天皇制国家と宗教 (講談社学術文庫)

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 村上重良
  • 講談社 (2007年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061598324

天皇制国家と宗教 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

天皇制国家と宗教 (講談社学術文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天皇制国家と宗教 (講談社学術文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天皇制国家と宗教 (講談社学術文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天皇制国家と宗教 (講談社学術文庫)の作品紹介

「戦後政治の総決算」とは宗教において何を意味するのか。キリシタン弾圧、仏教への打撃政策、民間宗教の禁圧等により、天皇中心の神道的国民教化に乗り出した明治政府。やがて国家神道は全国民に強制され、昭和期に入ると、政府は治安維持法と不敬罪を武器に宗教弾圧を繰り返し、屈した宗教は戦争協力に狂奔した…。維新から敗戦までの歴史を通じて「国家と宗教」を問い直す。

天皇制国家と宗教 (講談社学術文庫)はこんな本です

ツイートする