詩的私的ジャック (講談社ノベルス)

  • 1418人登録
  • 3.37評価
    • (72)
    • (144)
    • (473)
    • (18)
    • (3)
  • 129レビュー
著者 : 森博嗣
  • 講談社 (1997年1月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061819412

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

詩的私的ジャック (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

  • S&Mシリーズ。
    この題名好き。勢いがあって良い。

    密室殺人がこれでもかというほど立て続けに起こるのに、
    全然それを重要視してなくて、さらっと解かれてしまう。
    重要なのは
    「なぜそんなことをしたのか」ということのみ。

    萌絵ちゃんと犀川先生の心情描写がいい。
    特に
    『「寂しい」という感情は、何故か「寒い」という体感に似ている。人間の精神防衛システムは、メンタルな障害をわかりやすく、フィジカルに表現しようとするものだ。』
    この部分が好き。
    あと、
    『相手の思考を楽観的に期待している状況・・・、これを甘えている、というんだ。いいかい、気持ちなんて伝わらない。伝えたいものは、言葉でいいなさい。それが、どんなに難しくても、それ以外に方法はない』
    って先生が萌絵ちゃんに言うところ。
    理系のミステリーといわれているけど、こういう部分はものすごく心理的。
    そしてそのまま勢いあまってプロポーズする萌絵ちゃんもいいw

    ミステリーじゃない部分がとてもおもしろかった。
    人間て、難しいね。

  • 今回は萌絵が奮闘する回。犀川は基本現場にいないし(もはや中国行ってたり。)、いつも以上に事件に興味はなさそう。
    だからといって萌絵が頑張って推理する......と行きたいところだけども萌絵の頭の中は実は犀川でいっぱい(笑)
    大好きなんだなぁ、と。現実にいたら萌絵は厄介ものでしかなさそうなものだけども応援してしまう。犀川先生も若干(?)萌絵への接し方も変わってて、ミステリでありつつも、普段とは違う味を楽しめた気がします。
    そして犀川先生の脳内描写が多かった(気がする)。 とても癒されました。
    もちろん、連続殺人はいつも通り奥が深くてページをめくる手が止まらず。寝不足です(笑)

  • “すべてはFになる”から始まるS&M(犀川助教授&萌絵)シリーズ第4作目。

    犀川先生の論理的な思考と、萌絵の図々しいお嬢様らしさを楽しむことができれば
    このシリーズを堪能できると思う。思うのだけど、個人的には萌絵が嫌いで仕方がない。

    それでもついつい読んでしまうのは、やっぱり森博嗣の作品がおもしろいからなんだろうなぁ。


    犯人探しは容易だからそれが主題ではない。
    そして犯人の動機がまたまた理系(といったら失礼かな)で、
    他人を許容することができない個人の心理を、あくまでもひとつのピースとしてトリックを暴く犀川先生の淡白な反応が更に理系。

    犯人の特定や動機を解明することがミステリーの全てではないだなんて、やはり今までにないミステリー作品なんでしょうね。

  • S&Mシリーズ4作目。再読。
    トリックだけでなく、キャラや会話や思考が好き。

  • 「英語で言える?」
    この問いに尽きる。

    萌絵ちゃんに感情移入しすぎて、今回は辛いシーンが多すぎた。
    最大限の譲歩で「大人になったね。」と犀川先生が萌絵ちゃんの事を少しは認めてくれたのだと思うことにしよう。

  • メモ:動機と犯罪の構造が、「冷密」と対の関係になっているような気がした。
    犯人の動機は説明して分かってもらえるものなら初めから殺さない、という言葉に、ホワイダニット型のミステリに対するちくりとした批判精神を感じた。

  • 本作は推理を楽しむというよりは人間描写を楽しみました。
    あとは犀川先生と萌絵のやりとりが良い!
    犀川先生の哲学にも考えさせられることが多いし。

    人間の純粋さはベクトルによってこうも違うものか、と感じました。

  • 何もかもが格好いい一冊。まず今作で特に魅力的なのは、人間の心の推移や変化、感情など人間の内的な部分を、非常に理系的な視点から描いているところ。自己分析の場面が多く、その人間の価値観を基に自己を論理的に定義しようと努める場面や、人間の(もしくは自ら)の心情や思考、感情や感受の仕方に対して、理由や根拠を常に考察しようとする場面が多い。自分にはない発想や、逆にあてはまると思える心理的な考察が登場人物各々なりに整頓されて明確に描かれているため、読んでいて息を呑むフレーズばかりだった。特に今回は、萌絵が20歳前後ならではの悩みや、アイデンティティがモラトリアムにぶつかる場面がリアルに描かれており、天才の多い作品の中で人間味や心の奥深さを味わえる。犀川先生との関係も見どころ。いつの間にか家に行く関係になっていて驚いた。
    トリックも面白い。ダイナミックな装置やあまりに専門的な分野に踏み込んだ前作たちとは異なり、今回は工学部に属する彼らにぴったりの「工学」らしい事件だったので、もちろん分からない知識はたくさんあったが、それでも萌絵の視点に立ってリアルに感じながら楽しんで読み進められる。表面は意味不明なのに蓋を開けてみれば単純、といった推理が本当に面白いし、犯人の動機もわたしは個人的に好きだった。言葉の使い方、表現方法、登場人物たちの独特な個性。すべてが素敵。
    「英語で言える?」はもう秀逸。

  • 萌絵がちょっとずつ大人になっていってる感じはする。
    動機はこうして文章にされれば分かったような気もするけれど、それこそ「他人に説明できて、理解してもらえるなら、人を殺したりしない」んだろうけれど。                                                                                                 

  • 文庫版を読了(再読)

  • S&Mシリーズ4作目。いつもより萌絵ちゃんが頑張ってた気がする。犀川先生と萌絵ちゃんの会話が面白い。ジョークの燕返し。犀川先生はあんこが嫌い。

  • 相変わらず犀川先生と萌絵の噛み合ってるんだか噛み合ってないんだか,意味のあるようで意味のある会話が最高である.

