老いるということ (講談社現代新書)

  • 27人登録
  • 2.88評価
  • 6レビュー
著者 : 黒井千次 
  • ¥ 778 /
  • 講談社 /
  • 2006年11月17日発売 /
  • 240ページ /
  • Amazon.co.jp ・本 /
  • ISBN・EAN:9784061498655
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (0)

老いるということ (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

全6件中 1 - 6件を表示

老いるということ (講談社現代新書)はこんな本です

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

弱いつながり 検索ワードを探す旅

東 浩紀

「自分」を探さないための「観光」ガイド

柔らかくライトに語られる話題のエッセイですが、現代考察に満ちた「思想」書であり、インターネッツ社会の中での「自由」論であり、その道筋をプラグマチックに語られているところの「指南」書でもあります。
そのキーワードは「観光」。偶然を必然・運命と期待する「自分探しの旅」ではなく、偶然をそのまま偶然の契機として外へ開いていくところの「観光」。受け身であるからこそ肩の力を抜いてオプショナルツアーに参加できる「観光」です。その気軽な観光行程での具体的な「知恵」について語られています。
また著者自らが「自己啓発」書の体裁と言っているようにある種のTipsでもありますが、重要なのはこの体裁含めて態度の「軽さ」です。この「軽さ」は軽率さ安易さではなく、本人が気づかないままの重力に囚われないところの「軽さ」であり、世界に対して開けっぴろげに受け身であるところの「軽さ」です。
しかしながら、偶然にやってきた「弱い繋がり」の「その「弱さ」こそが強い絆よりも強いものなのだ」という著者の逆説は「敢えて」のポストモダニストの風貌ではもはやなく、40代の家族の中の父であり組織を動かす社会人であるところの、一人のリアリストからの腹の底からの述懐に聞こえます。

著者の今後の道標をつける重要な書ではないでしょうか。