?

    第二次世界大戦以降の話がほとんどで、歴史の流れと共にパレスチナ
    問題をめぐる世界の構図が少し深めに書かれています。

    内容はそれなりに複雑なコトも書かれていますが、物語を読んでいる
    ような感覚で進んでいきました。
    また国際政治について、やっぱりいろんな国の裏の思惑があって世界
    は動いているんだなーと実感。
    当たり前の事なんだとは思いますが、普段そういう話題にずーっと疎
    疎で来たわたしはこの本でそれを実感しました。

    なかなかの良書でした。

全29件中 1 - 25件を表示

アラブとイスラエル パレスチナ問題の構図 (講談社現代新書)に関連する談話室の質問

アラブとイスラエル パレスチナ問題の構図 (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アラブとイスラエル パレスチナ問題の構図 (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アラブとイスラエル パレスチナ問題の構図 (講談社現代新書)の作品紹介

宿命の地=カナン(パレスチナ)を舞台にくり返された、長く根深い歴史。流血の抗争はなぜ起こったのか?宗教や民族紛争、石油資源をめぐる思惑、難民問題など、複雑にもつれた中東問題を、国際政治のダイナミズムの中に位置づけ、解明する。

ツイートする