社会保障入門―何が変わったかこれからどうなるか (講談社現代新書)

  • 18人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 竹本善次
  • 講談社 (2001年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061495715

社会保障入門―何が変わったかこれからどうなるか (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • [ 内容 ]
    医療・年金・雇用などの複雑な仕組みをわかりやすく解説し、今後の課題をともに考える一冊。

    [ 目次 ]
    1章 社会保障の現在
    2章 医療保障の現状と課題
    3章 年金保険制度をどうするか
    4章 雇用保険と労災保険
    5章 介護保険の現状と課題
    6章 社会福祉・社会手当・生活保護
    7章 社会保障のゆくえ

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ・福祉先進国の北欧諸国では「住宅は福祉の基礎」といわれています。
    ・公務員の共済組合は、その中で健康保険と年金保険を同時に行っています。健康保険が短期給付、年金が長期給付です。
    ・我が国では医療供給の仕組みを、診療報酬点数表の配分によって政策誘導する方法がとられてきました。
    ・小規模な市町村が保険者となると、財政上の危機に十分に対応するだけの体力がありません。保険集団が大きくなるほど高額医療費に耐えられる大略がついてきます。保険の基本原則「大数の法則」です。

全2件中 1 - 2件を表示

社会保障入門―何が変わったかこれからどうなるか (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

社会保障入門―何が変わったかこれからどうなるか (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

社会保障入門―何が変わったかこれからどうなるか (講談社現代新書)はこんな本です

ツイートする