現代政治学入門 (講談社学術文庫)

  • 202人登録
  • 3.33評価
    • (11)
    • (19)
    • (47)
    • (8)
    • (2)
  • 23レビュー
制作 : 添谷 育志  金田 耕一 
  • 講談社 (2003年7月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061596047

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
村上 春樹
マックス ウェー...
オルテガ・イ ガ...
マックス ヴェー...
ウィトゲンシュタ...
マックス ヴェー...
ヘミングウェイ
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

現代政治学入門 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

  • この本を読む価値は相当低かったのではないか。読書経験は常に失敗とともにあるが、これはその典型だった。政治学の入門書は他にも多くあり、わざわざこれを読む必要はない。

  • 邦題の『現代政治学入門』でもよいが、原題の『What is Politics?』のほうが的確に内容を表している。
    「政治とは何か?」というよりは「政治学とは何か?」という内容である。
    本書はあくまでアメリカ式の「政治科学」ではなく、イギリス式の「政治研究」について述べているが、個人的にはこのイギリス式の方が親しみやすい。
    読者想定を大学の新入生としているが、政治学を学ぶとはどういうことなのか、どういうアプローチをしていくべきなのかということを様々な角度から説明してくれている。
    なので、手っ取り早く今の政治について知りたい人には向かない。
    本書でも述べているとおり政治学は、「方向性」をもったり、「プログラム性」をもった学問ではなく、例えば、「哲学」「理論」「歴史」「経済」等の多くの事象と相互関係にある学問かつそれを自由に放浪する学問だからであるということがよくわかる。
    これは丸山眞男が行っていた研究スタイルに近いというかほぼそのものであろう。
    初版が1990年と多少内容的に古い事柄もあるが、政治学入門書としては十二分に耐える作品だと思う。

  • 途中で断念。直訳調。

  • 日本の視点でなくイギリス視点の論説。
    イギリスの大学の教養レベルは非常に高いことがうかがえる。
    日本の政治学書籍を多読する方に新たな側面を示してくれる。

  • 本書は政治学の概論である。個人的にはものすごく勉強になったし、同時に政治学に対しての興味が増した。本書を読んで、政治学は社会科学の諸学問の中でも特に洞察が鋭い学問だなと感じた。これを足がかりに、もっと政治学を構成する各論について学んでいきたい。

  • 英国流の政治学のガイドブック。政治学とは何かということと、政治学の全体像を俯瞰する内容。政治学とは何かを知りたい人、政治学部に在学している学生はぜひオススメしたい。
    ただ、飽くまでもガイドブックであるので、内容に面白味はない。しかしながら、ここまで政治学の全体像をうまくまとめている本は少ないので、読む価値は十分ある。

  • 政治学とは何かを探求する。イギリスの話が多いが、考えさせられる一冊。

  • 政策過程について学ぶ上で、政治学についての学びを進めるために諸入門書を読んでいる。

    入門書によくあることだが、読者が期待する入門書たりえない場合が多い。本書もそれに近いものであるが、比較的平易な内容であるため読みやすくはある。

    私自身はアウトラインを学んでから専門を学ぶことを得意としている。しかし、本書ではアウトラインが初学者にわかりやすく示されていない。それでも、非常に興味深い内容であった。

  • 展示期間終了後の配架場所は、1階 学士力支援図書コーナー 請求記号:311//C92

  • 私にとってこの本はとてもわかりやすい。政治の基本がよくわかる。政治としての理論を押し付けることなく、色々な考えがあることを許容する流れに、あっという間に読み進めることができた。今の日本の政治状況を予言するような記載がある。たとえば、政党は議会政治に必要だが、相対的に重要性を失う。そして圧力団体が力を持つと書かれている。圧力団体を旧郵政省の組合や労働連合などに置き換えてみればまさに自民党、民主党どちらも同じ状況にあるではないか。

    あるいは、政治と産業・科学技術の関係についても述べられている。この本では、次のようにある。
    「近代社会において必要とされる経済・社会政策は、命令によって強制できるものではなく、あくまでも説得によるものであり、経営者と熟練労働者の双方を納得させ、その意見に即応するものでなければならない。
    ~中略~
    近代化しつつある政府が技術者と専門家とに依存することに、自由への脅威を指摘する人々もいる。
    ~中略~
    おたがいに(政治と技術者)理解することができずに敵対しあっている「ふたつの文化」が存在しているのは、危険なことである。これに対する答えは、長期的には教育改革しかないが、中期的な解決方法としては科学的問題と政治的争点の双方をもっと効果的に大衆化することである。」

    今の原発問題がまさにその通りだ。確かに報道で多くの情報が出され、書店には原発や原子力に関する本が多く並べられているが、効果的に大衆化(大衆化という言い方は不謹慎かもしれないが)されているのか。

    このように多くの点で現代でも通じる(書かれたのが1990年頃のため、ソビエト連邦などがでてくるが)。

  • まずは巻末、藤原帰一氏が寄稿した解説から読んでみましょう。氏によると「いま本屋さんにいて、このページから読み始めた人、すぐレジに走ってこの本を買うように」とありますので、この文章を読んでしまった貴方!いますぐポチりましょう!
    ・・・という冗談はさておき、この本は現代政治学を初学者向けに書いたものです。初版が1990年なので内容に若干古さを感じる点もありますが、読み物としても充分面白く、読者の期待に堪えうるはずです。

