フランス絵画史 (講談社学術文庫)

  • 103人登録
  • 3.77評価
    • (8)
    • (3)
    • (10)
    • (0)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 高階秀爾
  • 講談社 (1990年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061588943

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
村上 春樹
J.L. ボルヘ...
ドストエフスキー
オルテガ・イ ガ...
有効な右矢印 無効な右矢印

フランス絵画史 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

  • ブックオフ池袋、¥550.

  • 王の政策や市民の台頭など、当時の社会状況と絵画の変遷が密接に関わり合っていることをより実感として捉えられたことが大きな収穫だったと思います。
    絵画を知ることが歴史を知ることに、もしくはその逆につながるんですね。

  • 16世紀から19世紀末までのフランス絵画の歴史を、分かりやすく解説している本。美術全集などの解説として書かれた文章をまとめたもので、おおまかな流れをつかむには最適だと思う。

    16世紀には、イタリア・マニエリスムの影響を受け入れつつ、フランドル派の健全な現実認識を同時に受け継ぐ形で、フォンテーヌブロー派の画家たちが活躍する。

    17世紀になると、アンリ4世からルイ14世に至る治世に、アカデミーを中心とする中央集権的な美術界が築かれ、プッサンらの古典主義絵画が開花する。18世紀に入ってもアカデミーの理論は大きな力を持っていたが、その合理主義精神には収まりきらない感情の世界が重視されるようになり、ワトー、グルーズ、フラゴナールらの洗練された表現が生まれた。

    そして19世紀になると、ダヴィドの新古典主義、ドラクロワのロマン主義、そして印象派と優れた画家たちが登場する。

    本書では19世紀末の、ナビ派と象徴主義までが取り上げられている。

  • 分かりやすい。手元においておきたい本

  • 他の高階本にことごとく5つ星をつけている私が珍しく★4つ。
    理由はたった一つ。図版が少ない&白黒・・・。特に古い時代のフランス絵画は、類書で図版を探すだけですごく手間がかかる。結果、言葉だけのイメージで本書を読む→理解することになる。

    最初のつかみと最後のまとめ(わずか数ページ)は秀逸。最初はフランス絵画の特質を一言でまとめ、最後は絵画のグローバル化をうまく表現している。

    ただフランス絵画通史を日本語で読めるのは、本書ぐらいではないか?という意味で、★を5つに戻す。どの箇所もその指摘は鋭いからだ。

  • フォンテーヌブロー派からナビ派、象徴派の時代までのフランス美術の通史をとても丁寧に解説してある一冊。
    イタリアやフランドルの影響を受けながらもフランス美術がどのように自己のアイデンティティを確立していくか、アーティストを囲むアカデミーや政治情勢も絡めてどのようにフランス美術が花開いていくのかとても理解しやすく大変勉強になりました。
    またパリに行かなきゃ・・・!

全8件中 1 - 8件を表示

フランス絵画史 (講談社学術文庫)に関連する談話室の質問

フランス絵画史 (講談社学術文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フランス絵画史 (講談社学術文庫)の作品紹介

16世紀から19世紀に至る四百年間は、フランス精神が絵画の上に最も美しく花開いた時代である。フォンテーヌブロー派、プッサン、ヴァトー、ダヴィッド、ドラクロワ、そして印象派の画像たちによる忘れ難い名作の数々-、その抑制された画面には明晰な合理性と繊細な感覚性が宿り、人間存在の全体像が凝縮している。フランス美術の精華を辿り、本書は、豊潤なユマニスムの世界へと読書を誘う。

ツイートする