秘密室ボン (講談社ノベルス)

  • 152人登録
  • 2.88評価
    • (4)
    • (8)
    • (50)
    • (14)
    • (6)
  • 24レビュー
著者 : 清涼院流水
  • 講談社 (2002年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (123ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822900

秘密室ボン (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  清流院の得意技だな。
     自己啓発本の小説版、小説といっても軽く書きましたという感じに思えちゃうのはどうなのだろうか。

     自分が悪いか作者の手抜きか果たしてどっち。

     まあ、実際にこのようなことを現実に行えることができればまた面白いかもしれない。

     根本的にIn Theでやめておけばよかったのに。In theの読後をOut ofでつぶされた感じだった。

  • なにこれひどい

  • (あらすじ)アマゾンより引用
    講談社ノベルス創刊20周年記念 特別書き下ろし作品
    ドイツ生まれの日本育ち――メフィスト翔は
    「密室の神様」を名乗る老人によって突如「秘密室」に囚われてしまう。
    90分で無くなる室内の酸素、そして仕かけられた「密室ボム」。
    脱出する方法はただ1つ、「密室YES・NOクイズ」に全問正解すること!
    メフィスト翔は、たった90分で秘密室を解く鍵=人生の必勝法を見つけられるか?

    **************

    最後まで面白くならないので読むのにてこずった。
    最初の段階で設定が「非現実」だったから
    ネタバレしても「ああそう…」としか思えなかった。
    密室YES/NOに関しても、どっちでも正しいような
    こじつけのような問題に解答で納得できなかった。
    「小説内で正解なんだからそうなんでしょ」って思って
    深く考える気にならないというか…

    ダジャレとかは作者のドヤ顔が浮かんでイラつく(笑)

    前にこの作者の作品を読んだと時も苦手だな~と感じたのに
    また手を出した私が悪かった(´・ω・`)もう読まない。

  • 新しいけれど…読み返したいとは思わない

  • とりあえず90分で読むべし。
    始まりはベトベンの『運命』で。

    面白いか?と聞かれたら
    『とりあえず時間潰しにはなった』と言う程度のモノ

  • まず、読む前にストップウォッチを用意します。
    カウントダウン式だと一層良いです。
    後寝る90分前に部屋を暗くして、読んでね。

    という注文の多い密室本。正直にやった自分を褒めます。

    とは言え、何かのオマケみたいな本。どう読もうが評価変わらないと思う。

    ちなみにぺんぎんさんちゃんは投げたそうです。

    正直趣味分しか感じません。清涼院ファンが読めばいいよ。
    多分涙が止まらないよ。

  • 意味分からんし変な話だけど面白い。

  • 企画としては面白い。
    作者オススメの寝る前に読むという読み方をするには内容が難しい。

  • 非密室本、メフィスト賞? 探偵儀式でも思ったけど清涼院流水って皆こんな書き口なのか うーんまだ読まな分からんか

  • リアルタイムで読むといいのか……ちなみに私は、指定の時間の半分以下で読んでしまいましたが(笑)。ただし、「歴代メフィスト賞作家クイズ」はしばし考え込んだかも。
    相変わらずめちゃめちゃなところは楽しいけれど(そもそも主人公が「メフィスト翔」てので笑える)、収まり具合はどうかなあ。まああくまでも「個人としての」感想なんだけれど。密室に対するこだわりはすごく窺えたけれどね。

全24件中 1 - 10件を表示

清涼院流水の作品

秘密室ボン (講談社ノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

秘密室ボン (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする