虚空の王者 フェンネル大陸 偽王伝 (講談社ノベルス)

  • 456人登録
  • 3.44評価
    • (36)
    • (52)
    • (142)
    • (13)
    • (2)
  • 44レビュー
著者 : 高里椎奈
制作 : ミギー 
  • 講談社 (2005年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061824348

虚空の王者 フェンネル大陸 偽王伝 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回はそんなに面白くなかったな.
    謎が渦巻きすぎてて.
    今後どういう展開になるんでしょうかね.

  • フェンネル大陸シリーズ3冊目。
    誘拐されたソルド王を探してパラクレスへ。
    そこで明かされるソルド王とパラクレスの運命が切ないです。

  • 最初から最後まで、クドラがいとおしくてたまらなかった。

  • フェンネル大陸シリーズ第3弾です。
    ソルド王国の王奪還のため、北の国パラクレスへ向かったフェンたち。
    しかし、本当の王とは誰なのか……。

    王とは何か。絶対的な強さとは何か。
    そんなことを考えながら読んでいた気がします。
    一般市民故、隠された真実の存在すら知らない。
    別に知らなくてもいい、または知らない方が幸せであったとしても、その存在を知る誰かがいてほしいと思いました。

  • 王者の正体?にはびっくり。

  • 偽王伝?あれれ、どういう展開になっていくんだろ~??

  • 衝撃のソルド八世王誘拐から一月―王を捜すため入国したパラクレスでフェンベルクは思わぬものに遭遇する!
    恐ろしいほどに王に似た男・クドラ、彼女を襲う女・ベルテ、隠れて建つ謎の研究所。
    この奇妙な謎と王の誘拐に関係はあるのか?
    そして命を狙われたフェンの運命は?
    謎が渦巻く、王道ファンタジー第3弾。

  • フェンの前にいつも現れるサチが一体何者なのかすごく気になる。
    一体誰をさがしてるんだろ…?
    なんだかアシュレイがかっこよく見えた。
    今後、物語がどう展開していくのか気になる。

  • エピローグがこれまでと違う感じ。これから先も語られないだろうけど、そのキャラには欠かせないエピソード、みたいなのは、これからも出てくるのかなーいろいろ、どのキャラも語られてないところ多そう~

  • フェンベルクのけなげな旅が気になり、読み進めました。
    おもしろい

全44件中 1 - 10件を表示

虚空の王者 フェンネル大陸 偽王伝 (講談社ノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

虚空の王者 フェンネル大陸 偽王伝 (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする