姑獲鳥の夏 (講談社ノベルス)

  • 4070人登録
  • 3.78評価
    • (700)
    • (543)
    • (1165)
    • (23)
    • (12)
  • 595レビュー
著者 : 京極夏彦
  • 講談社 (1994年8月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061817982

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小野 不由美
京極 夏彦
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

姑獲鳥の夏 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

  • 京極のデビュー作。
    この頃は普通にミステリとして読んでいたので、
    確かに意表を突いたものであったけど、それは何ともなあとかそう言う感じの感想だった。
    後でシリーズを読み進め妖怪話やそこかしこのお話の面白さを加味する事ができて、ようやくこの話の面白さが理解できた感じ。
    しかし、この厚さが薄いと感じるシリーズになるとは予想はしなかったです。

  • 初京極夏彦さん。

    高校の時にも手に取ったけど、本の厚さに断念。

    意識と心の関係、目で見えているけど認識できない。

    心理的な原因からの高次脳機能障害(?)みたいな感じで、本当にありえそう。

  • だいぶ前に読んだものだけど,ふと,もう一度読んでみようと思って。
    最初に読んだときは,薀蓄に振り回されたような感じで,そちらを理解するのに精いっぱいだった。
    二度目に読むと,物語というか,推理の道筋をしっかり追えるようになったみたい。
    薀蓄部分も含めて,全体がこの作品の魅力ではあるけれど,「ミステリー」としては,当初ほどのインパクトはないなぁ。そこだけを取り出してみると,物足りなさを感じた。

  • はじめて読んだ中学生のときから人生が、読書嗜好を狂わされた一冊です

  • あるものはないし、ないものはない。
    ただそれだけの本だった。言葉には力があり言葉に縛られないものをあるとする。しかし言葉は理解のための身勝手な線引きであり、言外を把握すことは困難だ。だから関口のような部外者が必要なのだろう。
     言葉に力があると思ってしまう私は中盤嫌気がさした九字をきる場面だ。言葉に力があるように見せるあの言葉は苦手だ。私の中で禁忌となっている。たぶんもう読み返さない一冊だった。次の魍魎の匣、読み切れるか不安だ。

  • 読み返すと、意外と面白かった。
    薀蓄本。
    初めてこの本を手にした時は分厚いなと思ったが、巻を重ねるごとに更に分厚くなっていくので読み返した時にはうっす!となる不思議。

  • 平成28年2月4日読了

  • おそらくエログロ系ミステリ小説好きなら誰もが知っている名作。朱雀十五の事件簿シリーズの藤木稟同様薀蓄三昧だが、こちらは薀蓄の話し方に雰囲気があり話し手に対してツッコミを入れる人間がいるせいか読みやすい。(朱雀十五の事件簿シリーズは主人公の朱雀が延々と参考文献からコピペした文章を話しているような感じがしてかつ周りの人間が彼の話に感心しているだけなのでなんかむかつく)話の構成もさながら人間の書き方も魅力的。しかし久遠寺涼子の28歳で誰も未婚とは思わないだろうというセリフは時代を感じさせるなあ。あの時代の28歳といえば今の感覚でいえば35歳くらいだろうか。というか朱雀十五の事件簿に出てくる高瀬美佐と天主沙々羅の容姿のモデルって絶対彼女だよね。

  • 京極堂シリーズ。
    陰陽師の末裔である古書店の主人、京極堂。
    その友人がとある殺人事件に巻き込まれていくが、実は当事者でもあった。記憶、脳の妙。

    トリックは、ふーんという印象だけど、文章がうまくて次へ次へと読み進めることができた。
    民俗学や科学や詭弁が入り混じる会話が面白い。榎木津もイケメンなのにワチャワチャしてて良い。

  • お馴染みの京極堂シリーズ
    登場人物がいっぱいで途中頭の中で糸が絡まったようになってしまいます
    猟奇的殺人…名門女子校…名家…売春…女性の権利…
    何やら難しいことが次から次に出てくる出てくる
    さらに糸が絡まる絡まる。
    糸を手繰り寄せてみると中心に蜘蛛が〜
    読み終わってまた頭に戻って目から鱗。
    「あなたが——蜘蛛だったのですね」

  • 分厚くてずっと敬遠していたけれど読んでみたらおもしろくてびっくり。厚さを感じず一気に読めました。
    筋はちょっと読めたけれど無駄なやり取りも好きな雰囲気でシリーズを読み進めてみたいです。

  • 学生時代にミステリ好きの友人から教えられ、即書店へ走った思い出があります。文体とキャラクターが衝撃的で、あっという間に虜に(笑)。厚いのに全く飽きさせない展開で、サクサク読めました。あらゆる場所に散っていた謎のピースが、一つ残らず明らかになるスタイルなので、スッキリと読み終えることができます。もちろん妖怪になぞらえて進むのも面白いと思いました。

  • はじめ本屋で見た時は、こんなに分厚い文庫本あるのかと思った。こんなに分厚くするなら上下巻に分けたらいいのに。値段もそれなりに高かったが。
    京極堂が主人公。ちょっと、他の主人公より変わっていて面白い。でも、内容は結構凝っていて難しい。意地で読んだ。その後、このシリーズも意地で読んだという事は、やはり魅力あるシリーズなんか。

  • あるバーのスタッフさんのお薦めで一読。
    京極夏彦とか名前は知ってても、電子書籍出したとかなんとかくらいしか知らなくて、こんなに荒俣さんばりに妖怪とかオカルト話が出てくる人とは知らなかった。

    殺人事件が別のモチーフの上で描かれてはいるが、金田◯少年シリーズみたいにただのなぞらえではなく、それなりに別のいかにも科学的にみえるようなオカルト説明がなされていて、「殺人プロデューサー」の存在を必要としない点は、作者の博識のなせる技だろう。

    脳科学や量子力学や認識論のくだりは、ストーリーにはあまり必要はないが、ファンはああいう部分が好きなんだろうと納得。だから分厚くなる。

    うんちく小説としてか、ミステリーとしてか、どういう視点で評価すればいいのかわからないけれど、京極ワールドというものが陳腐な感じなしでしっかり表現されているんだなということだけは分かった。

    ま、楽しかった。

  • 初めて自分のお金で買った講談社ノベルス。色々とトラウマ。

  • とても面白かった。半分読んでもまだ結末全然分からない、こんな本ひさしぶりだった。怪奇的な事柄を理路整然と説明する京極堂、終始翻弄されてる関口君、トリッキーな色男の榎木津など、キャラみんな良かった。
    文章力高い。構成も素晴らしい。京極先生頭いい。

  • とにかく、分厚くて時間のかかるものを、と思って、たどり着いた。
    出だしの認識論というか、京極堂の蘊蓄が長くて、ロシア文学かと思った!
    しかし、読み進めるうちに、妖怪、グロテスク的な要素だけでなく、民俗学やら哲学やら自然科学やら、様々な雰囲気が楽しめるようになった。
    登場人物も個性的で楽しめるので、次に行ってみてもいいかな、という期待の星3つ。

  • 魍魎の匣がとても面白かったので、百鬼夜行シリーズ読破しようと思い手に取った。
    相変わらずの関口君の扱いだったが、今回はその関口君が話の主軸に組み込まれていた。
    量子力学や脳科学、宗教に…と幅広い分野の話が綺麗に事を説明するのに使われていて、流石だなと思った。
    最後の下りの、どんなに悲惨な内容であろうと非現実から現実に戻りたくない…という関口君の気持ちはわかる気がする。

  • 圧巻の妖怪伝奇推理小説!なんとペダンチックな!

  • < 地元図書館にて借りる。>

    《960円》《430頁》《ソフトカバー》《講談社》《図書館》《1994年発行》《第一刷り》

    【良かった点】
    ・関口君と京極堂の問答(自分じゃ考えたことなかった新しい考え。考えさせられる。)
    ・430頁という長さだけど、嫌な長さじゃない。まだ物語は続くのだという嬉しさの類の長さ。
    ・情景の表現力。生々しさと美しさ。
    (風鈴の描写が素晴らしいと思った。美しく、かつ印象的。タイミングも良い。)
    ・言葉の言い回しが、古めかしいながらも、しっかりとしていて調べると面白いし勉強になる。頻度も、そう苦にならない量で好感が持てる。
    ・ラストの清々しさ。
    ・※超個人的思考
    パラケルススだったり、フラスコの中の小人だったりの記述が、個人的に昔調べた事があり(ハリポタファンだった影響で)馴染みがあり懐かしくクスリとした。ホルンクルス出すなら、ゴーレム辺りも出しても雰囲気あって面白いのに思ったけど、コッチは科学ってうよりは宗教だからやっぱ駄目かなー、ん。

    【悪かった点】
    ・最初から京極堂の台詞が小難しさMAX。
    ・全体的に京極堂の台詞凄く分かりづらいね?いや愛しくもあるんだけど。ちょっと、私の頭では・・・何度も半数して、意味をゆっくり咀嚼しないと難しい。とても。

    【良くも有り、悪くも有り】
    ・事件解決に向かうに連れ、エグイ。
    ・ちょっとじれったい
    ・人物のキャラがぼんやりしてるようでしっかりしてるようでぼんやり。

    【感想】
    難しい。特に京極堂が関口君に云々垂れるとこが、面白いだけど、すんごくイチイチ長いし小難しいです。
    タイトルに妖怪の名前出てきてますが、全くファンタジー色はなく、(あ、でも探偵さんの能力はファンタジーだな。神主がめっちゃぽく言ってたけど、ありゃ無理がある)凄く理屈を通して、ミステリーの蓋が開かされていきます。
    最初はうすーい透明な紫って感じですが、後半どろっと血が混じって、でもラストは綺麗に纏めて有る感じ。
    どろっと血が混ざってるとこは、結構エグく、グロいですが、情景描写は美しいと思います。

    全体を通すとどうだろうなあ、よく分らなかったけど、
    途中に出てくる、関口君と京極堂の台詞に時々ハッとさせられて考えさせられました。成程!って自分じゃ気がつけない気付かない考え方に心震わされて、うん其処が良かったな。

    ミステリーの部分はあんまピンときませんでした。
    でも、人間味の描写は結構良かったと思いました。

    全体的には良く分らなかった!こう、なんていうか甘いのか苦いのかっていうのがイマイチ。続編あるみたいだけど、迷ってます。でも、分からないから、また取り合えず口に入れそうな感じがします。

    【印象に残った台詞】
    「この世には不思議なことなど何もないのだよ、関口君」
    →なんか、ホリックの
    「世に不思議は多けれど
    どれほど奇天烈 

    奇奇怪怪な出来事も

    人がいなければ

    人が見なければ

    人がかかわらなければ

    ただの現象

    過ぎていくだけの事柄

    人こそ、この世でもっとも摩訶不思議なもの」

    思いだす。シンプルかつ、印象的です。すき。

    ______________________

    「その記憶ごと君が産まれて来たとしたらどうなんだい?早い話、君がこの世に誕生したのはついさっき、ここに来る直前で、君はそれまでの記憶をいっさい持ったまま、ぽこんとこの世に生まれ出たのだとしても、今の君には区別することはできないじゃないか。違うかね。」

    →目から鱗。高校の時、現社の先生が人は自分の顔を見ることは一生ない(鏡越しで見ることしか出来ない)って言ってたのと同じぐらい。こういう考え方もあると思うと、... 続きを読む

  • 独特の雰囲気は良かったものの京極堂の薀蓄語りが長く適当に読み飛ばしたところ、いまいち結末の理解不足に陥ってしまった。

  • 著者にしては薄い本なのだろうけど、テンション持続しなかった。オチが見えた。

  • 京極夏彦作品初読了。慣れないうちは冗漫で退屈に感じられたが読み終えたときの達成感が心地よかった。京極堂の薀蓄が伏線となり後になってその意味を持ってくる仕掛けは面白かった。

全595件中 1 - 25件を表示

姑獲鳥の夏 (講談社ノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

姑獲鳥の夏 (講談社ノベルス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

姑獲鳥の夏 (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

姑獲鳥の夏 (講談社ノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

姑獲鳥の夏 (講談社ノベルス)の作品紹介

うだるような暑さの中、急にひんやりとした締め切った部屋に入り眩暈を覚えるような、抜け落ちた記憶を必死に集めようとしてもどかしさを感じるような、過去からの因縁を断ち切れず苦悩するような、京極夏彦の「姑獲鳥の夏」は登場人物の気持ちのかけ違いによって引き起こされる悲劇です。だから、不思議なことなど何もないのです。

ツイートする