情報操作のトリック その歴史と方法 (講談社現代新書)

  • 163人登録
  • 3.22評価
    • (1)
    • (14)
    • (36)
    • (4)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 川上和久
  • 講談社 (1994年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061492011

情報操作のトリック その歴史と方法 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • 真冬の向日葵 からのリファレンス。古くはナポレオンやヒトラーの覇権下で行われた、組織的な情報操作の方法、仕組みなど実例を紹介し、現代でも根本的には同様の操作がなされているという比較に触れることができる。

    報道機関にはそれぞれインセンティブがあって、往々にして権威にこれが関わった場合、真実よりも優先される操作が発生するという恣意的な情報操作は当然に知っておくべき報道との付き合い方であろうが、そもそも情報とは恣意の有無に関わらず、主観の影響を受けやすい、不安定なものだという本質を学べたと感じた。

    人は、実体と単なる情報を混同しやすい、というのは重要だと思う。ただ、これを証明する実験として、座禅中のお坊さんとフツーのアナウンサーの前に水着の美女を並べて脳波の乱れを比較する(お坊さんは、ああそうですかと実体のみを受け入れているので、脳波乱れない。)のにはシュールすぎて噴いたw

  • 2011/11/18
    プロパガンダややらせとかの手法の解説。
    知識材料として読むべし。持っててもいい。

  • 社会学、心理学の手法を使う。サブリミナル、ミランダ、クレテンダ、アナウンスメント効果など。洗脳、やらせ、などは現在でも行なわれているだろう。戦争、独裁、選挙においては情報操作されるようだ。時代背景として、ラジオ⇒テレビ、そして新聞、広告、テレビでは影響も大きくなる。敵を倒すために。
    情報の入手が多い人は、理性的であり、正しい判断が出来る可能性大。パニック時には判断を誤りやすい(宗教や霊感商法は、この手法を使う)。現代においては、情報の入手手段が、本を書いた時代とは異なっている。インターネットのホームページやSNS、携帯電話メール、上手に判断できる半面、悪意の情報により、一気に盛り上がる可能性も大きい。

  • ◆76冊目

    ドイツや日本が戦争中に使った情報統制の方法や、
    マスコミのヤラセ問題、選挙における政治パフォーマンスなど
    情報操作に関して、幅広くまとめられている。

    そこら中に溢れかえっている情報は疑わなければならないというのは、
    最近のソーシャルネットワークの登場によって、
    流言をよく目にすることや、いわゆる炎上などの事件にで強く感じる。

    難しい本ではないが内容があっちへ行ったりこっちへ行ったりしてて
    全体的にまとまりが欠ける気がする。
    (もともと大学の授業用に作成したものを、新書化したせいかもしれない)
    メディアリテラシーを考え直す上では読んでもいいかも。

  • タイトルが捻ってあるせいで、少々、検証本のような雰囲気を発しているものの、社会心理学の概説書みたいな感じで丁寧に綴られている。社会心理学においての情報操作部門といったところか。社会心理学のメインは購買行動などになるのか知らないけれど、情報操作は割と社会心理学の重点的な分野だと思われる。入門書としては悪くはないのだけれど、分類と簡単な考察で終わってしまっているあたりが、少しいただけない。もう少し、著者独自の視点で切りこんでくれたならば面白かろうにとは思う。ただし、これはどうにも大学の講義ノートを一まとめにした内容らしく、これが二十年近く前に書かれたことと、これを丸々大学の講義で十回ほどを通して行ったのだとしたら、いい講義だなとも感じる。

    現代人にとって、メディアなるものはなくてはならない身近な存在となってしまっているので、社会心理学はその明確な概念や分類、用語に関しては知らなくても、内容自体は実は現代人の常識となってしまっている気がする。マーケティングだとかいう言葉もうまれているけれど、その実態は誰もが知っているレベルであるし、そもそも、現代社会で生きている以上、誰もが一度は大衆を経験しているだろうから、あるいは、大衆的性質から逃れられないから、実感をもってその内容を知ってしまっているあたりが、常識化してしまっている理由なのかもしれない。

    しかし、社会心理学自体は一つの壁にぶつかっている気もする。恐らく、研究することややることはいくらでもあるのだけれど、本質的な部分はもう出揃ってしまっているのではないか?もはや、現象レベルでは、新コンテンツ頼みになってしまっているような気がしないでもない。新コンテンツ、新サービス。しかし、新サービスもサービス自体が新しいというよりは、新コンテンツに載る形のサービスになっていきそうな気がする。そのような意味で、ネットも含めてメディア自体がそのうち、切迫しそうだ。いや、もう、しているのかもしれない。ネットも含めて。

  • 古い故にインターネットに触れられていない以外はいい本であると思う。

  • [ 内容 ]
    ナポレオン、ヒットラーによる情報操作から、投書や広告を利用した最新の情報操作まで、具体的な事例を通して、事実と異なる「事実」がいかにつくられていくのかを見る。

    [ 目次 ]
    ●情報を操作する、情報で操作する
    ●説得の過程
    ●恐怖の訴求
    ●「不安」による操作
    ●洗脳とサブリミナル
    ●情報操作の歴史
    ●政治と情報操作
    ●世論形成の方法
    ●流言のメカニズム
    ●経済情報の操作

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 民主党が勝つ流れだったとはいえ、何故ここまで差がついたのか、という疑問に対する一つの答え。
    報道によって民主党の圧勝が伝えられることで負ける自民党に投票してもしょうがない、ということでさらに民主党に票が流れるというフィードバックループが発生する。

  • 情報操作について良くまとめられた新書。
    一読の価値あり

  • 第1章:情報を操作する、情報で操作する情報(操作とは何か)
    第2章:情報操作の歴史
    第3章:政治と情報操作
    第4章:日常生活に忍び寄る情報操作
    第5章:経済情報の操作
    人民行動党の一党独裁政権であるシンガポールは、基本的にマス・メディアは国家に奉仕する存在であると位置付けている。

  • 情報操作が起こりうる様々なケースを網羅的に紹介する。<br /><br />第一章では情報操作の定義と、「説得」における様々な意見変化要因を紹介する。洗脳やサブリミナルについても言及する。<br /><br />第二章では政治権力が情報操作してきた歴史を紹介する。シーザー、日本、キリスト教、ナポレオン、ナチスなど。<br /><br />第三章では政治とマスメディア・報道との関係を議論する。選挙や戦争における報道のあり方や影響について。<br /><br />第四章ではマスメディアの「やらせ」や人権侵害について。新興宗教へも話が及ぶ。<br /><br />第五章では広告とその内容について。<br /><br />目次<br /> 第一章 情報を操作する、情報で操作する<br /> 第二章 情報操作の歴史<br /> 第三章 政治と情報操作<br /> 第四章 日常生活に忍び寄る情報操作<br /> 第五章 経済情報の操作<br /><br />様々な面から情報操作を捉えている。あらゆるコミュニケーションは何らかの情報操作を含んでいるといえるだろう。<br /><br />一般的なトピックやキーワードを紹介するに留まっているのが惜しい。もっと掘り下げて、どのように意図して情報操作を行うのか、どのように見破るべきなのか、などを展開してほしいところだ。

  • 森鴎外が「情報」という言葉を初めて用いたらしい。

    情報の送り手・メディアによる受け手の態度や行動の変化を情報操作という。
    つまり、説得や洗脳、ミランダとクレデンダによる支配なども情報操作に含まれるようだ。

    ナポレオンやヒトラー、戦時下の日本の情報操作の例や、情報操作によるパニック行動の研究、サブリミナル効果、ミルグラムの実験などが紹介されており、楽しく読める。

    政治や経済、心理学なども取り込んだ幅広い視点に感銘する事だろう。

  • あら、表紙変わってたのですね。洗脳・サブリミナル効果とか情報操作の歴史とか面白かった。新聞社の取材に出くわしたことが2度あるが、2度とも「はい、じゃあ歌ってる格好してください」「本を手にとって読んでる格好してもらえますか」ヤラセはある程度あたりまえなのですね。用心しよう。

  • タイトルの通り政治・経済分野で起こった情報操作について解説されている。特に戦争と情報操作について詳しい。

全20件中 1 - 20件を表示

情報操作のトリック その歴史と方法 (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

情報操作のトリック その歴史と方法 (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

情報操作のトリック その歴史と方法 (講談社現代新書)の作品紹介

ナポレオン、ヒットラーによる情報操作から、投書や広告を利用した最新の情報操作まで、具体的な事例を通して、真実と異なる「事実」がいかにつくられていくのかを見る。

情報操作のトリック その歴史と方法 (講談社現代新書)はこんな本です

ツイートする