江戸奥女中物語 (講談社現代新書)

  • 23人登録
  • 3.14評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 畑尚子
  • 講談社 (2001年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061495654

江戸奥女中物語 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • 奥奉公は、花嫁修業か女の一生の職業か。出世のゴールは、御部屋様か老女か。面接と歌舞音曲、城の日常、暇後の人生。資料を通し、知られざる実像を描く。(2001年刊)
    ・プロローグ
    ・第一章 奉公に上がる
    ・第二章 奥女中の仕事と生活
    ・第三章 奥女中のいる空間
    ・第四章 奥女中の出世
    ・第五章 退職後の人生
    ・エピローグ
    ・あとがき
    ・主要参考文献及び史料

    幕府の大奥と、諸藩の大奥の事例を元に、奥奉公について論じている。あとがきにもあるとおり、十分な考察がされている訳ではないが、奉公人供給源としての多摩地方との関わりや、コネの問題など興味深いものがある。花嫁修業のつもりが、奉公が楽しくなり、行き遅れてしまう事なども、現代を彷彿とさせる事象である。

  • 実際に江戸城大奥で一生奉公を
    勤め上げた「藤波」の、
    実家との手紙を中心に、
    いろいろな奥女中の人生を
    かいま見ることができました。

    浄瑠璃の採用試験から始まり、
    江戸城の奥勤めの大変さ、暮らし、
    火災の苦労、大奥出世双六や
    御殿下り後の後妻、あるいは師匠
    としての生き様など、
    いろんな女性の人生がこの一冊に
    ぎゅーっと凝縮されていて、
    現代の私たちに相通づるものを感じます。
    とても楽しめました!

全2件中 1 - 2件を表示

江戸奥女中物語 (講談社現代新書)の作品紹介

奥奉公は、花嫁修業か女の一生の職業か。出世のゴールは、御部屋様か老女か。面接と歌舞音曲、城の日常、暇後の人生。史料を通し、知られざる実像を描く。

江戸奥女中物語 (講談社現代新書)はこんな本です

ツイートする