古道―古代日本人がたどったかもしかみちをさぐる (講談社学術文庫)

  • 28人登録
  • 3.89評価
    • (3)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 藤森栄一
  • 講談社 (1999年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061593756

古道―古代日本人がたどったかもしかみちをさぐる (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 独特の文体に慣れるまで辛抱して読んでいると、ある瞬間、突然、視界が開けます。

    「道」

    人は、人のことを、もっとプリミティブに考える習慣があって良いと思う。

    そういう教育が、あって良いと思う。

    嬉しい一冊でした。


全1件中 1 - 1件を表示

藤森栄一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
オイゲン ヘリゲ...
有効な右矢印 無効な右矢印

古道―古代日本人がたどったかもしかみちをさぐる (講談社学術文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

古道―古代日本人がたどったかもしかみちをさぐる (講談社学術文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

古道―古代日本人がたどったかもしかみちをさぐる (講談社学術文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

古道―古代日本人がたどったかもしかみちをさぐる (講談社学術文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

古道―古代日本人がたどったかもしかみちをさぐる (講談社学術文庫)の作品紹介

人の歩行が途絶えると道はたちまち藪に埋れてしまう。しかし人々は、祭祀の道具や生活の跡をみちばたに残していった。さらに古い道は、食物を拾い、カモシカやイノシシの後を追った跡に重なる。消えた古道を発掘し、人々の生きた証しをたどるロマンあふれる藤森考古学の傑作。

古道―古代日本人がたどったかもしかみちをさぐる (講談社学術文庫)はこんな本です

ツイートする