五月はピンクと水色の恋のアリバイ崩し 私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)

  • 218人登録
  • 3.15評価
    • (5)
    • (14)
    • (76)
    • (5)
    • (2)
  • 32レビュー
著者 : 霧舎巧
  • 講談社 (2002年8月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822689

五月はピンクと水色の恋のアリバイ崩し 私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

  • 5月はアリバイ崩し!ということでアリバイ崩しがテーマになっているが、犯人が本気でアリバイを作ってきているので、ちょっと現実離れしている感は否めない。
    直人の好きな相手ってもしかして…と思いつつ、琴葉と棚彦の進展は順調。個人的には保っちゃんに頑張っていただきたい。カレイドスコープ島とちょこっとリンクしており、あ、あのときの…と嬉しく思った。

  • 1巻目よりはずっと読みやすいです。
    ですが…お母さんよぉ、
    棚彦さんをプッシュしすぎですぜ。
    でも、似たような境遇だったんだろうな。
    あの雰囲気だとそうに違いない…

    グラビアアイドルである弓絵のマネージャーが
    コンピュータ室で死んでいる事件が発生。
    はじめは自殺と思われていたものの、
    どうも不自然な様で。

    これは本当に本格的で
    コンピュータに周知していた人間だからこそ
    できたこと。
    こういった時点で犯人は1択になるけれども
    ここからアリバイを崩していくのです。
    なので完全な意味との倒叙ともちとちがいます。

    ラブ:推理の割合がよい塩梅になってきたけど
    やっぱり人物が濃いせいか
    くどく感じるのは否めないです。

  • なんかあんまり気乗りしないんだ。

    だからあまり読めていないというのもあるけど、執筆時期との時間差が発生していて、どうしても前時代的なものを感じずにいられない。

    兎に角、ヒロインが嘘っぽく見えてとても好きになれない。

    ヒロインの親の警視もチャラっぽい感じがして、まー、ライトなミステリと考えればそれはそれでもいいんだけど、この前にアガサを読んでいたこともあって頭の中にストーリーが入っていかないというか、どうでもいいんじゃない?とか思えてしまって、そこらへんは読者である自分の問題ではあるんだけど引き込まれることができず読み終えてしまった。

    ただ、アリバイ崩しのアイディアとしては予想外の展開があったので、その点ではさすがだなと言えるので、一読する価値はあるかなとは考えられる。

  • 奇っ怪な遺体をめぐる事件の、タイトルを読んでの通りの「アリバイトリック」。
    ただ、「見立て殺人」にしてはそう見立てた意味を見出せず、「密室殺人」というには抜け道はそこしか無いだろ、というものだったのが残念。
    あとは、犯人をその人一人に絞り込んだ(他の人の可能性を排除した)理由がなく、正直、犯人じゃなくても出来そう。

  • うーん、これも前作と同じような感想になっちゃうなあ。
    ミステリとしては悪くはないんだろうけれど、全体のテイストが好きになれない。
    あとはまあ、僕がアリバイ崩しを好きじゃないってのもあるだろうけど、やはりイマイチのれなかった。

    と言いつつ、また次作にも挑戦してみよう。

  • 3-
    シリーズ第2弾。『四月〜』に比べると、いまいちノリ切れない印象。回収されない伏線は今後のシリーズ作に回されるのかもしれないのでひとまず脇に置いておくとしても、真相にいたるまでの過程がどうも今ひとつピンとこない。更に明かされた真相も何だかモヤッとしたものでスッキリしない。事件は解決されているし、つまらないわけではないが物足りなさは残る。
    もう一つの肝であるラブコメ部分も、取って付けたように新キャラが何人か絡んで盛り上げようとしているが、その割りにはサッパリ。
    前作に続き、おまけが単なるおまけではないことには感心。

  • 文句を言いつつ読むシリーズ。
    このシリーズ、一番おお~ってなるのは、おまけが絡んでくるとこだったりします。

  • 読みやすかった。

    アリバイ崩しなのに犯人が分からずよかった。

  • ずいぶん前に借りてたのを買ってみた(´∇`)

    がんばって全月集めよう!!

