銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (講談社ノベルス)

  • 1175人登録
  • 3.40評価
    • (123)
    • (129)
    • (457)
    • (48)
    • (11)
  • 181レビュー
著者 : 高里椎奈
  • 講談社 (1999年3月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061820593

銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙が違うと物凄く雰囲気が違う…。今の可愛い感じより、元のおどろおどろしいバージョンの方が好きです。物語にも合ってると思う。
    事件よりも、事件を解決する薬屋さん達が一番謎。それだけに妄想しがいがあるという…(笑)
    初期の数作しか読んでいませんが、かなり長いシリーズになりましたね。

  • 薬屋シリーズ第一弾。高校の時にハマって読んでいたのを再読。

  • 図書館で借りた本。
    ある日小学校の校庭に、雪で巨大な妖精の姿が浮かび上がった。そのころ、悪魔と契約をしてしまった不動産やと、子どもの幽霊に悩まされる女性の2件の依頼を受けていた秋たち。実はこの2件は妖精事件で繋がっていた。

  • 雰囲気が古臭い。
    このシリーズは諦めます。

  • ようやくこのシリーズにふれられた気がします。
    存在はだいぶ前から知ってはいたのですが。

    まあ、少しクセありのミステリーです。
    読んでいくと少し展開が
    ごっちゃになるかもしれませんね。
    一応本物の悪魔(?)もでてきますからね。
    (ただし、おどろおどろしいやつではないよ)

    言葉通りの情報にはだまされないことが
    一番でしょうか。
    かなり反則技の強烈な事実を
    突きつけてくれるので。

  • 図書館にて借りる。

  • 2014年5月25日読了。
    今更読んだ感あるね(笑)最後ちょっと疲れたけど、シリーズが楽しみなキャラではある。

  • 図書館が10日も休館するというので、目についた本をガサガサとつかんで借りた中の一冊。

    長い長い。主人公たちの立ち位置の説明が長くて辛かった。
    久々だな、こういうの。
    いつも高田崇史の隣に並んでいるので、気にはなっていたんだけど。
    ダヴィンチ読書道案内の紹介で手にとってみた。
    なんというか、解説の大森望氏の佇まいが全てを物語るというか。
    なんか苦労して解説書いてる空気が。

    多分学生の頃に読んだら楽しかったんだろうな。
    筋立ても主人公たちがこうでなかったら、もっと面白かったのも。
    たぶん、私の歳のせいだわ。

  • 再読。はじめて読んだのは何年前か。。あとの作品も読んでるので少し??なところもあるけれど、ここからがすべてのはじまり。高里さんファンになったきっかけの、大切な一冊。
    2013/03/16

  • 相変わらずリベザルをリザベル、ザギをザキと読んでしまう。話ギリギリまでヒントを並べて最後一気に答えあわせの流れはなんだか読んでて気持ちが良いですね。そしてなんだか切ない事件の幕引き。切ないけど嫌いじゃない終わり方でした。
    ところで肉塊で殴ってその後食べちゃうって割りとメジャーなんですかね。『少女には向かない仕事』でも読んだからなんとなく。

全181件中 1 - 10件を表示

高里椎奈の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (講談社ノベルス)に関連する談話室の質問

銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (講談社ノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (講談社ノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (講談社ノベルス)の文庫

銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (講談社ノベルス)のKindle版

ツイートする