サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄 (講談社ノベルス)

  • 4339人登録
  • 3.49評価
    • (385)
    • (432)
    • (1525)
    • (27)
    • (3)
  • 280レビュー
著者 : 西尾維新
制作 : 竹 
  • 講談社 (2002年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822849

サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  メガネっ娘の表紙がついにきた!!1
     石丸小唄さんの魅力に酔いしれろ! 話はそれからだ!!

  •  決断することが嫌いでした。何かを選ぶことが嫌いでした。他人に興味が持てませんでした。自分に興味が持てませんでした。人と競うのがいやでした。人と争うのがいやでした。笑われるのがいやでした。笑うこともできませんでした。泣くこともできませんでした。楽しむことも怒ることもできませんでした。何もできませんでした。何も感じませんでした。何も手に入りませんでした。手に入らないから壊しました。手に入れたかったけれど壊しました。欲しかったから捨てました。信じたかったから背徳しました。好きだったから否定しました。守りたかったから傷つけました。心地よかったから逃げ出しました。仲良かったから孤独でした。羨ましかったから潰しました。必要なものは不必要になるまで。好きなものは嫌いになるまで。冷めている人間の振りをしました。達観している人間の振りをしました。悟ったような人間の振りをしました。賢い人間の振りをしました。道化な人間の振りをしました。人間の振りをしました。自分以外の誰かの真似をしました。自分以外の誰かの真似ができませんでした。自分以外の誰かに憧れました。自分が嫌いでした。自分を好きになろうとしました。自分以外の誰かを好きになろうとしました。自分以外の誰かを愛そうとしました。自分以外の誰かを愛せませんでした。自分を愛せませんでした。愛し方も愛され方も平等に分かりませんでした。だから逃げました。だけど逃げられませんでした。どこからも。誰からも。
     生きてることは、つらかったです。
    (P.199)

  • 再読。密室殺人事件を解決するためにいーちゃんが文字通り身体を張って飛び回る。
    タイムリミットが迫る中で、様々なトラブルが起こりハラハラさせられる。
    いーちゃんのその場凌ぎの戯言と、哀川さんによる真相解明で2度衝撃を受けた。

  • 【146】

  • 魅力的な登場人物たち。

    総評
    書きたいことは(上)で書きましたので。ここではこの作品の魅力的(好きな)キャラについて述べます。
    まずは表紙の「石丸小唄」。ミステリアスにして若干挑発的な態度が惹かれます。あとこの表紙、「戯言」で個人的に一番好きです。
    あと「三好心視」先生ですね。あまりネタバレにならないよう書きますが、敵味方がよく分からない空間で、主人公たちの唯一頼りになるキャラではないでしょうか。もし自分もこの場にいたら、唯一心を許してしまいそうです。(結構ヘンな人ですが)

  • ヒントはいろんなところに鏤められていたのでは。
    読み終えてから一番に感じた事でした。
    上巻よりも読みやすく、展開も次々と変わり動きの多かったのではと思います。

  • 【天才のことは天才にしか語れないのだとしたら、それはもう徹頭徹尾戯言なんだな】

    根拠など必要がない。人間のようなその存在自体が曖昧なものに、明確な答えを出せというほうが愚かしい事だと、人工頭脳である私は諸君らに教えてあげよう。

    関係はないけれど、キスって少年(個人ではなく多勢)にとって大事なものなのか、それが少し気になった。僕のファーストキスは誰にあげちゃったのか全然覚えていないよ。

  • 「ぼく」こと「戯言遣い・いーちゃん」の眼前に広げられる戦慄の情景は、「終わり」なんかではなくて、さらなる「始まり」の前触れに過ぎなかった…。死線の蒼、絶体絶命の大ピンチ!

  • 1巻と同じように、天才集う隔離された空間でいーちゃんが玖渚のために奔走する話。事件のトリック的なトコは読んでて想像ついた。ただ、どうやったかっていうトリックについては思いつかなかったな。そして相変わらず最後に根底を覆していく哀川さんが素敵です。

全280件中 1 - 10件を表示

西尾維新の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄 (講談社ノベルス)はこんな本です

サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄 (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄 (講談社ノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする