ブッダ(3) (手塚治虫漫画全集)

  • 63人登録
  • 3.80評価
    • (7)
    • (7)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 手塚治虫
  • 講談社 (1983年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061732896

ブッダ(3) (手塚治虫漫画全集)の感想・レビュー・書評

  • 3巻まで読。
    手塚先生+歴史大河=素晴らしい!
    これは世界の定説です。
    動物に乗り移れる少年の復讐に燃える顔やら、コマのアップと言う技術も効果的。なんでこんなに続きが読みたくなるんだろう。

  • 死の後に何があるのか?--根源的な問いかけにブッダはとらわれる。

    ミゲーラへの拷問は残虐だ。

    このマンガは理不尽を描いている。理不尽を突き抜けたところに何があるのか。

  • 『ブッダ』。3000ページにも及ぶ、ブッダの一生を描いた長編。仏教に対する手塚治虫流の解釈が散りばめられ、「苦悩するひとりの弱い人間」としてのブッダが鮮やかに、かつ大胆に描かれています。仏教やブッダに対する思想入門書としても最適でしょう。僕にとっては、本書は人生訓としても成り立っています。

    「いつも次のことを考えなさい。いま自分は何をしているか、自分のしていることは自分にとって大事なことなのか、人にとって大事なことなのか、そして大勢の人にとって大事なことなのか!国じゅうの人にとって大事なことなのか、世界の人にとって大事なことなのか、この自然にとって、あらゆる生きものにとって大事なことなのかよく考えなさい」(第4部でのブッダの台詞)を、僕は特によく思い出します。

全6件中 1 - 6件を表示

ブッダ(3) (手塚治虫漫画全集)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブッダ(3) (手塚治虫漫画全集)を本棚に「積読」で登録しているひと

ブッダ(3) (手塚治虫漫画全集)はこんなマンガです

ブッダ(3) (手塚治虫漫画全集)のKindle版

ツイートする