西洋哲学史 (講談社学術文庫)

  • 220人登録
  • 3.57評価
    • (7)
    • (18)
    • (23)
    • (3)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 今道友信
  • 講談社 (1987年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061587878

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
三島 由紀夫
マックス ヴェー...
キェルケゴール
マックス ウェー...
遠藤 周作
ウィトゲンシュタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

西洋哲学史 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  今は亡き美学の大家、今道先生の講義録。
     ピコとバウムガルデンが専門の方なので、古代からルネサンスくらいまでがメイン。それまでじっくりと解説して、カントが終わったあたりから一気に現代まで駆け抜ける。カント以後に関しては別の入門書が必要かもしれない。

  • オフィス樋口Booksの記事と重複しています。アドレスは次の通りです。
    http://books-officehiguchi.com/archives/4283661.html

    「この本は哲学の初学者向けで大学の教養レベルで、古代から現代までの哲学の変遷を知ることができる。この本をきっかけに、哲学の知識の幅を広がてほしいと思う。」

  • [ 内容 ]
    本書は、1冊で完結する西洋哲学通史として、重要な哲学者の、それも必要不可欠と思われる考えに絞り、古代・中世・近世・近代・現代の区分に従って問題の展開が論理的に理解できるよう書かれています。

    [ 目次 ]
    第1章 古代前期(古代ギリシアこそ西洋哲学の源泉;ソークラテース以前の哲学;偉大なことは狂気によってのみ生ずる―プラトーンの書物のなかから)
    第2章 古代後期(実体といわれるものは何か―アリストテレースの特色;実践哲学とその学派―ヘレニズム前期;宗教哲学と4人の学者―ヘレニズム後期)
    第3章 中世(中世は暗黒であったか;教父の時代;ニッサのグレゴーリオス―ギリシア教父;アウグスティーヌス―ラテン教父;大学の問題―中世の偉大な制度とアラベール;トマス・アクィナス)
    第4章 近世(ヒューマニズムの時代;フィレンツェのプラトーン・アカデーミア;17世紀の哲学―デカルト、ホッブス、パスカル、スピノーザ;17世紀の哲学―ライプニッツ、ロック、バークリー、ヒューム)
    第5章 近代(大陸合理論と英国経験論の統合―ルソーとコンディヤックの思考実験;カントの3批判書―『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』;ドイツ観念論―フィヒテ、シェリング、ヘーゲル;人間への志向回帰―シェリング、キェルケゴール、フォイエルバッハ、ヴィーコ、ニイチェ)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • まとまりはいいのかもしれないが、所詮この厚さでは西洋哲学史を掘り下げて振り返ることはできない。

  • とても読みごたえがあった。高校時代に悩みを通して哲学に心惹かれ、カントの乱読から入り、プラトン、レヴィストロース、西田幾多郎と恥ずかしいほどの直感任せで、哲学が何たるかも10年ほど分かっていなかった時も無駄だとは思っていない。世界での異文化経験と宗教世界への没入と、教育分野への従事によって拡がった風呂敷の端々を手繰り寄せるように、だんだんと一つのものへと収斂されてくる過程を感じているからである。西田幾多郎の哲学概論を読みそれでも哲学の全容と目的としていることが分かり、今回の通読によって歴史との関わりを深く知ることができた。
    本書の内容にはあえて触れず、しかし今後の哲学の進むべき方向性に希望を一片抱いたところで終了である。付箋だらけなのでもう一度、必ずもう一度は目を通したい。

    12/2/23

  •  録音した講義を文字に起こした西洋哲学の通史。近世のヒュームまでで全349ページ中278ページを占め、古代と中世に比較的重きが置かれている。

     そのためもあって、近代以降の記述はかなり圧縮されており、難解。逆に、近世までは、分かりやすく面白い。ことに中世について、一般に暗黒時代と言われているが、実はそうではないという指摘は興味深かった。

     また、哲学者の学説の説明だけでなく、たとえば大学の始まりと歴史、ヒューマニズムという言葉の由来についてなど、関連するトピックの記述もいろいろあり、面白く読めた。

  • わかりやすい!

  • 目 次

    まえがき

    第1章 古代前期
     1 古代ギリシアこそ西洋哲学の源泉
     2 ソークラテース以前の哲学
     3「汝自らを知れ」―ソ-クラテースを中心とする対話篇
     4 魂が神の国を見ていたこと―対話篇『メノーン』
     5 偉大なことは狂気によってのみ生ずる―プラトーンの書物のなかから
     6 哲学の原型をつくろうと努力した哲人たち

    第2章 古代後期
     1 実体といわれるものは何か―アリストテレースの特色
     2 実践哲学とその学派―ヘレニズム前期
     3 宗教哲学と4人の学者―ヘレニズム後期

    第3章 中世
     1 中世は暗黒であったか
     2 ダイナミックな時代としての中世
     3 教父の時代―理論的に教会を守った人
     4 ニッサのグレゴーリオス―ギリシア教父
     5 アウグスティーヌス―ラテン教父
     6 大学の問題―中世の偉大な制度とアラベール
     7 トマス・アクィナス―中世最大の大学的な哲学者
     8 個について考えた人びと

    第4章 近世 
     1 ヒューマニズムの時代
     2 フィレンツェのプラトーン・アカデーミア
     3 自然科学の中心地・パドワ
     4 16世紀のヒューマニズム
     5 17世紀の哲学(1)―デカルト、ホッブス、パスカル、スピノーザ
     6 17世紀の哲学(2)―ライプニッツ、ロック、バークリー、ヒューム

    第5章 近代
     1 大陸合理論と英国経験論の統合―ルソーとコンディヤックの思考実験
     2 近世哲学を近代につないだ哲学者カント
     3 カントの三批判書―『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』
     4 ドイツ観念論―フィヒテ、シェリング、ヘーゲル
     5 人間への志向回帰―シェリング、キェルケゴール、フォイエルバッハ、ヴィーコ、ニイチェ

    第6章 現代
     1 20世紀初頭の哲学
     2 新倫理学の台頭

  • この人の知識やばい

    ボクには記号だらけの世界

全16件中 1 - 10件を表示

西洋哲学史 (講談社学術文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

西洋哲学史 (講談社学術文庫)の作品紹介

本書は、1冊で完結する西洋哲学通史として、重要な哲学者の、それも必要不可欠と思われる考えに絞り、古代・中世・近世・近代・現代の区分に従って問題の展開が論理的に理解できるよう書かれています。

ツイートする