    ミステリーで伝説で探偵で学園で多分ほんのりラブな小説

  • マンガっぽい
    さっくり読めました。

  • まず登場人物表で爆笑。「今月の死体」って……。あと「今月の要注意人物」だとか「今月の名無しの人物」だとか。月替り定食メニューかっ!? しかもこうして毎月毎月、この学園で事件が起こるってことだよね。「伝説」って「呪い」の間違いじゃあないの? 最終的には、「封印されていた伝説の殺人鬼」が甦って殺戮を繰り広げる! てなお話を予想してしまうのは私だけ?(たぶん)
    で、本編。ミステリに関してもラブコメに関してもお約束要素ばかりな気がするけれど、まあ無難。ソツはなし。単に自分がアリバイものあまり好きじゃないので、たいした感銘受けなかっただけかも(苦笑)。それ以外の部分では、「あかずの扉」の方と微妙に繋がってたりしてたのが個人的にはマル。
    それに、今回もあった「オマケ」。これがやっぱり、今回もまるっきり無駄ではなかったんだよねえ。次回はいったい何が? いろんなところで期待が高まるこのシリーズ。

  • これは確かに、面白いです。ミステリーの割にはさくさく読めちゃうし。今回も二日間くらいで一気に読み終わってしまいました。

  • 相変わらずのこの題名はどうなんでしょうか…
    内容も相変わらずマンガから書き起こしたようなベタなかんじですが、私はこういうの嫌いじゃないの。
    深く考えずに読めるので楽しいです。
    トリックなどもそれなりにしっかりしていておもしろいし。
    本格派が好きな人は回れ右〜なんでしょうけど。
    ぼちぼち読みすすめていこうかなっていうシリーズです。

  • 学校内で送ったメール。パソコン室に現れた死体。
    学園のに通うアイドルにかけられた疑惑。写真に隠されたアリバイの謎。

    船橋図書館
     2009年5月28日初読

  • 2003年8月31日読了

  • 相変わらずタイトルと表紙はどうかと思うのですが、トリックは面白いので読んでます。

  • 2009/7/19 チェック済み

  • 「霧舎が書かずに誰が書く!」’霧舎学園シリーズ’第2弾。5月はアリバイ崩しです。コンピュータ室で発見された死体は、全身をピンク色に塗られていた!そして胸には水色の矢が…アリバイ崩しがメインなんですが、密室や見立て、新しい伝説まで入った、てんこ盛りな内容です。今回の中少表紙アオリは名探偵コナンでした。

  • 霧舎巧の連作学園ミステリー。
    面白いんだけど。。。
    作者の遅筆は連作完成の時期を推理できないw

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    五月。あの「霧密室」殺人事件から一ヶ月。私立霧舎学園への美少女転校生、羽月琴葉とその同級生にして名探偵(?)小日向棚彦がまたもや遭遇する不可解な殺人事件!コンピュータ室で発見されたその死体は全身をピンク色に塗られていた…!学園ラブコメデイーと本格ミステリーの二重奏、「霧舎が書かずに誰が書く!」、“霧舎学園シリーズ”。五月のテーマはアリバイ崩し。

  • アリバイ崩し、なかなかのものです。学園ラブコメと侮るなかれ。ただ、ちょっとタイトルの語呂、悪くないですかね…(苦笑)

  • ライバルは金田一少年と言うだけあって、すいすいと読めて行きます。ただミステリ好きには受け入れられるかは微妙。

  • このトリックは好きでした。なんだか悲しい内容のお話ではありますが……。題名は一番可愛い気もするのですがねぇ……

全32件中 1 - 25件を表示

霧舎巧の作品一覧

霧舎巧の作品ランキング・新刊情報

五月はピンクと水色の恋のアリバイ崩し 私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

五月はピンクと水色の恋のアリバイ崩し 私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

五月はピンクと水色の恋のアリバイ崩し 私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

五月はピンクと水色の恋のアリバイ崩し 私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)はこんな本です

ツイートする