論文の技法 (講談社学術文庫)

  • 51人登録
  • 3.62評価
    • (3)
    • (2)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Howard S. Becker  Pamela Richars  佐野 敏行 
  • 講談社 (1996年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061592483

論文の技法 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

  • 翻訳のせいか読みづらい。直すことを前提にまずは書け!ということ。難しく考えてしまうことこそ書く。人に出すこと恐れない。書く本は皆最後は同じところに行き着くが、書けないんだよな

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    本書は論文を書く人のための技法書です。それだけでなく、論文をどう書き始めたらいいのか困ったときに、また論文を書くことに飽きたり、行き詰まったり、恐怖心をいだいたりしたときに、ちょっとしたヒントと勇気づけを与えてくれる本です。アメリカの著名な社会科学者が、長年にわたる自らの論文指導の体験をもとに、論文作成の基本的な考え方とその方法を具体例を示しながら説いた必携の書。
    著者紹介
    【ハワード・S・ベッカー】
    1928年生まれ。ノースウェスタン大学教授を経て、現在ワシントン大学教授。社会学専攻。著書にArt Worlds、Outsiders、Boys in Whiteなど。
    【佐野敏行】
    1953年東京生まれ。京都大学理学部卒業後、東京大学大学院を経て、スタンフォード大学大学院博士課程修了。現在、奈良女子大学助教授。訳書にワイナー/シュナイダー『布と人間』、共訳書クロノン『変貌する大地』など。

    目次
    はじめに
    第一章 大学院生のためのフレッシュマン英語
    第二章 ペルソナと権威
    第三章 正しいやり方は一つか?
    第四章 耳を使って修正する
    第五章 一人の専門家として書き方を習う
    第六章 リスク
    第七章 それをドアから外に出す
    第八章 文献の恐怖
    第九章 摩擦とワープロ
    第十章 最後に一言

  • 自然図2F一般図書 816.5:B395

全4件中 1 - 4件を表示

論文の技法 (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

論文の技法 (講談社学術文庫)の作品紹介

本書は論文を書く人のための技法書です。それだけでなく、論文をどう書き始めたらいいのか困ったときに、また論文を書くことに飽きたり、行き詰まったり、恐怖心をいだいたりしたときに、ちょっとしたヒントと勇気づけを与えてくれる本です。アメリカの著名な社会科学者が、長年にわたる自らの論文指導の体験をもとに、論文作成の基本的な考え方とその方法を具体例を示しながら説いた必携の書。

ツイートする