老いるということ (講談社現代新書)

  • 26人登録
  • 2.88評価
    • (0)
    • (0)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 黒井千次
  • ¥ 864
  • 講談社 (2006年11月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061498655

老いるということ (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

全6件中 1 - 6件を表示

老いるということ (講談社現代新書)はこんな本です

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)

北川恵海

サザエさんシンドロームって知ってますか?

日曜日のサザエさんのエンディングを聞くと、月曜が憂鬱になる現象、それが「サザエさんシンドローム」です。
そんな、シンドロームにかかった主人子の青山。色々あって、駅のホームで偶然小学校時代の同級生ヤマモトと名乗る男と遭遇する。
そのヤマモトとの出合いによって変わっていく青山、そしてヤマモトの正体を知って驚き、そして最後に自分で考え青山は行動します。
帯にある『働く人ならみんな共感! スカっとできて最後は泣ける』という言葉のとおり、最後は本当に泣けます。
いま、働くことに悩んでいるすべての人に読んでもらいたい、そんな一冊です。

本の詳細&レビューを読む»