パソコン翻訳の世界 (講談社現代新書)

  • 14人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 成田一
  • 講談社 (1997年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061493780

パソコン翻訳の世界 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • (1999.02.26読了)(1998.10.03購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    パソコンでの翻訳の仕組みはどうなっているのか。人間の翻訳とどう違うのか。どの程度の文章が翻訳できるのか。機械翻訳を利用するには語学力が関係するのか。翻訳能力をどう評価すればいいのか。どういう使い方があるのか。機械翻訳にはどういう歴史があるのか。日本における開発状況はどうなっているか。そもそも翻訳とはどういうものなのか。言語によって翻訳が易しい難しいということはあるのか。翻訳を育む文化というのがあるのか。本書はこうした誰もが知りたいと思うことについての話。

    ☆関連図書(既読)
    「続・くたばれコンピュートピア」市井五郎・鈴木茂治著、柘植書房、1981.04.10
    「カーマーカー特許とソフトウェア」今野浩著、中公新書、1995.12.20
    「デジタル革命の衝撃」浜野保樹著、ペンローグ、1996.07.23

全1件中 1 - 1件を表示

パソコン翻訳の世界 (講談社現代新書)の作品紹介

パソコンでの翻訳の仕組みはどうなっているのか。人間の翻訳とどう違うのか。どの程度の文章が翻訳できるのか。機械翻訳を利用するには語学力が関係するのか。翻訳能力をどう評価すればいいのか。どういう使い方があるのか。機械翻訳にはどういう歴史があるのか。日本における開発状況はどうなっているか。そもそも翻訳とはどういうものなのか。言語によって翻訳が易しい難しいということはあるのか。翻訳を育む文化というのがあるのか。本書はこうした誰もが知りたいと思うことについての話。

パソコン翻訳の世界 (講談社現代新書)はこんな本です

ツイートする