陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)

  • 3161人登録
  • 3.39評価
    • (231)
    • (322)
    • (1135)
    • (64)
    • (16)
  • 296レビュー
著者 : 京極夏彦
  • 講談社 (2003年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (752ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822931

陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 此の秋に始めて読み始めて京極さんですが、
    女子高校生やら、お坊さんやら・・・今度は伯爵。
    守備範囲が広いですね。

    この本も、素晴らしく謎めいていて、読了したら未明。
    ついに朝まで変な夢にうなされることになりました。

    榎木津さん目的で読み始めてのですが、
    関口君の良さを改めて認識するという結果に。

  •  百器徒然袋 雨を読んでうきうきした気持ちで読み始めました。
     私は勘が悪くて、小説のオチを予想できたことがありません。それでもこの物語は最初からそれがわかった作品でした。読むのが3度目だから思うのか、わざとわかるように書いているように感じました。
     だからこそ、伯爵の悲しみがズンと胸にのしかかってきました。花嫁が殺されてしまうことを知っているからこそ、悲しくて、どうにもならないのかと思ってしまいました。だって、このシリーズ1勘の悪い関口くんが気づいたくらいですもんね。
     最後、雪絵さんとお出かけしているくだりにほっこりしました。関口くんの出番が多くてうれしかったです。
     でもやっぱり悲しすぎるお話でした。

  • 随分前に読んだ本ですが再読しました。結果的に、ですが。屋敷に着いたあたりで思い出しました。でもそのままフラーっと読んでしまいました。このシリーズは何とも言えない雰囲気が漂うのですが、榎木津さんが出てくるとほっとします。そして彼の発言でまた混乱します。どんな人物か知っているし犯人も分かっているのに。

  • この世には知識だけでは理解できない事柄がある。
    特にその知識に偏りがあると、大きく道を誤る可能性がある。
    百聞は一見に如かず。

  • 鬱の関口視点は読んでいると滅入る上に、結末が最初からほぼ想像できてしまった。
    そうなると読むのに掛かった時間が空しい・・・
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/14347659.html

  • 京極堂節炸裂でした。
    殺害方法も動機もシンプルではあるのですが、登場人物が複雑な人々なために難しくなるという。
    それにしても、殺害された花嫁たちがとても不憫。相手はよく吟味せねばならないねぇ。

  • 2014.11.17 再読。

    京極堂シリーズで初めて、
    おぼろげながらも真相が分かった作品。

    どんな洋館なのか、
    想像が膨らむ…!

    再読してみると、悲しい。
    探偵も辛かったのかもな。
    関口くんはけっこうしっかりしているし、
    邪魅の登場人物のらしくなしさの伏線だったのかなー

    ウブメの考察が非常に面白かったです!!

  • 伯爵家で5度目の結婚式が。全4回は皆初夜に亡くなっている。しかし、犯人は分からず。迷宮入り。五度目はあるのか。探偵も来たが、結局殺人は起きてしまった。しかし、京極堂が解決する。犯人は伯爵でも、人には理解できない。途中からまぁ分かってたけど。やっぱり無理があるなぁ。出てくる人がみんな理屈っぽくて嫌。分厚いけど中身はないなぁ。

  • 結末はよめた。ただそこまでの過程が楽しみで読んで実際もおもしろかった。

  • ようやく読了。以前簡単なネタバレを見てしまったのもあってか犯人がすぐわかってしまいましたが、その犯行理由等が思ってた理由と違ったので楽しめました、ただ理解力が高い人はすぐ動機もわかると思う作品でした。

全296件中 1 - 10件を表示

京極夏彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
京極 夏彦
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)に関連する談話室の質問

陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)を本棚に登録しているひと

陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)の作品紹介

白樺湖畔に聳える洋館「鳥の城」は、主の五度目の婚礼を控えていた。過去の花嫁は何者かの手によって悉く初夜に命を奪われているという。花嫁を守るように依頼された探偵・榎木津礼二郎は、小説家・関口巽と館を訪れる。ただ困惑する小説家をよそに、館の住人達の前で探偵は叫んだ。-おお、そこに人殺しがいる。

ツイートする