茶人たちの日本文化史 (講談社現代新書)

  • 58人登録
  • 3.36評価
    • (2)
    • (5)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 谷晃
  • 講談社 (2007年2月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061498785

茶人たちの日本文化史 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • S791.2-ゲン-1878 200024784

  • 【資料ID】25650
    【分類】791.2/Ta87

  • 古代から現在までの日本における茶文化形成史。飲茶習慣の変容や茶をめぐる思想の変遷が要領よく整理されている。古来不変の伝統だと思わされていることが、意外と歴史の浅いものであることがわかる(例えば懐石料理が現在のようなものになったのは第二次大戦後だという)。教科書的な〈村田珠光→武野紹鴎→千利休〉説を後世の仮構とみなし、珠光を茶の湯の「開祖」とする見方を否定しているのが興味深い。

  • 事実の羅列がこんなにも退屈なものなのかと……大好きな茶道にまつわる話でなかったら到底読み終えられなかったくらいに退屈な本でした(>_<)

  • フォトリーディング&高速リーディング。日本文化についてのシントピックリーディング。かつて安土桃山の頃の宣教師の茶に関する記述があり、興味深い。

  • 2007/10/23

  • 通史としての茶道、特に近現代の茶道の歴史が為になった。07/05

全7件中 1 - 7件を表示

谷晃の作品

茶人たちの日本文化史 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

茶人たちの日本文化史 (講談社現代新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

茶人たちの日本文化史 (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

茶人たちの日本文化史 (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

茶人たちの日本文化史 (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

茶人たちの日本文化史 (講談社現代新書)の作品紹介

茶の飲用法が伝わったとされる九世紀から現在まで、どのように茶文化は日本の社会に受容され、展開してきたのか。本書は、時代ごとに茶に関する代表的な人物をとりあげ、その時代の茶文化の様相と変遷を描き出す。ともすれば茶の湯に偏重しがちだった既成の茶文化観を排し、茶文化が日本の歴史や文化の中で占める位置を明らかにしてゆく、茶を通して見る日本文化史である。

茶人たちの日本文化史 (講談社現代新書)はこんな本です

ツイートする