シドモア日本紀行: 明治の人力車ツアー (講談社学術文庫)

  • 41人登録
  • 3.18評価
    • (0)
    • (2)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 外崎 克久 
  • 講談社 (2002年3月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061595378

シドモア日本紀行: 明治の人力車ツアー (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

  • 文明開化時に横浜で暮らしたエリザの日本旅行記。日本讃歌。裸で田植えをする農民達の健康的な明るさに驚いたり、握り飯と酢漬けの魚、お茶のみの質素な食事で、一日中滑走する人力車夫への感心など、愛情深い考察が綴られる。素朴で温かく健全な日本人のエピソードが沢山でてきて、私も新たにルーツをしり、誇りに思えた。

  • 明治期、アメリカ人のシドモア女史が日本を紹介しているガイドブックのようなもの。シドモアは人力車に乗り、日光にも箱根にも京都、奈良、神戸へと足を伸ばし、各地を観光し文化、風習を細やかな視点で紹介しているのが読んでいて楽しい。 彼女は日本人、日本を深く愛し、後には母国アメリカに3000本もの桜を植樹した。春になるとテレビで見るポトマック湖畔の桜並木は彼女の熱意によって植えられたものだ。現在では8000本にもなっているそうだ。 彼女の賞賛する日本は、この度の東日本大震災で日本を賞賛してくださった海外の方々とまるで同じに感じられる。曰く、日本人は忍耐強く、どんな状況であっても暴動など起きる風もなく礼儀正しい等々。現代の私たちは、近代化したコト、モノ、カネ、キョエイを身にまとい、すっかり日本人としての矜持をなくしてしまったかのように思われていたが、でもそんなモノを今回の大震災で等を取り去ってみたら(取り去られてしまったら)、私達の核にはちゃんと明治期の凛とした日本人の魂が宿っていたのですね。 「地震」、「日本語のむずかしさ」を書いている部分が特に面白く興味深かった。 明治の日本(日本人)を知る上で楽しいが、読み易さでいったら『勝海舟の嫁 クララの明治日記』の方が上かな。

  • 日本の曖昧力より

  • まさしく「古き良き日本」って感じ?でも同和問題とか「無宗教と言う日本人が多い」とか、そういうのって今でも変わらない、というか、昔からそうだったのね、と思う。

全4件中 1 - 4件を表示

シドモア日本紀行: 明治の人力車ツアー (講談社学術文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シドモア日本紀行: 明治の人力車ツアー (講談社学術文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

シドモア日本紀行: 明治の人力車ツアー (講談社学術文庫)の作品紹介

人文地理学者で無類の親日家のE.R.シドモアは、ポトマック河畔の桜植樹の立役者でもあった。明治十七年の来日以降、たびたび日本を訪れ、人力車で全国各地を駆け巡り、鋭い観察眼で明治中期の日本の世相と姿を生き生きと映し出す。自然と共に生きる日本の歳時伝統と日本人の優しい心。日本を愛したアメリカ女性の描く日本印象記の傑作。

シドモア日本紀行: 明治の人力車ツアー (講談社学術文庫)のKindle版

ツイートする