ウィトゲンシュタインはこう考えた-哲学的思考の全軌跡1912~1951 (講談社現代新書)

  • 386人登録
  • 3.57評価
    • (21)
    • (22)
    • (52)
    • (3)
    • (2)
  • 20レビュー
著者 : 鬼界彰夫
  • 講談社 (2003年7月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061496750

ウィトゲンシュタインはこう考えた-哲学的思考の全軌跡1912~1951 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • ウィトゲンシュタインをテクストから丁寧に読み解いていく入門本。

    といっても、テクスト自体の論理に忠実に読むというより、テクストの生成過程、つまり日記やメモなど膨大な遺稿を年代的に分析していくことから、その思想がどのように生み出されたかを丁寧に推察していくという文献学的なスタイル。つまり、ウィトゲンシュタインという人の思想のプロセス・ドラマを追っかけるというもの。

    一般論としては、過度に人とテクストを結びつけて読むのはどうか、という気もするが、ウィトゲンシュタイン特有の結論だけが脈絡なしにならんだ(ようにみえる)テクストを解読するには、こうしたアプローチは重要だろう。

    そして、結論的には、これは、画期的に分かりやすいウィトゲンシュタイン本となっている。ウィトゲンシュタインの最後の言葉「私の人生は幸せだった」が、不可解な謎めいた言葉ではなく、哲学的人生を全うした人間のまさに必然的な言葉であったことが分かる。

    といっても、もともと訳が分からないウィトゲンシュタインについての本なので、分かりやすさにも限界がある。でも、この本を丁寧に読みながら、ウィトゲンシュタインを読めば、いつの日にか、理解できる日がくるのではないか、というほのかな希望が持てた。

    まあ、そこまでして、理解しよう、という根性はないけど、長年の課題「哲学探究」にチャレンジするか、という気にはなった。

  • ウィトゲンシュタインの前期から後期までを紹介。文献学的な感じなのかな?

    個人的には相変わらずウィトゲンシュタインの良さはわからなかったが、後期にはあまりふれたことがなかったので、ちょっと考えは変わった。

    個人的にはGOFAIの黎明期的な思想から、つまり、フレーゲ的な世界から後期に向かって呪いが溶けて行って、普通の思考になっていった(僕的な意味で)ってかんじなのかな

    それにしてもなんでこの頃の哲学者はこうも執拗にシンボルグラウンディングを避けるんだろうな。

  • ウィトゲンシュタインの全著作を、手稿も含めて時系列に正確に考察していき、思考の変化を追いかけていきます。

    印象に残ったフレーズ:
    概念に関する新しい概念
    魂を持った「私」

    死の直前、六日前に「確実性」について明瞭な言葉で述べたり、ホントに死ぬまで哲学をした人だった。

    「論考」と「青色本」しか読んだことなかったが、いずれ全集を読みたいと改めて思った。

  •  「言語ゲーム」に至るまでのウィトゲンシュタインの考察の歴史が分かる

  • 内容の濃さに比して値段は御値ごろな良書!ウィトゲンシュタインについて、徹底的な読解を試みる本。それでいてじっくり読めば全部理解できそうなくらいの難易度にまとめているのが素晴らしい。
    ただぼくは、じっくり読まなかったので、理解できてないところがたくさんあるけども。。

    個人的に、後期思想の言語ゲームについては特別な関心がある。たまに感じる感覚なのだけど、自分というものが言葉のカタマリ、と思うときがあるからだ。そして、本を読む、人の話を聞くと言った行為が、自分という書物を書き換えていく行為に感じる時がある。そうした感覚に、言語ゲーム論がしっくり来るのだ。あくまで個人的な感覚。その後期思想について余すところなく語ってくれているのがとても嬉しい一冊だった。

  • 攻略本的。ウィトゲンシュタインのテキスト群をあまねくまとめ直し、手稿や草稿、その他遺稿から代表的なテキストである『論考』と『探究』を時系列な流れや論理構成を読み取って論じている意欲的な作品。かなり読んでいて著者の情熱を感じる。最後の『確実性』の部分で、「私」が魂を持つ存在であるということを表明する言語行為が超越言明だ、という話は少し納得がいかなかった。本当にそうなのだろうか。そしてそれが異なる世界像の対立において一条に光を差し伸べるということなのか疑問。全体としてはウィトゲンシュタインが主に取り組んできたテーマとそのおおまかな内容を知ることができたので大変助かった。ウィトゲンシュタインがもっと長命であったなら、相対主義の克服に対してどのような解を与えたのだろうか、『確実性』や『探究』をどのようにまとめ直したのだろうか、ということがやはり気になって考えずにはいられない。

  • [ 内容 ]
    『論理哲学論考』から最晩年の思索まで、すべての「遺稿」をあらたに読み直す力作。

    [ 目次 ]
    第1部 ウィトゲンシュタインのテキストの特徴と読み方(遺伝子操作に似たテキスト操作 遺稿の全体像とテキストのタイプ ほか)
    第2部 言語をめぐる思考(1912‐1918)(『論考』から、『論考』を生み出した思考のドラマへ 論理をめぐる思考の始まり ほか)
    第3部 生をめぐる思考(1914‐1918)(生と言語 生の問いの起源 ほか)
    第4部 『哲学探究』の思想(1929‐1946)(『哲学探究』の謎 時期区分と関連主要テキスト ほか)
    第5部 「私」と言語―ウィトゲンシュタイン最後の思考(1949‐1951)(『探究』後の思考の歩み(1946‐1951) 『確実性』を生み出した思考の場 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 分かるような分からないような・・・が続き、積読に。

  • 哲学的思考によって、「生きる」に立ち向かおうとした人。
    人生を振り返ったときに、「素晴らしい人生だった」と思えて本当によかった。

  • わかりやすいです。

    そんでおもしろい。

    宗教的自己と言語的独我論。

  • ウィトゲンシュタイン入門

  • むしろウィトゲンシュタインに興味があるのなら、まず読むべきはこの本。あえて言うなら分かりやすぎるのが問題か?

  • 進行中
    言語と世界と生きることの関係性について共感を覚えた
    自我について、私の言語の限界が私の世界の限界である。私的言語の存在が私の世界の存在を規定する。哲学的な私は、語ることもできるが語れない。

  • 全ての哲学に挑戦したウィトゲンシュタイン。その難解さも有名ですが解説本の中でも比較的やさしいこの本

全20件中 1 - 20件を表示

ウィトゲンシュタインはこう考えた-哲学的思考の全軌跡1912~1951 (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ウィトゲンシュタインはこう考えた-哲学的思考の全軌跡1912~1951 (講談社現代新書)の作品紹介

『論理哲学論考』から最晩年の思索まで、すべての「遺稿」をあらたに読み直す力作。

ウィトゲンシュタインはこう考えた-哲学的思考の全軌跡1912~1951 (講談社現代新書)はこんな本です

ツイートする