海と列島の中世 (講談社学術文庫)

  • 61人登録
  • 4.05評価
    • (6)
    • (8)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 網野善彦
  • 講談社 (2003年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061595927

海と列島の中世 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

全5件中 1 - 5件を表示

海と列島の中世 (講談社学術文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海と列島の中世 (講談社学術文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海と列島の中世 (講談社学術文庫)の作品紹介

海は柔らかい交通路である。それは自在な交通を許し、人と人を結び、文化同士を融合させる。本書では全国の中世海村・海民の姿が、綿密な現地調査と文献から浮き彫りにされてゆく。中国大陸・朝鮮半島・日本列島をまたにかけた「倭寇世界人」を生み出した海のダイナミズムを探り、東アジアに開かれた列島社会の新鮮な姿を描き出す、網野史学の論集。

海と列島の中世 (講談社学術文庫)はこんな本です

海と列島の中世 (講談社学術文庫)のKindle版

海と列島の中世 (講談社学術文庫)の単行本

ツイートする