恋愛と贅沢と資本主義 (講談社学術文庫)

  • 275人登録
  • 3.52評価
    • (10)
    • (16)
    • (32)
    • (4)
    • (0)
  • 20レビュー
制作 : 金森 誠也 
  • 講談社 (2000年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061594401

恋愛と贅沢と資本主義 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 野心や華やかさを求める気持ちなどがら贅沢を発展させた。人を贅沢に向かわせる原動力に女性の存在があった。資本主義発展の要因に禁欲や勤勉ではなく、「感覚的な喜び」とするあたりが異色で魅力的だった。

  • ゾンバルト 「 恋愛と贅沢と資本主義 」 ケインズの有効需要概念に基づき、身近な例により 資本主義経済の発展を説明した本。まとめると、女性がリードする恋愛=贅沢の源泉→贅沢=新しい欲望=新しい需要→資本主義経済の発展といった感じ。

    経済学は意外と人間的であることに驚いた。資本主義社会においては 人間の欲望(需要)を飽和させないことが 国の経済水準を下げないポイントということになる


  • ウェーバーにならぶドイツの経済学者による一冊。18-19世紀の風俗史としても秀逸といえる。

    某関西圏の勘違いしっぱなしな市長が、大通りに居住用建物の建築許可を緩和するに当たり『社長の皆さんには、愛人を囲ってもらって当該市の景気回復に当てて頂きたい』みたいな話をしたのは、この御本でもお読みになられたからか。

    経済の一側面、ということなんでしょうな。

  • 世の中は、男が女性に高価な贈り物をしたり、贅沢をしないと、うまくいかなくなる。 
     中世の貴族たちの恋愛と贅沢三昧がなければ、資本主義は生まれなかった。 貴族が愛妾に貢いだり、豪華絢爛な宮廷生活、祝祭の贅沢があったから、音楽家や画家、馬具や装飾品の職人、大工などの市民が潤った。 最高の贅沢品だった香辛料や香水、医薬、染料、極上の絹、象牙、陶器などを求めたから、植民地貿易が発達した。 

    今の日本も、ステータスやゆとりを感じられる高級品をもっとつくって、海外で売らなければ。 新興国で安物を売ったり、日本へ逆輸入している場合ではない。いろんな意味で、恋愛と贅沢は的を得ている。

  •  一時期はマルクスかゾンバルトか、と言われたほどもてはやされたという著者の代表作。資本主義が生んだのは何か、というのがメインテーマ。結論を言えば女性が宮廷で影響力を増して奢侈にかけるお金が増えて、高級品の供給量を増やすために資本主義が発生したということらしい。
     中身の半分近くは取引の情報などであまり読まなかった。読んでも数字が大きいのか、小さいのか分からない。現在の単位との比較がないため全然目安が付けられなかった。

  • 資本主義の誕生を貴族の贅沢の延長線上に捕え、彼らが買い集めた奢侈品こそが源泉なのだとする本書はヴェブレンの『有閑階級の理論』と共同戦線を結び、ウェーバーの『プロ倫(略)』と対峙するかに見えてその実補完関係を形成する。貴族的贅沢も宗教的禁欲も、共に資本主義に至る道は用意されていたという事なのだ。そして本書が魅力的なのはそれに加え、ルネサンス以後における愛の世俗化の道を巧みな文学的表現と様々な資料の引用によって描き出している所にもある。15世紀末のローマは娼婦が人口の7%強を占めいてたとかインド人もびっくり。

  • 固い学術書かと思って読み始めた。
    学術書であることは間違いないが、ずいぶん雄弁な語り口で驚いた。
    訳者によれば、経済史家として稀に見る名文家だそうだ。
    なるほど、そんな感じがした。

    貴族からブルジョアの贅沢を支える生産機構が、資本主義の体制を作り出した・・・というのが骨子であるそうだ。
    西洋史自体に知識がなく、ピンとこないところもあるのだが・・・
    (実際、フーコーとかも、どこに注意を払って読むべきか、困ってしまうことが多い。)
    屋外で、大勢の家来に大盤振る舞いをするという「男」的な贅沢のありかたから、都市化が進んで、大勢の家来がもてない生活となることにより、贅沢が家庭の中に囲い込まれていくという指摘は面白かった。

  • タイトルからラノベ臭がしたので買った。ウェーバープロ倫とあわせてよんだ。ウェーバーが資本主義成立の原因を行動的禁欲に帰したのに対して、ゾンバルトは一見真逆の奢侈こそがその原因だとした。一読した程度での理解だが、ウェーバーが分析しているのは生産側の要因で、ゾンバルトは消費側の分析だったので、両者の主張は両立し得るものであるように思う。
    同じ現象を分析するにしても、現実のどの部分を切り取って分析するかによって全く異なる説明がなされるのは、社会科学の難しいところでもありまたそれが面白いなとも思った。

  • b aug5,12
    r aug11,12

  • ブックオフで見つけたとき、題名からポストモダンでニューアカのオッペケペーな本かと思ったら、マックス・ウェーバーと同時代のドイツ人経済学者だったw。資本主義の成立は女のための贅沢が宮廷から市民に移行していく過程に負うものである、と努めて実証的に書いてある。たまにはこういうかっちりした本を読まないと頭が悪くなるような気がするw。

全20件中 1 - 10件を表示

恋愛と贅沢と資本主義 (講談社学術文庫)のその他の作品

恋愛と贅沢と資本主義 単行本 恋愛と贅沢と資本主義 ヴェルナー・ゾンバルト
恋愛と贅沢と資本主義 (講談社学術文庫) Kindle版 恋愛と贅沢と資本主義 (講談社学術文庫) ヴェルナー・ゾンバルト

ヴェルナー・ゾンバルトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
三島 由紀夫
マルクスアウレー...
デール カーネギ...
マックス ウェー...
マックス ヴェー...
ウィトゲンシュタ...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

恋愛と贅沢と資本主義 (講談社学術文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

恋愛と贅沢と資本主義 (講談社学術文庫)の作品紹介

著者はM・ウェーバーと並び称された経済史家である。ウェーバーが資本主義成立の要因をプロテスタンティズムの禁欲的倫理に求めたのに対し、著者は贅沢こそそのひとつと結論づけた。贅沢の背景には女性がいて、贅沢は姦通や蓄妾、売春と深く結びついていたというのである。かくて著者は断ずる。「非合法的恋愛の合法的な子供である奢侈は、資本主義を生み落とすことになった」と。

ツイートする