「美少女」の現代史 (講談社現代新書)

  • 194人登録
  • 3.17評価
    • (4)
    • (15)
    • (75)
    • (6)
    • (0)
  • 24レビュー
  • 講談社 (2004年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061497184

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
米澤 穂信
吾妻 ひでお
有効な右矢印 無効な右矢印

「美少女」の現代史 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • 納得できる人も多いでしょうが、納得できない人も多いでしょう。

  • 読みました。
    「かわいい」って一体何なんだろう?
    ちょっと考えてみたくて 図書館で借りてきてみた。

  • 「まんが、アニメ、ゲームなど」(p.3ほか)が主な分析対象。 39

  • 漫画やアニメに登場する美少女キャラクターと、美少女キャラクターにまなざしを向ける主体との関係を、歴史的経緯をたどりながら論じた本です。

    男の子は、恋愛の対象としての女の子に向ける自分のマッチョな欲情が、女の子を傷つけるものであることを自覚するという形で、自身が「傷つける性」だということを発見すると著者は言います。これに対して、あだち充の『タッチ』に代表されるラブコメは、従来のスポーツマンガのストーリーを継承しながらも、「彼女のため」という新たな動機を注入することになります。「傷つける性」であることを自覚した主体は、美少女ゲームに登場するヒロインの内面をたどる「視線としての私」にまで退却することで、ようやく居場所を見つけることになります。

    しかし著者は、彼女の内面を分かってあげることのできる「僕」というのも、まなざしの主体でけっして客体とはならない、特権的な位置にみずからを置いていることになると指摘します。紡木たくの『ホットロード』を境にして、少女マンガから内面的な表現が後退し、ふたたび居場所をなくした男性が、美少女キャラクターを求めることになります。

    美少女キャラクターにまなざしを向ける主体の暴力性については、大塚英志や宇野常寛などの多くの論者が批判しています。擁護する試みもあるにはあるのですが、本田透は透明な主体の暴力性に無自覚だし、東浩紀はこうしたあり方に自覚的だということによって倫理性が担保されると考えているようですが、やっぱり相当苦しいのかなと感じています。美少女キャラクターの登場するマンガやアニメを楽しんでいる読者の一人としては、現実の他者への関係に反映されるケースをそのつど撃つというところで留めておいてほしいなあというような、消極的なことしか言えません。

  • 80年代を色々始まりの時期と提起する人が多い気がする

    あとはジェネレーションギャップがすごい
    出てくる作品ほとんど観たことない

  • ≪目次≫
    序   キャラクター消費社会
    第1章 「美少女」の誕生
    第2章 世の中はいかに美少女化したか
    第3章 変貌していく美少女
    第4章 美少女という問題

    ≪内容≫
    1970年代以降のマンガ、アニメ、ゲームを「美少女」という視点から解読していったもの。そして、それを男性論として「視線」の問題などを論じている。
    ただし2000年代に入り、「おねえ」キャラとかがひとり立ちし、ここで論じられている状況から、また一歩先に進んでしまっているかもしれない。2000年までの社会史として読むべきかもしれない。

  • 2次元の《美少女》の現代史。この本で言及されていた、「男性よりも女性が「萌え」の歴史を刻み始めていた」は昨今の状況を見るとわからなくなっている。へえ、そうだったんだ~、みたいな。

  • 作品のメインの属性ばかりにスポットがあたっていて脇役好きな私はちょっと引き込まれて辛かった

  •  まんが・アニメに溢れる美少女像はいつ生まれてどう変化したのか? 「萌え」行動の起源とは? 七〇年代末から今日までの歴史を辿る。 ・・・と表紙には書いてあるが、これはちょっと誇大広告かな、という感じが否めない。と言うのも、確かに美少女キャラクターの変遷などを語ろうとする筆者の意図は伝わってくるのだが、結局の所70年代~80年代の漫画やアニメの時代表現に終始している、というのが殆どの内容だから。その作品解釈の内容も細かいトコロに突っ込みたくなるオタク精神的には気になる所が多々あるし論も杜撰である。

     「美少女」というイメージや「萌え」という行動を考えるのに「性的な意味を持つか」ということを踏まえてする、という冒頭の文句を読んでつい手に取ってしまったが、内容が全く違って正直残念。このアプローチはなかなか有効なものだとは思うのだが・・・誰か似たようなテーマで本を書いて欲しい。

     とにかく「萌え」を知りたい人が読む意味はない書であることは断言できる。

  • 「美少女」成立の過程を、市井の人々の価値観の変容と関連づけて論じており、非常に興味深い内容であった。

  • 美少女の誕生から現在について云々かんぬん。それと共に漫画・アニメ史やオタクについてなども書かれています。女の子好きな方は是非。

  • 80年代は○○のためが女性に代わっていった。
    現在はあらゆるジャンルが飽和状態。

  • 「男性が『美少女』に萌える以前に、すでに女性たちは『美少年』や『美形キャラ』を発見し、ひと足先に『萌え』の歴史を刻み始めていたのです。」
    一種の偏見と驚きを感じた。萌えとはおたく文化の顕著な現われのように思っていたし、それは自分とは何も関係のない世界、つまり女性から始まった歴史だとは思わなかった。だが、私自身が日常生活しているときに萌えを感じることがあるように、はるか昔からあった感情なのかもしれない。

  • 日本のアニメ/漫画の世界において、男の欲望をその身に体現した二次元の美少女キャラクターの変遷を追ったもの

  • ルパン三世「カリオストロの城」のに対しての言及で「傷つける性」
    という言葉を語ったが、それが現代の恋愛物の作品にいかされてるのを
    感じた。

  • 2000年以降の「美少女」の概念に上手く繋がっていない。

  • 事象がすごくこと細かに並べ立てられているので、これは独自に調べられたのかと・・・
    結局オタク文化の中でも美少女の位置の確認と、オタク文化が成長するまでの歴史を書いてくれている本です。

  • 美少女についてこんな風に書かれている本を読んだのは初めてでした。面白い本でした。

  • 書いてる内容がどっかで聞いたことのあることばかりな気がして、ちょっと新鮮さに欠ける。つまらなくはない。だけど、わざわざ読むほどのものでもないという感じか。

  • サブカルチャーを堅く書かれてもよくわからんのですよ。
    面白い部分もありましたが、正直当事者である方々(萌えを体で覚えている)が書かれる文章のほうがわかりやすくて面白い。

  • 読みやすかったです。主に文章が。

全24件中 1 - 24件を表示

「美少女」の現代史 (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「美少女」の現代史 (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする