魍魎の匣 (講談社ノベルス)

  • 3777人登録
  • 3.88評価
    • (744)
    • (395)
    • (958)
    • (20)
    • (0)
  • 411レビュー
著者 : 京極夏彦
  • 講談社 (1995年1月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (684ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061818125

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
京極 夏彦
有効な右矢印 無効な右矢印

魍魎の匣 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

  • あれほどボリュームがあって、濃いストーリーだった「姑獲鳥の夏」が、まるで序章であったかのような、そんな気さえする。
    なんだ?この世界は?まさに、「みっしり」と詰まっている。

    思春期の少女たちの幻想と現実に翻弄されつつ、
    刑事、木場修太郎の匣。
    孤独な若手幻想作家、久保の匣。
    元女優、美波絹子の匣。
    登場人物たちの様々な匣の中をのぞいてゆく感じ。

    物わかりの悪い作家、関口にイライラしつつも、そのおかげで内容を深く理解することができる。
    とぼけていながら核心をつく探偵、榎木津が周りを振り回し、クライマックスに向け、憑き物落としに立ち上がる古本屋、京極堂。
    そして、匣は壊されてゆく・・・

    とにかく物語に入り込みすぎて、その匣を覗いてみたくなったことは、もちろん、危うく、ほんの一瞬だが、その匣に入ってみたい。と思ってしまった。
    かなり、危険である。

    読了後はかなりの達成感。面白かった。

    そして、憑き物落としの京極堂こと中禅寺秋彦に魅せられた。

  • 2002年8月20日読了。以下、過去の日記から抜粋。

    京極堂シリーズ第二弾の再読が漸く完了。
    この作品はシリーズの中でも特に(身内では)人気がある作品で、
    京極ファンならば一度は使ったことがあるはずの「みっしり」
    という(あくまでも狭い範囲での)流行語まで登場した代表作。
    しかし、私が覚えていたことといえば、
    「みっしり」「ほぅ」「筥」「バラバラ殺人」程度。
    だから、これまた新鮮な気持ちで読み返すことができたのである。
    ちょっと情けなくも悲しい話ではあるけれど。

    この物語の中でも京極堂は多くの言葉を語るわけであるが、
    「悲しい生い立ちを負った者が全て犯罪者となるわけではない。
    犯罪を起こす時には必ず何か契機がある」といった内容のことを
    怒鳴るシーンがある。これは小説世界に限ったことではないのね。
    私達は大なり小なり事件が起これば、犯人の情報が公開され、
    その中で結構強引にでも辻褄を合わせようとすることが多々ある。
    それは歴とした犯罪心理学における科学的実証法の一つでもあるけれど、
    素人判断で当人の全てを決めようとするのはやや浅はかではないかと、
    日頃からちょっと気にかかっていたことを京極堂が叫んでくれていた。
    ちょっとびっくりして、ちょっとすっきりした。

  • 京極夏彦は悪魔の憑く天才なのか。
    否、魍魎の憑く天才なのだろう。
    そもそも人間がこんなものを書けるのか。
    キチガイでなければこんな本は
    書けないんじゃないだろうか。
    世にこんな作品があるのならば
    推理小説家を志す者たちは
    絶望するんじゃないだろうか。

    ーーが読んだ第1の感想。
    大衆文学としての1つの集大成をここにみた。

    まず本の厚みもさることながら
    その内容の重厚さ。濃厚さ。
    これだけの長いストーリーながら
    一片の無駄さも感じられない
    ストーリーの組み立ての圧倒的技巧。

    謎解きに約100ページを費やしながらも
    その謎1つ1つの美しいまでの完璧な綿密さ
    そして裏切りと衝撃たるや。

    違和感を感じていた足りないピースを
    1つずつ正確に埋めて構築されていく
    パズルの完成画には多くの衝撃を与えられたが
    中でも個人的に肝を抜かれたのは
    美馬坂近代医学研究所の正体、
    そして何より旧仮名遣いの作中作の全容。

    1ページ目を開けた時点で
    既に京極夏彦が構築した摩天楼の片鱗を
    知らず知らず覗かされていたことに
    読了した後に気づかされる。

    また、ストーリーの展開の静と動の
    使い分けの巧さにも舌を巻く。

    雪崩の様に襲いかかる展開の猛威を断ち切る様な
    随所に見られる余韻を残す幕の切り方。

    魍魎に憑かれていたのは京極夏彦の本を開き
    作者の術中に容易に捉えられていた者達の方なのであろう。

  • 京極さんの作品、
    初めて読みました。

    主要人物たちのやりとり、
    淡々としてるのに、
    くすりと笑ってしまう文体が
    味があって好きです。

    話は哀しいです。
    後半すいすい、
    読むのが止まりませんでした。

  • 前作から2ヶ月後にこの事件・・意外と関口さんタフ。
    同一か関係があると思っていた事件は事件内容としては
    全く別事件だったけど実は元を辿ればやっぱり1つだったという混乱しそうな内容。

    前作に増して重くて衝撃的な内容。

    魍魎は姿形がはっきりしないまやかしみたいなものってことなのかな・・

  • ミステリーとして構築が凄い。未知のものを扱う仕事を分類する部分はそれ自体が読む価値あり

  • 金銭的な利益のために、人を生かし続ける。

    生きると言っても、ただ心臓・その他臓器を動かしているだけ。

    まあ、母親・血縁としては、それでも生きていてほしい思いはあるのかなあとは思うけど。

    時代としては、戦後何年の設定だけど、今、問題になっているような事柄だな。

    函はありえないけど。

  • 魍も魎もこの作品のためにある言葉だとしか思えない。よくもまあこんなに不気味な話や人間を書けるなあ…。この作家さんの凄いところは話の内容だけでなく人間の不気味さもやめてくれというほど書けるところと文章自体もそれだけで不気味だというところ。多分日本語がわからない外国人がこの本を棒読みで朗読してもらっても不気味さが伝わるんじゃないかと思うくらい。グロテスク、ではなく不気味。(グロテスクな描写が上手い作家は結構いても不気味さをこれだけ醸し出せる作家はあまりいないような気がする)

  • 長い道のりをのりこえて、ようやく読破。
    おどろおどろしい妖怪の描写に引き込まれる事は無かったが、殺人事件の情景と結びついたラストが印象的。
    このシリーズをなめてみたい気はするが、一冊読むのにかなりのパワーをかけなければならないのが、考えどころ。

  • 京極堂のうんちくにも慣れてきた。脇役の人達の存在感も凄いし、登場人物全員が主役みたいな感じがする。ほんま凄い!
    つか、『あのこと』について引っ張り過ぎ!分かってた事やん!

  • おどろおどろしくて構成がしっかりしているミステリ。合わせ鏡のような感じで実態がわからなくなっていくのだけれど浮かんでくるイメージが生々しくて恐ろしいのに惹かれる。

    これを彼女と一緒に読むのはどうなんだ、寧々さんホラー好きだからいいのかな。

  • 2015年1月再読(分冊文庫版)。時代設定が現代でないし、登場人物の価値観がニュートラルなので、いつ読んでも内容が古びないのがいい。パズル的にいろんな要素が複雑に絡み合っているのが楽しい。映画では、青木が頼子の死体を発見するところが一番印象に残っていたな。

  • 圧倒的としか言えません
    京極堂や榎木津のキャラクターもいいですし何より謎の解決が凄すぎます
    ホラーともSFともミステリーとも言えるこの小説は文学史に刻まれてしかるべき逸品だと思います

  • お遍路後半から大阪にかけて、さらに家のお風呂で細々と読んでた。
    先に女郎蜘蛛読んじゃったから前後しちゃったんだけど、やっぱり知的に面白いなー!
    木場さんが自分は箱にすぎないって思い悩むところとか、魔が差す瞬間とか、きっと誰でも考えたことがあるようなことなんだろうなってすごく思った。

  • ・・・SFだ(笑)。

    まあでも、悪い意味ではないけれど。


    独特の文体と世界観で、目が離せずに読み切らさせられた。

    ★3つ、7ポイント半。
    2014.07.04.了。

  • 再々読でようやく、なんとなく解ってきた。
    複数の事件が気味の悪い符合を見せ、それでいて異なる様相を見せているのがまるで「魍魎」のようである――「百鬼夜行」シリーズの中で一番、事件と妖怪が上手くリンクしている。
    そして、京極さんは素敵な文章をお書きになるなあと思いました。
    しっとりした雰囲気、寂しげな雰囲気、切羽詰ったスピード感……物語の中に没入できる感じ。

    このお話のテーマ(?)の一つは「気味の悪い符合」だと思うのですが、
    全員が美馬坂近代医学研究所に集まるまでの文章表現は素敵でした。
    緊張感もあってどきどきした。

    加菜子にしろ頼子にしろ、久保にしろ、痛々しいのが最高。
    一番は陽子かなあ……
    何度読んでも新しい発見があるから、今後も愛読していきたい

  • 薀蓄が難しかった。メイントリックだけ取り出すと、荒唐無稽なファンタジーである。現代医学でも不可能なことが、当時可能だったとは思えない。

  • 日本推理作家協会賞(1996/49回)

  • すごい。分厚いのに一気に読めた。

  • 京極夏彦の最高峰に異論ないだろ的作品。ま、個人的には鉄鼠の檻なんだけど、もちろん魍魎の匣に文句はないです。

  • 匣のお話です。
    美少女も出てきます。
    名探偵も刑事も祈祷師も女優も作家も倒錯者になった人も出てきます。
    拝みやが絡んで取り返しのつかないところで終わります。

  • 前作の姑獲鳥の夏で狂言回しの特徴は掴めていたので、あんまり引っかからずにスムーズに読めました。
    前作に比べての作者の力量アップが感じられ、ダレる所もあまり無く、最後の没入感は凄かったです。
    ただ解決パートで、個人的には分かりきってるところを2度3度説明されるのにはちょっと閉口してしまったけれども…

全411件中 1 - 25件を表示

魍魎の匣 (講談社ノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

魍魎の匣 (講談社ノベルス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

魍魎の匣 (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魍魎の匣 (講談社ノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

魍魎の匣 (講談社ノベルス)の単行本

魍魎の匣 (講談社ノベルス)の文庫

ツイートする