中国の大盗賊・完全版 (講談社現代新書)

  • 268人登録
  • 3.90評価
    • (29)
    • (37)
    • (31)
    • (4)
    • (0)
  • 41レビュー
著者 : 高島俊男
  • 講談社 (2004年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061497467

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

中国の大盗賊・完全版 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • 中国の歴代の王朝、及び現在の共産党政権は、いずれも盗賊が前政権を倒して打ち立てたもの。
    本書から得られる中国のキーワードは、下剋上、弱肉強食、何でもありの油断できない社会、正直者がバカを見る社会、と言ったところ。現代中国の特徴である、したたかさ、抜け目なさ、或いは公共心の欠場等の歴史的背景が理解できたように思う。

  • 中国の皇帝、王、英雄を、どれも盗賊(ならず者集団に毛が生えたようなもの)であるとの視点から、斬って(論評)していくお話。
    特に、洪秀全が面白い!
    メインの毛沢東がまあまあだったので、星4つ。

  •  本書で指すのは「盗賊」と言っても武装集団。陳勝・呉広から毛沢東まで、成功したものも失敗したものも含め、庶民出身の様々な「盗賊」を描いている。成功者には後付けらしい伝説ができるとか、指導者本人は粗野でもある程度の規模になると知識人を引き込み思想を構築するとか、各「盗賊」にはある程度の共通点もある。
     この流れの中で語られる毛沢東も、共産主義の革命家というより過去のあまたの「盗賊」の一形態に過ぎないという気がする。まさにそれこそ筆者の言いたいことだろうが。また筆者は、現在の中国の革命史観による歴史の解釈(例:太平天国は農民革命)や、本書の元版刊行の1989年当時に日本の一部にあったかかる社会主義中国への理想を、本書の随所で皮肉ってもいる。

  • これまで中国の歴史に対して、思っていたことを高橋先生が見事に整理してくれたという印象。

    先生の中国に対する見方は、全く同感です。特に毛沢東や周恩来に対する評価は実に的確。

    中国支配層は、秦に始まり、北朝諸国・隋・唐・元・清など、ずっと異民族に支配され、異民族を同化してきた歴史なので、もし日本の大陸の植民地化政策に成功したら、中国が倭朝になって、今頃、日本も支配層にある代わりに、日本列島も中国の一部になっていたかもしれない。

  • どの盗賊も盗賊皇帝も面白い。劉邦、朱元璋の天下取り。中でも毛沢東が一番メチャクチャやっている。インテリで盗賊で好戦的で、国民だったら迷惑すぎる。

  • 一介の盗賊が国を作る、こんな例が中国には、たくさんあるんですね。
    「みんなが代表を選んで、その人に国を建設してもらう」
    、、、民主主義の「人の選び方」とは、何もかも違います。

    盗賊が国を作った、だから、、、中国はどうひっくり返っても、民主的な国家
    (ほんとは、国家と言えないと思いますが、、、)になることはできないと確信しました。
    人民裁判は、てっきり「人民による裁判」だと思ったのですが、高島先生は、「人民の前でやる裁判」と
    喝破します。これでは、、、一生、法治国家になることはできませんね。

    中国の歴史を知れば知るほど、面白いのですが、日本とは、絶望的に「うまくやっていけないな」と
    いうか、カノ国は、そもそも、他の国とうまくやっていくことなんて、端から思ってない!
    だって、盗賊のメンタリーティーを、建国した方々は持っているのですから、、、。

  • 古書店にて250円で。取り上げられている〈大盗賊〉は「燕雀いづくんぞ……」でお馴染み陳勝に漢の高祖劉邦、明の開祖朱元璋、明朝と清朝の狭間で僅か40日天下を謳歌した李自成、太平天国を築いた洪秀全、そして〈完全版〉にて当時の原稿を復元した毛沢東。同著者の本は『三国志 きらめく群像』と『水滸伝の世界』しか読んだことがないのだが、難解な内容になりそうな題材を平易な文章で判りやすく仕上げているのはさすがである。参考文献についても、どの本がお勧めでどれがイマイチかなどユーザビリティ第一に書かれており好感が持てる。

  • 中国の歴史を作ってきたのは盗賊である。我が国の歴史との違いをまざまざと見せつけられた。毛沢東の記述が興味深い。記述も平易で親しみやすい。
    いわゆる歴史認識問題について、なんとなく向こうの思考回路が垣間見えた気がする。

  • 歴史上、中国を統一した皇帝には盗賊出身が多い。有名どころは、漢の創始者、劉邦。彼はもともと面倒見の良いアニキ的ヤクザ。そんな劉邦が家柄に優れた項羽との決戦に勝利し、中国を統一する。毛沢東だってガラの悪い農家の出だ。日本で比較できるのは豊臣秀吉くらいだが、彼は将軍、天皇の一歩手前止まりだった点で中国の皇帝には一歩劣る。

    本書は、こうした田舎の貧しい盗賊出身でありながら中国を統一してしまった6人を取り上げた成り上がり列伝。

    中国でトップに登りつめるためには義とか情は邪魔。ひたすら自分より上の者を倒すのみ。家柄とか、財産とか守るべきものがあることは、逆に不利だ。そんな中国を究極のアメリカンドリーム国とみるか、そんな連中でも支配できる野蛮国とみるか。

  • 中国の歴代王朝の発生起源は盗賊に遡る。王朝の創始皇帝の劉備や朱元璋、なりそこなった李自成、洪秀全等の盗賊人生が簡潔に述べられている。
    一口に盗賊と言っても日本とは同じ常識で量れない。兵士も盗賊に近い種類であることや、劉邦が若いころしていた吏といわれる末端役人までほとんどやくざ者であるところなど説明がないと全く異なる理解になってしまうであろう。
    まず中国を学ぶには中国常識学のようなものが必要ではないかと思った。日本人の常識で理解するから狂ったような左翼学者も多いのかもしれない。
    また毛沢東や共産党も発生、成長過程において盗賊皇帝・王朝と変わらないことがわかる。とはいえスケールが大きく情報量も多いのでここのところはある程度分厚い他本を参照したいと思う。

  • 成功した盗賊、劉邦、朱元璋、失敗した盗賊、李自成、洪秀全を経て「最後の盗賊皇帝」毛沢東へと話をつなげていく。日本と中国の「盗賊」や「兵士」の違いなど、歴史書とはちょっと違った角度で中国史を見る一冊。

  • 新しく知ることがあっておもしろい。歴史は繰り返す、だ。

  •  最近、高島俊男さんの本にハマっています。こんな面白い人を、発見出来たことが、とても嬉しいです。まだ読んでない本が、たくさんあるので、チビチビ読んで行きたいです。

  • 高島俊男の『中国の大盗賊』も名著だな。
    これまで勘違いで美化されてきた太平天国の乱の内実がよく分かる。
    統一協会とか、学生運動で東大に篭っていた連中が美辞麗句を唱えつつ、実は乱痴気騒ぎやってただけなのに似ている。

  • 毛沢東も盗賊皇帝。
    盗賊といっても日本と違ってスケールが桁外れに大きい。ヤクザが総理大臣になるようなものだから話も面白くなる。
    太平天国の乱については勉強になりました。

  • 中国は盗賊の国ですよと教えてくれる本。



    未だに中国という国がよく分からなくて手に取った本。日本でも中国政府の見解が報道されるようになったが、「こいつはあほか」という会見をしたり、自分の都合のいいようにだけ振舞う様子を見てて訳分からんと思っていた。

    一方で三国志などを読んでいて、所謂民衆の立ち上がる姿ってないのかなとか、あんなに人が多いのにあぶれた人たちは何やって生きてるんだろうなとか疑問に思っていた。



    この本を読んで、「暇な人が寄せ集まって盗賊になった」ことが分かった。

    中国に限らず、政府というものは「勝てば官軍」で、歴史は勝者が作るものなので、その勝者が盗賊であっても別段驚くにはあたらない。しかし、昔ならともかく今だにそうやってできた国家が世界で有数の国力を持つということは、なかなか空恐ろしいことだ。

  • 冒頭に出てくる民国期の盗賊集団の実例が秀逸。
    そのほか著者一流の洒脱な文章が心地よい。

  • 中国における社会主義革命の本質がわかる、目からウロコの一冊。もちろん高島先生の著作なので読物としてたいへん面白い。

  • 歴史を淡々と述べているのではなく、盗賊という見方や、つまりどうゆうことかとわかりやすく書いています。元にしている資料もはっきり当てにならない、中国ではこうゆう風に評価されているけど、現実は違うときっぱり書いていて読みやすかったです。この本を読んだ後では、現在の中国の「即死刑」の風潮もわかる気がするし、一人っ子政策もある意味「盗賊防止策」なのかなと思ってしまいます。(そうは書いていませんが)中国の歴史をサッと要点をまとめて読めると思います。

  • 中国歴代王朝の殆どは盗賊による創業だ、
    というユニークな視点から迫る中国王朝史。
    漢の高祖劉邦から現中国共産革命の祖毛沢東までを
    大盗賊だと宣うのだから痛快な書ではある。

    先ず、著者は盗賊の発生する要件を
    氏族社会と近代資本主義社会との中間段階にある農業社会とする。
    農村の過剰人口が盗賊の発生母体だ。
    農村地域に、働き場のない、あるいは働いても食えない人間が、不断に、また大量に発生する。彼らは流れ歩く閑民となり、盗賊となる。
    中国には、大昔から20世紀の今日に至るまで、常に盗賊がいた。
    その彼らが権力争いの表舞台へと勇躍登場しては歴史を作ってきたのだ。と。

    彼らへの呼称は、単に「盗」といい、また「賊」ともいい、また「寇」ともいう。
    清代以後には「匪」とも。
    曰く、山賊、海賊、水賊、馬賊、妖賊、教匪、流賊または流寇、土賊、などなど、
    活動場所や行動様式によって呼称が異なる。

    漢の高祖、劉邦
    明の太祖、朱元璋
    清王朝の、李自成
    太平天国の、洪秀全
    そして共産革命の、毛沢東
    これら建国の祖はなべて盗賊から出て王朝の開祖となったのだ、という訳で、
    各々、章を設けてその経緯をたどる。

    1927年に毛沢東が作った中国共産党の軍隊は、中国歴史上の、盗賊の流れに位置づけられるべきもので、
    それは、マルクス主義を信仰し、不平知識人が指導し、貧しい農民の味方を標榜する、一大盗賊団なのだ、と。
    実際、毛沢東らが政権を取るまでは、「共匪」「紅匪」「毛匪」と呼ばれていたことからも、時の権力や一般の民からは、中国古来からの盗賊扱いの位置づけだったことがわかる、と。
    中国独特の「革命」思想にも触れえて、成程そうかと肯かせる。
    著者は中国文学のれっきとした学者であり、故なき論を展開しているのではなく、歴史の事実を踏まえたものだけに説得力はある。
    まあ、肩の凝らない書ではある。

  •  一通り中国歴史上の人物が頭に入っていると痛快に読める。
     中国の歴史は盗賊の歴史であり、それは起こるべきして起きていた・・・ 「ああ、なるほど俺もその立場ならそうするかも」と思わせる部分が随所にあり、中国と日本の生い立ちや考え方の違いを分かり易く書いている。

     総合年表と地図情報があればもっと読み易かったと思うので★を一つ減点。
     

  •  タイトルから、日本でいう石川五右衛門、フランスでいうアルセーヌ・ルパンのような大泥棒を思い浮かべがちだが、この本では劉邦や朱元璋のような国を盗った大盗賊が挙げられる。そういえば、この二人は農民出身で最初は片田舎の盗賊として挙兵した。

     中国では農業からあぶれた者(閑民)が武装して盗賊となるのですが、それでは困るとして国が閑民を兵とすることがよくあった。しかし、この兵のほうが盗賊よりも徹底的に略奪するなどしたから厄介だった。

     注目すべきは毛沢東。本書では彼も一地方勢力として旗揚げし、勢力を拡大して中国全土を支配したという点で、劉邦や朱元璋と同じような盗賊皇帝として描かれている。

     毛沢東は勢力を拡大していく過程で

     ・共産主義(正確に言えば共産党の全面肯定)を一種の宗教のように利用した

    ・共産党の幹部階級が贅沢な生活を送り、農民は共産党から土地や耕具を与えられ、謂わば共産党の農奴としてその土地を耕すという支配と被支配の関係が成立した

    ・「共産党は数億の人民に衣食を与えることに成功した」などの嘘が罷り通した(つまり国家による言論や情報の統制)

    ことから、中華人民共和国も、実は清以前の王朝時代と根本は変わらない(あえて言うなら共産党帝国)のかもしれない。

  • 高島先生の中国の歴史学者たちに対する言葉が辛辣。「盗賊」という言葉の響きが、とっても悪いので、えっみんな盗賊だったの?といいたくなるが、でかい中国のことだから、盗賊もスケールが違うし、盗賊も正義に変化して、国を治めちゃうのです。すごいね。

全41件中 1 - 25件を表示

中国の大盗賊・完全版 (講談社現代新書)に関連する談話室の質問

中国の大盗賊・完全版 (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

中国の大盗賊・完全版 (講談社現代新書)の作品紹介

昔、中国に「盗賊」というものがいた。いつでもいたし、どこにでもいた。日本のどろぼうとはちょっとちがう。中国の「盗賊」はかならず集団である。これが力をたのんで村や町を襲い、食料や金や女を奪う。へんぴな田舎のほうでコソコソやっているようなのは、めんどうだから当局もほうっておく。ところがそのうちに大きくなって、都市を一つ占拠して居坐ったりすると、なかなか手がつけられなくなる。さらに大きくなって、一地方、日本のいくつかの県をあわせたくらいの地域を支配したなんてのは史上いくらでも例がある。しまいには国都を狙い、天下を狙う。実際に天下を取ってしまったというのも、また例にとぼしくないのである。幻の原稿150枚を完全復元。共産党の中国とは盗賊王朝である。劉邦から毛沢東まで伝説の完全版がよみがえる。

中国の大盗賊・完全版 (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする