脳と音読 (講談社現代新書)

  • 96人登録
  • 3.28評価
    • (4)
    • (10)
    • (21)
    • (3)
    • (2)
  • 18レビュー
  • 講談社 (2004年5月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061497160

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
三島 由紀夫
レイチェル カー...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

脳と音読 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • 暗誦のよさ。絵本の読むきかせによる脳への影響。など。
    C0280

  • 「素読のすすめ」の著者と脳科学者のコラボ。せっかく前著が良かったのに、、、脳科学などに頼ろうとする(後ろ盾を求めようとする)と、ひどい有様に、、、途端に胡散臭くなる。

  • 第二言語を習得、使用する際に脳のどの部分を使っているのか、謎が解けた。
    今後の人生に関わる大事な一冊。

  • 最後の音読みと訓読みの場合で前頭前野が賦活化するというのはオモシロイ発見。本の企画として、予定調和で終わらなかったところはむしろよかった。個人的には、この続編を知りたい(賦活化の理由や拡張などが更なる実験で明らかになっているのかどうか知りたい)。

  • フォトリーディング。高速リーディング。
    しばらく積読になっていたが、高速を交えて熟読した。

    著者の川島隆太氏は脳を研究する医者で、脳ドリルなどの著者がある。安達忠夫氏はドイツ文学の教授だが「素読のすすめ」の著者。本書はそれぞれの書いた部分もあるが、互いのメールのやり取りをまとめた部分もある。いろいろな研究データが載っていて面白かった。ただ、片方が疑問をもう片方に提示し、その答えが数十ページ後にやってくるなど、構造的な欠陥があるように思えた。積読になってしまった要素はその点にあると思う。
    情報内容としてはほかの本でも補えると思えるので星は三つとした。

    いくつか気付いた点を書き記す。

    乳幼児用のビデオ教材があるが、親の語りかけの代用にはならないようだ。会話をしている脳波が全然出ずに、音を聞いている(意味のないおと)の右派しか出ていない。

    親の乳幼児に対する語りかけは、言葉の繰り返しと間が大切との事。会話の間がないただの一方的な語りかけよりも、会話をするように語った方が脳の発達に良いらしい。

    絵本の読み聞かせは繰り返し繰り返しやると良いようだ。

    仮名は表音文字、漢字は表意文字で、脳の使う場所が違うらしい。どうやら日本語は特殊なようだ。

  • 安達は、「いろはにほへと」から
    川島は、「言霊」からはじめている。
    音読が、言語学習によいことは、人口に膾炙している。
    耳が聞こえない人にとっては、どうかという話を掘り下げてほしかった。

  • 「三つ子の魂100まで」とか、そういうの。
    ○才までに親とのコミュニケーションが乏しいと、もうだめっすよ、的な言い回しが結構身も蓋もなかった。
    但し音読の効果は経験で実証済み。

  • わからないことはわからない!

    なんとも潔い文章。

    科学は万能ではない!

    しかし、音読は何か重要な気がする。

    それもわからないんだけれども。

  • [ 内容 ]
    音読ほど脳を活性化させる活動はない!
    最先端の脳科学者と漢文素読を実践するドイツ文学者が説く「脳にやさしい教育」のすすめ。

    [ 目次 ]
    第1章 音読を楽しむ(読書も祈りも、声に出すのが普通だった;音読は「脳の全身運動」)
    第2章 子どもはことばをどう学ぶか(ことばの獲得は「聞くこと」から;子どもの脳とことばの獲得)
    第3章 「ことばの力」を育てる(「聞く」ことから「話す」ことへ;子どもの前頭前野はどのように発達するか ほか)
    第4章 さまざまな音読と脳の反応(予想外の実験結果;感性のトレーニングと知性のトレーニング)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 歴史から見ても、音読の習慣がすたれて、黙読が主流になりつつあるのは、ごく最近になってから。
    音読によって脳を活性化させる。読書中にいろいろなアイディアが浮かんでくる。
    私たちが学校で学ぶべき外国語は、聞く、話す能力。聞く、話すをマスターしてから読む、書くのトレーニングをすればよい。
    テレビによる語学よりもラジオでの語学習得の方が習得率が高い。外国語が身に付くためにはまず日本語の素地がしっかりしていなければならない。

  • 脳科学者とドイツ文学者による「脳を鍛える『音読』のすすめ」

  • 音読に関して科学的検証を行って、音読について考えるという内容の本だった。しかし、なにか明確な結論がないまま、ただ検証したというような印象を受けただけで、自分にとってさほど面白くはなかった。

  • やはり音読が大事。スペイン語もそう。

  • 著者の一人・川島氏の音読効果説は、陰山英男『学力は家庭で伸びる』の中でも言及されている。

全18件中 1 - 18件を表示

川島隆太の作品一覧

川島隆太の作品ランキング・新刊情報

脳と音読 (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

脳と音読 (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

脳と音読 (講談社現代新書)の作品紹介

音読ほど脳を活性化させる活動はない!最先端の脳科学者と漢文素読を実践するドイツ文学者が説く「脳にやさしい教育」のすすめ。

脳と音読 (講談社現代新書)はこんな本です

ツイートする