美濃牛 (講談社ノベルス)

  • 358人登録
  • 3.33評価
    • (17)
    • (44)
    • (107)
    • (15)
    • (1)
  • 40レビュー
著者 : 殊能将之
  • 講談社 (2000年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (542ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061821231

美濃牛 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 名探偵石動戯作が初登場する一冊。

    横溝的山村で金田一的名探偵が活躍しています。「八墓村」とか「悪魔の手毬歌」「獄門島」辺りが好きな人なら楽しめるかと。
    石動さんのとぼけたキャラクターもいい感じです。

    しかしまさか「黒い仏」であんな展開になるとは、この頃は予想もしていなかったのであった。


    読了日:10/01

  • 厚さのわりに余白と蘊蓄が多く、また文章も簡単なのでとても読みやすい。このシリーズはわりと何でもありで、SFのようなものから賛否両論あるものまで様々と聞いていたが、本作は至ってまじめなミステリーという感じだった。叙述トリックや意外性だけに頼らない内容も好感度が高かった。登場人物も、皆とても魅力的に感じられた。
    私はベタ好きなので、当たりだった。

  • 首なし死体に始まり、名門の一族が次々に殺されていく。あたかも伝承されたわらべ唄のごとく。横溝作品を彷彿とさせる。以下に詳しい感想があります。http://takeshi3017.chu.jp/file5/neta16802.html

  • 横溝正史の舞台に海堂尊の登場人物が迷い込んだ様な作品

  • 図書館にて借りる。

  • 面白かった。
    「ハサミ男」より断然面白い。

  • 石動戯作、魅力的だなあ。と思ってたら、これシリーズ一作目なんですね。
    もう新作を拝む事は不可能ですが(泣)

    「It's Deconstruction」
    日本語訳があるのに気づかず、頑張って脳内で和訳しました・・・。

    哲史さん殺害の際に「これは入れ替わりトリックがある」と読んでいたのですが、まさかあの人とは!

    500ページの大作、だけど面白くてあっという間。

    殊能氏のご冥福をお祈りします。

  • 『ハサミ男』よりこっちのほうが好き。現代版横溝(ただしぬるめ)。少々強引…というか納得いかないところもあるもののまあ満足です。石動さんも探偵してるし!(笑)


    途中まで飛鳥がアントニオになるんだとばかり思ってたから最後にアントニオ本人が出てきた時がこの本で一番驚いた瞬間だったというのは秘密。

  • 石動シリーズ1作目。
    わらべ歌になぞらえた殺人、洞窟の探検等々、横溝正史をオマージュにしたようなミステリです。ただし、横溝作品に感じるようなおどろおどろしさや怖さは皆無で、村の人たちは皆わりといい人。
    長いですが、一章一章が短いので読みやすく、ちょっとずつ時間をかけて読み終わりました。毎章の冒頭に載せられている引用文の意味をじっくり考えながら読むのも楽しかった。
    探偵役の石動戯作の飄々とした食えないキャラも好感持てました。ただ今回ちょっと空気すぎたので、次回作に探偵の活躍を期待。

  • 「鬼の頭を切り落とし…」首なし死体に始まり、名門一族が次々と殺されていく。あたかも伝承されたわらべ唄の如く。

全40件中 1 - 10件を表示

殊能将之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

美濃牛 (講談社ノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

美濃牛 (講談社ノベルス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

美濃牛 (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美濃牛 (講談社ノベルス)のKindle版

美濃牛 (講談社ノベルス)の文庫

ツイートする