  •  S&Mシリーズの第4作目。
    とにかく、どんどん殺されていくな・・・という印象。
    そして、密室トリックの仕掛けがわかるようなわからないような、想像が難しかった。
    但し、犯人はわかりやすかった。
    犯人の犯行の意図はさっぱり理解できないし、被害者にも同情できるような魅力的な面が見えず、個人的に4作品の中では一番面白みが薄い作品だった。
    一点だけ、萌絵が犀川にしたプロポーズのくだりは面白かった・・・かも。

  • 第1章の最後に犀川創平は「一番のポイントはね、何のためにそんな密室を作ったかだ。HowよりもWhyだ」と自らに問いを突き付ける。その答えは何だったのか?

     『すべてがFになる』『冷たい密室と博士たち』『笑わない数学者』『誌的私的ジャック』と『S&Mシリーズ』を読み進めてきましたが、約20年前に発行された作品であることを差し引いたとても、説明的でスケールが小さく、次第に平凡になっていくように感じるのは私だけでしょうか?

     それでは恒例、犀川創平の名言集?「学ぶのは、それこそ、平等になるためだよ。」「馬鹿から馬鹿にされても、怒っちゃいけない。動物園のゾウとかキリンとかだって、人間のことをバカにしているかもしれないじゃないか。」「研究ってね、何かに興味があるからできるというもんじゃないんだよ、研究そのものが面白いんだ。目的を見失うのが研究の心髄なんだ。」

     何となく読者の期待や編集者の意見に合わせて間口を広げ、敷居を下げた結果として、奥の深さが感じられる所が、登場人物が時折つぶやく哲学的なだけになってしまっている所が、森博嗣さんらしくないと思います。そういう意味では満足したとは言えませんが、それでも続編を読みたいと思わせるところは流石ですね。

  • 2015.09電子書籍で再読。
    大学のシーンがいっぱい出てきて好き。
    関係者の心理がけっこう異常だったり、トリックもギリギリというか忙しい感じで、少々消化不良。

  • 図書館で借りた本。
    S&Mシリーズの4作目。
    S女子大学キャンパス内のログハウスで、女子大生の絞殺体が見つかった。
    現場は完全な密室で、被害者は下着姿で腹部に一本、ナイフで切られた跡があった。
    その2ヶ月後、今度は別の大学の液体窒素用ポンプ小屋で、同じように女子大生の絞殺体が発見された。同じように下着姿で、今度は腹部にZのような切り傷が残されており、やはり密室だった。

  • 物理的トリックはどうでも、メインの謎解きはなるほどと思わせた。動機は、ちょっと?だが、いつも通りの閉鎖された世界だからしかたないか。

  • N大学の実験棟など、大学敷地内で連続密室殺人事件がおきます。理系ミステリーということで、ジェットセメントを使用した密室トリックや、水和熱測定のコンクリート試験体への物証の隠蔽などがありますが、理系の知識がなくても楽しめます。
    殺人の動機は、明確に説明されませんので、しっくりこないかもしれませんが、登場人物のキャラクター性で理解すればいいのでしょうか。まさに詩的私的ということで。
    「萌絵は車に乗って、地球の自転と反対の方向に向かって走った。」(327p)
    文章表現も面白いです。

  • ドラマ化されたので読み始めたS&Mシリーズ。やっとこれで10冊、読み終わりました。読む順番が発行順じゃなかったので、確かではないが、後半の方が萌絵ちゃんへの苛付き度はマシになったような気がしていて、この作品は前半4作目なので、結構酷い。ドラマ化されなかったこの作品ですが、第2シリーズあるのだろうか? 残り5作品あるけど、あの作品を映像化すると意味がないことない?って云うのあるし、どうなるでしょう。イマイチのドラマだったが、やったら見てしまうなあと思わせられるような作品ではあります。

  • 名古屋大学、殺人事件起きすぎ。
    作品の舞台になじみがあるので、地理的なことがイメージしやすく、読みやすい。
    お。これはあの辺か?とか思いながら読むのも楽しい。

    まぁでも、基本的に殺人事件が次々に起きるのは歓迎できない。
    ずっと推理小説が苦手だったけど、被害状況の生々しい描写や、ちょっと理解できない動機だとかがあまり好きじゃなかったんだなぁ。
    まぁ、このシリーズは読むけど。

  • 図書館にて借りる。

  • 面白さは体感してナンボ。「人間だけが非生産的な行為に価値を見出す」わけです。

全129件中 1 - 25件を表示

詩的私的ジャック (講談社ノベルス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

詩的私的ジャック (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

詩的私的ジャック (講談社ノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

詩的私的ジャック (講談社ノベルス)の作品紹介

那古野市内の大学施設で女子大生が立て続けに殺害された。犯行現場はすべて密室。そのうえ、被害者の肌には意味不明の傷痕が残されていた。捜査線上に上がったのはN大学工学部助教授、犀川創平が担任する学生だった。彼の作る曲の歌詞と事件が奇妙に類似していたのだ。犯人はなぜ傷痕を残し、密室に異様に拘るのか?理系女子大生、西之園萌絵が論理的思考で謎に迫る。

詩的私的ジャック (講談社ノベルス)のKindle版

詩的私的ジャック (講談社ノベルス)の文庫

ツイートする