塗仏の宴 宴の支度 (講談社ノベルス)

  • 2690人登録
  • 3.46評価
    • (209)
    • (269)
    • (889)
    • (29)
    • (4)
  • 184レビュー
著者 : 京極夏彦
  • 講談社 (1998年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (616ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061820029

塗仏の宴 宴の支度 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 関口生きろ!!!!
    関口の壊れていく様がみてとれて大丈夫かこいつ……ってなった。
    ページが進むごとに順調に壊れる関口。うわあああ……!!
    本当に関口は変な人というか頭のおかしい人な気がする。普段は鬱と対人恐怖症とで誤魔化されているけど、ふとした拍子にぽろっとおかしな部分が出てきそう。
    この本は長いだけであんまり面白くなかった印象。暗示が無双すぎて萎えた。
    茜殺害も、彼女は聡明だと思うけど興味ないので、死んでもあっそ、って感じ。
    榎さんは相変わらずだった。

  • まさに、<オールスター春の祭典!>って感じ。

    前作「絡新婦の理」で、なぜか一度完結したかのような印象を受けた私。
    すっきりしたというか・・・。

    だから今回、今までの事件の関係者たちが次々に現れ事件に巻き込まれていく様は、期待以上のワクワク感でいっぱい。

    ゲストたちの華やかさは言うまでもないが、メインメンバーたちも
    事件に大きくかかわっていく・・・

    あぁ。関ちゃんはいったいどうなっちゃうのか?
    エノさん、カッコイイ!
    キバシュウまたも暴走か!?
    京極堂はいつ立ち上がるのか?

    そんなわけで、いつもに増して、とにかく出演者が多すぎる。
    忘れてしまわないうちに早く、「宴の始末」を読まなければ・・・

  • 関口くんが殺人容疑で捕まっています。
    当作では、様々なキャラクターが登場しています。
    一番災難だったのは、関くんよりも敦っちゃんだと思います。

    相変わらず厚い本ですが、「妖怪」シリーズでは比較的薄い方だと思います。
    気になったのは、ノベルズの帯に書いてあった「京極夏彦Tシャツ」のプレゼントです。
    「禅」って書いてあるよ!!!!
    他には、禅扇のプレゼントもありました。

    短編は一つ一つが独立した話でしたが、書籍化すると一つの大きな話として纏まっていました。
    当作では「うわん」が好きです。
    敦っちゃんがメインですが、酷い目に遭って可哀想です。
    意外とブラコンなのかしら。
    敦っちゃんの意外な面が見られて良かったです。

    この辺りで、京極さんの作品が出るペースはゆっくりになってきました。

  • 関口くんのうじうじ感がたまらなく愛しい

  • 富士宮がちょこっとだけ出てる~。

    では、宴の始末へ。

  • 長い

  • 百鬼夜行シリーズ6作目、宴の支度。
    一つ一つの物語が徐々に繋がっていくのが面白かった。短編仕立てになってるから、今までに比べると割と読みやすかった気がします。おなじみのメンバーに加え、今まで登場してきたキャラもたくさん出てきて、オールスターの様相。また一から読み返したくなりますが、このシリーズはひとまず全部ノベルスで読んでから流れを掴んでもう一度分冊で読むことに決めている。
    榎さんが相変わらず痛快でかっこよかった。京極の蘊蓄は聞き手が木場修だとわかりやすい例えで言い直してくれるのがありがたい。そして、冒頭のあれがまさか前作の彼女だったとは…関君一体どうなっちゃうの!?
    これだけ長いのにまだ支度。圧巻の風呂敷畳み期待してます。始末へ続く。

  • 過去の登場人物がわんさか祭り。
    上巻にあたる本作は章仕立てになっており過去の作品より読みやすい。ただ、歴代の登場人物がわんさかなのでそこだけ注意。
    催眠術と本末転倒。
    山中の消えた村の謎。薬売り。

    何が怖いってクソ分厚い京極本が上下巻に別れてるってとこがね!

  • 6つの短編が複雑に絡み合って多くの謎を。始末での結末が楽しみすぎる。

全184件中 1 - 10件を表示

京極夏彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
京極 夏彦
宮部 みゆき
京極 夏彦
有効な右矢印 無効な右矢印

塗仏の宴 宴の支度 (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

塗仏の宴 宴の支度 (講談社ノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

塗仏の宴 宴の支度 (講談社ノベルス)の作品紹介

昭和二十八年春。小説家、関口巽の許に奇怪な取材依頼が齎された。伊豆山中の集落が住人ごとに忽然と消え失せたのだからという。調査に赴いた関口に郷土史家を名乗る和装の男が嘯く。-「世の中には不思議でないものなどないのです」。男が現出させたこの世ならざる怪異。関口は異空間へと誘われるのか?六つの妖怪の物語で、「宴」の「支度」は整い、その結末は「始末」にて明らかとなる。

ツイートする