歴史学概論 (講談社学術文庫)

  • 21人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 増田四郎
  • 講談社 (1994年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061591448

歴史学概論 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

  • アナール学派以降の新しい歴史学の潮流を押さえつつも、伝統的な歴史学の枠組みを踏まえて、歴史学という学問の概要が紹介されています。そういう意味では、少し古いタイプの歴史学の入門書だと言えるのかもしれませんが、研究史的なヴィジョンを得ることができるという点で、良い入門書だと思います。

    著者自身は西洋史の専門家ですが、日本の歴史学に対する意見もところどころで表明されていて、おもしろく読みました。

全1件中 1 - 1件を表示

歴史学概論 (講談社学術文庫)の作品紹介

歴史学とは何か。古代ギリシアのヘロドトスから、ローマ帝国末期のアウグスティヌス、ルネサンスの人文学者やフランスの啓蒙思想家を経て、十九世紀ドイツのランケに至って近代歴史学は成立した。その発達段階を明快に分析しながら、古代から中世への転換期の歴史意識の研究など、現代歴史学の問題点をも論及。西洋史学の泰斗が、「歴史することの妙味」と歴史を学ぶ心構えを懇切に説いた必読の書。

歴史学概論 (講談社学術文庫)はこんな本です

ツイートする