    政治/政治学というものにどことなく胡散臭さを感じてしまう人にこそ手にとって頂きたい。そんな一冊です。

  • 「政治学入門」というタイトルに対して正しすぎて
    入口以外の何物もないのではないかという気がする。

    実に控えめに説明の説明に徹している。
    というよりも、他大学とのそれこそ政治的な配慮でもありそうな気がする(笑)

    そして解説のテンションの高さに驚いた。

    「富も権力も持たない人々がなんらかの影響力を持ちうる唯一の方法として政治は重要である」という言葉を拾ってきた
    訳者あとがきは悪くない。

  • 政治学をこれから学ぼうとする人向けに書いた本。政治学がこれだけ細分化できる、幅の広い学問だということが分かった。自分は大学入学の時、何を勉強したいか(=何を不思議に感じるか)を意識したことはなかった。意識できるほど、ものごとを知らなかったからだろう。大学1年の4月にこの本のような類の本と出会えれば、また違った大学生活になったかもしれない。
    内容は決して分かりやすくはなかった。

  • B.クリック『現代政治学入門』。三人寄れば、多数・少数に分かれ、政治が始まる。私は、これを読んで、考えが少し整理された。同時に、この問題の持ち方は、多くの人が共有出来たらよりよい社会になるなとも。本書は、コンパクトに、分かりやすい言葉を用いて政治と政治学が何を対象とし、どのように改善していくのかを纏めている。マイケル・サンデル『ハーバード白熱教室』や、ジョン・ロールズ『正義論』の復刊など政治哲学が、一部で盛り上がりをみせる現在、まずはこの小著のような書物から入るのが良いと思う。どのような思想を取るにしろ、自分に引き付けて考えやすくなるから。

  •  英国政治学の第一人者だった、バーナード・クリックが書いた(英国の)政治学(≠Political Science)の入門書。彼の本では、これも有名。
    http://www.amazon.co.jp/dp/4000268740
     読み手の頭が残念だからかもしれないが、少し読みにくいかもしれない。日本だと、大体の本がPolitical Scienceである一方で、この本はPoliticsの本だ。そういう意味で読み慣れていないからだと思いたい。
     内容としては、教科書であるから、非常に構成が上手。政治学とは何か、というのをどういう分野があるのか、どんなことを今までの政治学が考えてきたのか、を織り交ぜながら書いてある。
     とりあえず、勉強してから読みなおそう…。。

  • 政治学をこれから大学で学ぼうを思っている人は、是非、読んでみてください。
    そして、ここで書かれている、政治学の対象、目的、方法論は、時々思い出してください。

  • 「小さな政府」を掛け声に、日本では米国譲りのネオリベラリズム(新自由主義)による構造改革が進められている。出来ることは民間に、ある程度のことは市場原理に任せるとのスタンスで、郵政は民営化、社会保険庁も解体的再編など、構造改革が進められています。
    でもネオリベラリズムは何をもたらすか。米国では経済格差が深刻化し、日本も同じ道をたどっている。南米諸国でも米国とIMFの主導でネオリベラリズムが推し進められた結果、経済状態は悪化し、反発で続々と反米左翼政権が誕生している。アルゼンチンの経済危機も記憶に新しい所。
    政治っていったい何なのか?制度って?誰のため?今の日本の政治動向を見ていると、どこか特定の人達のための議論ばかりが浮上してはきえていっているような。消費税率アップの見送りも、ホワイトカラーエグゼンプションも。なんでこんなに理不尽なのか。そんな疑問からふと読んだ一冊でした。

  • うーん、個人的には微妙だった。早く先を読みたいっていう気持ちになれずに、途中で放置。まあこういうこともあるさ。潔さも時には必要だよ。うん。

  • 政治学…なんか、信用ならない気がする。

  • 原題がWhat is politics?だから、政治学を学ぶよりも、政治とは何か、政治学を学ぶということは何か、という議論。いろいろな比喩を使っているのだけど、さっぱり分からない。恐らく、一度しっかり政治学の日本語の教科書を読んだ上で、読むべきなのでは。文末に藤原帰一寄稿文あり。

  • ロンドン大学名誉教授のバーナード・クリックが現代政治学について書いた本。1980年代末に書いた事もあり、ソ連に対する記述もあるなど、時代を感じさせる。

    内容は政治学とは何か、学部でどのように学べばいいのか、はたまたイギリスのどの大学のどのような学部ではどういったことが教えられているのか、というようなイギリス人の学部生、高校生向けの本。時々、政治学の思想や理論について歴史的な人物を出し、解説するが、これが非常にわかりやすい。彼の口語的な文章や表現に不満な人もいるだろうが、個人的には読みやすかった。頭の体操と休憩には丁度良いかも。

全23件中 1 - 23件を表示

現代政治学入門 (講談社学術文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

現代政治学入門 (講談社学術文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

現代政治学入門 (講談社学術文庫)の作品紹介

政治学とは、社会において利害と価値をめぐって起きる紛争と、その紛争を調停する方法を探る学問である。それは現在の生活を改善するための、非常に有効な事柄を学ぶことにほかならない。政治は何をなしうるか。我々は政治に何をなしうるか。そして政治とは何か。現代人の基本教養・政治学の最良の入門書として英国で定評を得る一冊。

現代政治学入門 (講談社学術文庫)の単行本

ツイートする