老いるということ (講談社現代新書)

  • 27人登録
  • 2.88評価
    • (0)
    • (0)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 黒井千次
  • ¥ 864
  • 講談社 (2006年11月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061498655

老いるということ (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

全6件中 1 - 6件を表示

老いるということ (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

老いるということ (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

老いるということ (講談社現代新書)はこんな本です

老いるということ (講談社現代新書)のムック

僕だけがいない街 (8) (カドカワコミックス・エース)

三部 けい

いよいよ完結 連続誘拐殺人犯との対決は!?

人気サスペンス漫画『僕だけがいない街』がいよいよ完結しました。
売れない28歳の漫画家 藤沼悟の持つ再上映(リバイバル)という特殊能力をもって小学生時代に起きた連続誘拐殺人事件を解決するために奔走するというストーリーで、その後巻を重ねる毎に衝撃の展開に進んでいく本作ですが、いよいよ完結となりました。
何を書いてもネタバレになってしまう展開になっていますが、ただ一つ言えることは読んで良かったとラストです。改めて、1巻から読み直した時にこの『僕だけがいない街』が、主人公 悟の成長物語であるとはっきりとわかってきます。そして、改めてその連続誘拐殺人犯の恐ろしさも改めてわかってきます。
そして、最後に再上映(リバイバル)とは何だったのか、それを読者のみなさんは考えることになると思います。
完結してしまいましたが、三部けい先生の次回作に期待したいと思います。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする