ホロコーストの罪と罰―ドイツ・イスラエル関係史 (講談社現代新書)

  • 18人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Michael Wolffsohn  雪山 伸一 
  • 講談社 (1995年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061492714

ホロコーストの罪と罰―ドイツ・イスラエル関係史 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • ヒトラーがいなければイスラエルはなかったといわれる。現在でもドイツには4万人のユダヤ人がいるそうだ。
    ドイツでのユダヤ人たちの近現代の歴史がよくわかる興味深い本。

全1件中 1 - 1件を表示

ホロコーストの罪と罰―ドイツ・イスラエル関係史 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ホロコーストの罪と罰―ドイツ・イスラエル関係史 (講談社現代新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ホロコーストの罪と罰―ドイツ・イスラエル関係史 (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ホロコーストの罪と罰―ドイツ・イスラエル関係史 (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ホロコーストの罪と罰―ドイツ・イスラエル関係史 (講談社現代新書)の作品紹介

ナチス・ドイツが、ユダヤ民族に対して犯した罪は永遠に続くのか。歴史的犯罪を軸に、緊張と波乱のなかで展開してきた両国の軌跡を問い直す。

ホロコーストの罪と罰―ドイツ・イスラエル関係史 (講談社現代新書)はこんな本です

ツイートする