現代倫理学入門 (講談社学術文庫)

  • 511人登録
  • 3.41評価
    • (26)
    • (32)
    • (90)
    • (10)
    • (4)
  • 44レビュー
著者 : 加藤尚武
  • 講談社 (1997年2月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061592674

現代倫理学入門 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 倫理学については不勉強だったので入門書として読んだ。難しい問題を手際よくわかりやすくまとめていると思う。読むきっかけになったのは昨今の人工知能ブーム。その課題、そして可能性を倫理学的な切り口で考えてみたいと思ったから。倫理学でもまだ明確に答えを出せていない問題に対して人工知能がさきに答えを出す時が近づいている。それは無意識かもしれないという怖さを感じる。倫理学はもっと介入すべきだと思う。

  • 倫理学の中の“規範倫理学”と言われる分野について平易に書かれています。倫理学の代表的な立場である功利主義やカントの義務論、ロールズの正義論について説明されており、この著作の内容をある程度理解するだけでも規範倫理学の基礎的な知識を身につけることができると思います。

  • サンデル氏の討論型授業のような形式で倫理的な問題を考えることは楽しい。


    しかし、心理学もそうだが学問になると非常に取っつきにくくなる。


    この本もその例で、サンデルの著作から関心を持った人の興味レベルだと弾き飛ばされる危険性が高い。実際私も、100ページを超えるくらいになってパンク状態であった。



    この本の正しい読み方は、目次を読んで本当に微妙な問題だなと思った章を選んで読むことである。



    最初から全部を読み通そうなんて思っちゃあいけない。また、自分の中で既に結論がでてしまうお題は見なくてもよろしい。


    そのくらい自分の意識を絞って読まなければ、歴史の教科書レベルの退屈さに溺れること請け合いである。

  • サンデル、ロールズあたりがちんぷんかんぷんな方には此ぐらいから始めるほうがよいのではないかと思います。全体の見取り図がわし掴みにできます。
    元々放送大学の教材だったかと思いますので、教科書的紹介風になりますが、壺は押さえていると思います。
    ただし、げしげしと原典(邦訳含め)を読んでいる人間には、少し物足りないでしょうか。
    いずれにしても教科書としては良くできておりますし、対話型授業の教材としての活用も容易かと思います。

  • 明晰性の高いものと低いものとの差が大き過ぎるように感じた。同時に、文章表現力の低さも散見された。しかしながら、扱われるケースに少なからず触れた経験があれば行間を埋めることは容易だろう。
    また、本書は入門書というより問題集に近いように思う。ひとつひとつの問題に疑問を持った際にヒントを得るくらいの気持ちで読むべき。あくまで考えるための道筋を提示するにとどまる本書に「入門書」としての過度な期待はしない方が良いかもしれない。

  • 読んでいくうちに、結局どうだっていいじゃねぇかと思った。
    でも、得るものはあったと思う。
    試行してみて違うと言えるようになるのは進歩だと思う。

  • 何が正しい判断なのか。公平とは何かを考えさせられる。

  • [ 内容 ]
    本書の狙いは、昔の話をすることではない。
    現代世界の倫理構造を明らかにして、21世紀の文化の骨格を示すこと、21世紀で有効となるような倫理学の輪郭を描き出すことである。

    [ 目次 ]
    人を助けるために嘘をつくことは許されるか
    10人の命を救うために1人の人を殺すことは許されるか
    10人のエイズ患者に対して特効薬が1人分しかない時、誰に渡すか
    エゴイズムに基づく行為はすべて道徳に反するか
    どうすれば幸福の計算ができるか
    判断能力の判断は誰がするか
    「…である」から「…べかである」を導き出すことはできないか
    正義の原理は純粋な形式で決まるのか、共同の利益で決まるのか
    思いやりだけで道徳の原則ができるか
    正直者が損をすることはどうしたら防げるか〔ほか〕

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 内容は「最大多数の最大幸福」を原則とする功利主義に批判的検討を加えつつその代案を探っていくというもの。
    章ごとに「10人の命を救うために1人の人を殺すことは許されるか」などのテーマが設定されており読みやすい。ただ、必ずしもテーマの問いに答えが与えられるわけではない。判断は読者に半分委ねられている。

    「囚人のジレンマ」が示唆するのは民主主義の欠陥である(個々人の欲望に従った選択は本人にも他人にも不利益をもたらす可能性がある)と指摘しているのは興味深い。が、本当にそうだろうか。囚人のジレンマの仮定に登場する囚人たちは互いにコミュニケーションを禁止されている。しかし現実社会の民衆は自由にコミュニケーションをとることができる。まして今はインターネットの時代である。みんなで何か重大な決定をする際には、十分な議論を尽くして合意を形成しておくことはできるはずだ(少なくとも論理的には可能だ)。現代人は社会から独立したアトムではないし、であるべきでもない。

    終わりに近い章では、「正義は時代や場所によって変わるもの」という相対主義のもっともらしい言説の矛盾を説いている。相対主義のレトリックは、過去の事件(戦争など)を評価するときに使いがちなので注意しなければならない。

  • http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BN15907575

全44件中 1 - 10件を表示

現代倫理学入門 (講談社学術文庫)に関連する談話室の質問

現代倫理学入門 (講談社学術文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

現代倫理学入門 (講談社学術文庫)の作品紹介

本書の狙いは、昔の話をすることではない。現代世界の倫理構造を明らかにして、21世紀の文化の骨格を示すこと、21世紀で有効となるような倫理学の輪郭を描き出すことである。

ツイートする