クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)

  • 5098人登録
  • 3.70評価
    • (782)
    • (517)
    • (1560)
    • (30)
    • (12)
  • 507レビュー
著者 : 西尾維新
制作 : take 
  • 講談社 (2002年5月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822504

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 戯言2冊目。個人的に戯言シリーズはこの作品が一番好き。前巻とは反対に大学生活という日常だけれど、だからこそ際立ついーちゃんの異常性。そして人識との出会い。二人のかけあいは最高。巫女子の『〜ただし、〜みたいな!』もくせになる。ミステリ要素もちょびっとあり。

  • 「甘えるな」

    戯言シリーズ二作目!巫女子ちゃんの超比喩が好き。

  • 女性の心理をエグいほど明確に表している。
    共感と否定をしたくなる作品。

  • その昔、音ゲー好きの友人に薦められて買った本。
    ライトノベルなんかと吐き捨てるように言っていた自分が、唯一まともに読めたのが西尾維新だった。
    シリーズで全巻集めた中、やっぱり印象に残ってるのがこの一冊。
    もちろん、友といーくんの最終巻での遣り取りも、捨てがたいのだけれど。
    敢えてこれをシリーズ入門書として薦めよう。戯言だけどね。

  • 「「すきすきだいすきあいしてる」」

    (本当はわかっているんでしょう?)

  • ―『甘えるな』―

    読後の感想を一言で!

    ……指が痛い。

    読んだ人なら分かる。なんともないはずなのに指が有り得ない方向に折れ曲がるような錯覚に囚われました(´Д`)
    いーちゃん。
    気持ちは分かる。
    でも、
    潤さんに零崎にまたはもしかしたら出夢くんに
    終わりを終わらせてもらえるその日までは、
    とりあえず自分を大切にしましょう←←
    痛すぎるわまじで冗談抜きで半泣きだったよこっちは(^q^)ww


    何事も行動を起こす際には優先順位をつけることが出来たり、出来なかったりします
    受験生は「苦手科目を最優先に」とか「得意科目を徹底的に強化!」とかとか
    とにかく色んな優先順位ってものがあって、時に作業を効率化してくれます。
    ただその代償と言わんばかりに「優先」によって「後回し」にされるものがあります
    「後回し」になってもあとで取り返せれば十全。
    例えばテストで一度飛ばした問題を後で戻って解き直すように。
    それがテストの結果を最終的に良くするための一つの手段でもあります。
    ただ、
    取り返しのつかない「後回し」ってあるんじゃなかろうか?
    優劣をつけちゃいけないものって
    「最優先」の相手をしている内に無くしてしまう「後回し」って
    あるんじゃなかろうか?
    たとえば友情とか恋愛とか好意とか私利私欲のためだとか……



    とか?

  • 読み始めたら止まりませんでした。
    例えるならどんどん酷くなる悪夢を見ている感覚でしょうか。
    色々可笑しい部分もありますけど……
    あまりミステリーっぽくはないです。
    シリーズの中では一番ミステリー色が強いですけど……
    個人的に一番は戯言遣いと殺人鬼のやりとりが好きです。

  • 人間失格と主人公の絡み大好きなんだよ!
    お互い貶し合うのに分かり合っててでも決して友情じゃない、そんな関係に惹かれます。

  • 《日本の裁判システムに陪審員制導入、ただし陪審員は全員こまわりくん》みたいなっ!
    《水冷式重機関銃二百連発、ただし暗殺部隊》みたいなっ!
    《コンビニにて殺人事件発生、ただし犯人ローラーブレード着用》みたいなっ!
    《素人探偵朝黄蝉丸、密室首切り殺人事件を即座に解決、ただし犯人現行犯》みたいなっ!

  • 戯言シリーズの中で一番切ない話。

    個人的には、巫女子たちの話と人識との出会いの話は分けてほしかったかなあ。
    それだけ巫女子の切ない話が印象的だった。
    まあラブコメが好きなだけかも知れんが。

    後に明らかになるいーちゃんの特殊能力というか、究極のトラブルメイカーとしての本領が発揮されていると思う。
    まあ巫女子たちはいーちゃんと関わっちゃったことが不幸だったとしか言えないな。

全507件中 1 - 10件を表示

西尾維新の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)に関連する談話室の質問

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)の作品紹介

鴉の濡れ羽島で起こった密室殺人事件から二週間。京都、私立鹿鳴館大学。「ぼく」こと"戯言遣い・いーちゃん"が級友・葵井巫女子とその仲間たちと送る日常は、古都を震撼させる連続殺人鬼"人間失格・零崎人識"との出会いによって揺らめき脆く崩れ去っていく-。そして待ち受ける急転直下の衝撃。一つの世界が壊れる"そのとき"を描ききった新青春エンタの傑作。

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)はこんな本です

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)の文庫

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)のKindle版

ツイートする