悪の読書術 (講談社現代新書)

  • 379人登録
  • 3.08評価
    • (12)
    • (27)
    • (114)
    • (22)
    • (7)
  • 66レビュー
著者 : 福田和也
  • 講談社 (2003年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061496842

悪の読書術 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「悪の読書術」 ・・・。
    どの辺が「悪」なのか、わかりませんでした。

    著者の「本も服と同じようにTPOをわきまえて、選んだり読んだりするべきだ」との意見にも同調しかねます。
    電車の中で「アナル・バロック」を読んでいる人がいれば、それは変わった人でしょうけど、他人を意識することから分厚い哲学の原著などを人前で読もうとしたりするのは、読書の本質からズレるような感じを受けるのは、私だけでしょうか。
    単なる娯楽や知識欲として、好きな本を読む方が読書の本質に近いのでは。

    著者の意見に従えば、ブクログの本棚への登録も、人に見せるための登録する本としない本が存在すべきなのでしょう。

  • 2003年刊行。

     読書は他人に見られるものであり、またその他人に見せるためになされるべきものだ、との観点から、幾許かの著作、幾人かの作家を論じたもの。
     著者の「上から目線」「皮肉たっぷりな叙述」に耐えられる人は楽しめるのだろうが、私は違った。
     そもそも本書で提起する著者の先述の発想自体、全くもって余計なお世話である。古本屋行き決定。

  • ずっと考えていたことが言葉になった感じがした
    本が持つ品格
    今後意識していこうと思う

  • 女性向けの雑誌への連載を新書化

    「民主と愛国」にデジャブ感
    アッパーの白洲正子、須賀敦子
    居酒屋、アルコール依存症を描く。分厚い本

    何を読むか、というより
    どういう本を読んでいると、こういう人だと見られる
    みたいな指摘が多い

    ヴェルレーヌは醜男
    「破戒」を書くために娘二人がほぼ餓死、島崎藤村
    その後の円本大ブーム。

    新書戦争の裏事情
    映画と原作、少女漫画、知的虚栄心などなど
    いまひとつ脈絡が無い

  • 芥川賞 直木賞 二つの文学賞の話は面白かった
    絵本の魅力とは

  • タイトルのインパクト以上に本編に驚く事はなかった。

  • 2004年10月1日、3版、並、カバスレ、帯なし。
    2014年7月17日、津BF。

  • 福田和也「悪の読書術」http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1496840 読んだ。須賀敦子と白洲正子と石井桃子の対比は面白い、それこそ社交の話題として。読後思い出したけど福田和也の悪シリーズはダメなんだった。女性誌向けという時点でもう。山田詠美の評価はまとも、さすが(わたし何様?)

  • ISBN-10: 4061496840

  • 著者が考える「読書」に対する姿勢を示した本。元は女性向け雑誌の連載だったようで、「こういう本を読んでいると、周りからはこういう風に見られますよ」という説明のような口調で書かれてます。

    この本を軸にして読みたい本を探したりするのはちょっと難しいかな。ただ、ある作家を好きだということや、ある作家の本を外に持ち出して読む姿を見せることが、「読書を通じた社交」としてどのようなサインを出すのか、どのような意味合いを持ってしまうのか、という視点はなかなか面白かったです。作者の独断と偏見が炸裂してますが、そもそもそれを語るための本なので、そこについてツッコんだり反発したりというのは野暮でしょう。

    個人的には、小説はあくまで娯楽なのでどんな作家の作品を読もうと勝手だとは思います。思いますが、確かに電車の中で京極夏彦を読み耽っている女性がいたら、ちょっと引くかもしれません(笑)できれば自宅で読んでほしい。

全66件中 1 - 10件を表示

福田和也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

悪の読書術 (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悪の読書術 (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悪の読書術 (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする