現代政治学入門 (講談社学術文庫)

  • 203人登録
  • 3.33評価
    • (11)
    • (19)
    • (47)
    • (8)
    • (2)
  • 23レビュー
制作 : 添谷 育志  金田 耕一 
  • 講談社 (2003年7月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061596047

現代政治学入門 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本を読む価値は相当低かったのではないか。読書経験は常に失敗とともにあるが、これはその典型だった。政治学の入門書は他にも多くあり、わざわざこれを読む必要はない。

  • 邦題の『現代政治学入門』でもよいが、原題の『What is Politics?』のほうが的確に内容を表している。
    「政治とは何か?」というよりは「政治学とは何か?」という内容である。
    本書はあくまでアメリカ式の「政治科学」ではなく、イギリス式の「政治研究」について述べているが、個人的にはこのイギリス式の方が親しみやすい。
    読者想定を大学の新入生としているが、政治学を学ぶとはどういうことなのか、どういうアプローチをしていくべきなのかということを様々な角度から説明してくれている。
    なので、手っ取り早く今の政治について知りたい人には向かない。
    本書でも述べているとおり政治学は、「方向性」をもったり、「プログラム性」をもった学問ではなく、例えば、「哲学」「理論」「歴史」「経済」等の多くの事象と相互関係にある学問かつそれを自由に放浪する学問だからであるということがよくわかる。
    これは丸山眞男が行っていた研究スタイルに近いというかほぼそのものであろう。
    初版が1990年と多少内容的に古い事柄もあるが、政治学入門書としては十二分に耐える作品だと思う。

  • 途中で断念。直訳調。

  • 日本の視点でなくイギリス視点の論説。
    イギリスの大学の教養レベルは非常に高いことがうかがえる。
    日本の政治学書籍を多読する方に新たな側面を示してくれる。

  • 本書は政治学の概論である。個人的にはものすごく勉強になったし、同時に政治学に対しての興味が増した。本書を読んで、政治学は社会科学の諸学問の中でも特に洞察が鋭い学問だなと感じた。これを足がかりに、もっと政治学を構成する各論について学んでいきたい。

  • 英国流の政治学のガイドブック。政治学とは何かということと、政治学の全体像を俯瞰する内容。政治学とは何かを知りたい人、政治学部に在学している学生はぜひオススメしたい。
    ただ、飽くまでもガイドブックであるので、内容に面白味はない。しかしながら、ここまで政治学の全体像をうまくまとめている本は少ないので、読む価値は十分ある。

  • 政治学とは何かを探求する。イギリスの話が多いが、考えさせられる一冊。

  • 政策過程について学ぶ上で、政治学についての学びを進めるために諸入門書を読んでいる。

    入門書によくあることだが、読者が期待する入門書たりえない場合が多い。本書もそれに近いものであるが、比較的平易な内容であるため読みやすくはある。

    私自身はアウトラインを学んでから専門を学ぶことを得意としている。しかし、本書ではアウトラインが初学者にわかりやすく示されていない。それでも、非常に興味深い内容であった。

  • 展示期間終了後の配架場所は、1階 学士力支援図書コーナー 請求記号:311//C92

  • 私にとってこの本はとてもわかりやすい。政治の基本がよくわかる。政治としての理論を押し付けることなく、色々な考えがあることを許容する流れに、あっという間に読み進めることができた。今の日本の政治状況を予言するような記載がある。たとえば、政党は議会政治に必要だが、相対的に重要性を失う。そして圧力団体が力を持つと書かれている。圧力団体を旧郵政省の組合や労働連合などに置き換えてみればまさに自民党、民主党どちらも同じ状況にあるではないか。

    あるいは、政治と産業・科学技術の関係についても述べられている。この本では、次のようにある。
    「近代社会において必要とされる経済・社会政策は、命令によって強制できるものではなく、あくまでも説得によるものであり、経営者と熟練労働者の双方を納得させ、その意見に即応するものでなければならない。
    ~中略~
    近代化しつつある政府が技術者と専門家とに依存することに、自由への脅威を指摘する人々もいる。
    ~中略~
    おたがいに(政治と技術者)理解することができずに敵対しあっている「ふたつの文化」が存在しているのは、危険なことである。これに対する答えは、長期的には教育改革しかないが、中期的な解決方法としては科学的問題と政治的争点の双方をもっと効果的に大衆化することである。」

    今の原発問題がまさにその通りだ。確かに報道で多くの情報が出され、書店には原発や原子力に関する本が多く並べられているが、効果的に大衆化(大衆化という言い方は不謹慎かもしれないが)されているのか。

    このように多くの点で現代でも通じる(書かれたのが1990年頃のため、ソビエト連邦などがでてくるが)。

全23件中 1 - 10件を表示

現代政治学入門 (講談社学術文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

現代政治学入門 (講談社学術文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

現代政治学入門 (講談社学術文庫)の作品紹介

政治学とは、社会において利害と価値をめぐって起きる紛争と、その紛争を調停する方法を探る学問である。それは現在の生活を改善するための、非常に有効な事柄を学ぶことにほかならない。政治は何をなしうるか。我々は政治に何をなしうるか。そして政治とは何か。現代人の基本教養・政治学の最良の入門書として英国で定評を得る一冊。

現代政治学入門 (講談社学術文庫)の単行本

ツイートする