冤罪はこうして作られる (講談社現代新書)

  • 64人登録
  • 3.50評価
    • (4)
    • (5)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 小田中聰樹
  • 講談社 (1993年4月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061491458

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ロバート キヨサ...
村上 春樹
村上 春樹
ウィトゲンシュタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

冤罪はこうして作られる (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • [ 内容 ]
    無実の者が、ある日突然に「犯人」にされる。
    警察はなぜ「犯人」を作り出すのか。
    裁判官はなぜウソを見抜けないのか。
    今も冤罪を生み続けている日本の刑事司法の構造的欠陥をえぐる。

    [ 目次 ]
    ●他人の悲劇ではない
    ●なぜ虚偽自白をするのか
    ●アリバイを握りつぶす
    ●代用監獄で何がおこなわれるのか
    ●見込み捜査の危険性
    ●警察スパイの違法性
    ●鑑定を無条件に信頼
    ●棒読み自白の録音テープ
    ●都合の悪い証拠は無視
    ●裁判官はなぜ誤るのか
    ●誤判の蔭に誤鑑定あり
    ●冤罪を防ぐために

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 出版されてから時間はたっているが、今読んでも参考になる。
    つまり、冤罪に関しての問題点は昔から何も解決していないということだろう。

    戦後の刑事司法で起こった冤罪の具体例、その背景や原因、考えられる解決策などが詳しく記されている。
    新書ではあるが読み応えがある。
    真面目すぎて面白みに欠ける気もするが、冤罪について知るには好著の一つだと思う。

  • 結構古い本だから、さすがに今これはないだろ…ないよね?って感じで読んでたけど。
    最後の、『冤罪を防ぐために』で述べられてること、今もほとんど何も変わってない気がして、ゾッとした。

全4件中 1 - 4件を表示

冤罪はこうして作られる (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

冤罪はこうして作られる (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

冤罪はこうして作られる (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

冤罪はこうして作られる (講談社現代新書)の作品紹介

無実の者が、ある日突然に「犯人」にされる。警察はなぜ「犯人」を作り出すのか。裁判官はなぜウソを見抜けないのか。今も冤罪を生み続けている日本の刑事司法の構造的欠陥をえぐる。

冤罪はこうして作られる (講談社現代新書)はこんな本です

冤罪はこうして作られる (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする