源平の盛衰 (講談社学術文庫)

  • 30人登録
  • 3.70評価
    • (2)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 上横手雅敬
  • 講談社 (1997年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061592759

源平の盛衰 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

  • 平家物語の時代に至るまでの平氏、源氏の流れや当時の歴史背景、また同時期に世界で何が起こっていたか等の記載はとても参考になりました。土地柄や人柄、武者とは何か、こういう知識があると物語や行為にこめられていた意味などがよくわかる気がします。平泉の歴史や当時の日本の「国」と言う感覚についても詳細に書かれており、とても興味深いものでした。あの時代の動乱を、少し離れた場所から見ていた人物のエピソードなども面白かったです。とても幅広く、深い内容なのに、書かれている言葉も優しく読みやすく、とても理解しやすいものでした。また、一つ一つの節が長すぎず、割と「今日はここまで読もう」と言うのがしやすくて助かりました…割と大事なので、こういうこと。

  • 基本的に元々概説書だったので、読みやすいし、この時代のイメージを掴む上で良書だと思います。

    複雑な時代なので何回か読んで身に付くような感じです。

  • 元は1シリーズの概説書だったらしいです。
    とてもわかりやすく、読みやすい本です。
    この時代を手軽に学びたい方必読。

全3件中 1 - 3件を表示

源平の盛衰 (講談社学術文庫)の作品紹介

平安末期の歴史の転換期にあって、源氏と平家の明暗を分けたものは何か。本書は保元・平治の乱から富士川の戦いを経て一ノ谷・屋島・壇ノ浦の合戦に至る平氏一門の栄華と滅亡、そして頼朝の挙兵と鎌倉幕府成立までを詳細に解説。また後白河法皇、平清盛や木曽義仲、源義経など歴史を動かした人物像を生き生きと描き、緻密な史料分析で『平家物語』の虚構も指摘。

源平の盛衰 (講談社学術文庫)はこんな本です

ツイートする