死体が飲んだ水 (講談社ノベルス)

  • 25人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 島田荘司
  • 講談社 (1983年5月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061810693

死体が飲んだ水 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

  • 札幌の実業家が旅先で殺され、バラバラにされて自宅へ送り届けられた。死因は溺死。彼はなぜ殺されなければならなかったのか、そしてどうやって殺されたのか。

    まず、気になったこと。
    札幌での事件の担当が、札幌署の刑事なのですが・・・。
    札幌には札幌署というのはありません^^;
    札幌では区ごとに、北警察署、西警察署、南警察署・・・・となってます。

    1983年に出版された小説なので、JRが国鉄となってました。
    懐かしすぎw

    ストーリー自体はさらっと読めました。
    ちょうど、2時間ドラマの西村京太郎サスペンス!って感じです。
    トリックに時刻表もあったりして (私は時刻表トリックがにがてなので、さらっと読んでしまいましたが。

    そして被害者はなぜ殺されなければならなかったかですが・・・。


    憎むべき相手は彼だったのでしょうか。
    被害者もなぜ殺されなければならなかったのか、理解してなかったと思う。
    過去の事件がきっかけなのですが、その事件は誰の責任か。
    なかなか難しいな。
    ただ、その事件で、田舎特有の村八分状態となり町を追われて、不幸になっていく家族はかわいそうだったけど。
    きっと、だれもが悲しい事件だったために、誰かのせいにしたかったのかもしれない。それが事実と違っていたとしても。

    犯人の動機は理解できるかもしれないけど、殺す相手は彼でなければならなかったのか?  それはちょっと疑問。

全1件中 1 - 1件を表示

死体が飲んだ水 (講談社ノベルス)はこんな本です

ツイートする