零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)

  • 3679人登録
  • 3.65評価
    • (389)
    • (383)
    • (909)
    • (32)
    • (5)
  • 307レビュー
著者 : 西尾維新
制作 : take 
  • 講談社 (2006年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061825093

零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主役の軋識さんが不憫

  • 人間シリーズ第二弾

  • 再読。零崎一族の中で最も残虐な殺人鬼、零崎軋識の家族や暴君率いる仲間達への思いや葛藤、生き様が人間らしく描かれている。
    また、零崎人識と匂宮出夢との邂逅から、若き日の人類最強の請負人の姿まで本編で活躍した人気キャラの知られざる一面やエピソードを垣間見ることができる戯言シリーズファンには堪らない一冊。

  • 人間シリーズ2冊め。

    そういえば蒼い子のチームの中に零崎のメンバーいましたね。
    3本立て。

    戯言シリーズに出てきた名前がちらほら出てきて読んでて楽しいです。
    零崎一家は最終的に絶滅したとあったけど、まだ死んでない。

    [01.狙撃手襲来]
    「軋識+人識(零崎チーム)」vs「小萩+玉藻(策士チーム)」の対決。
    策士チームのメンバーはここが初登場なわけですね。

    [02.竹取山決戦(前編)(後編)]
    「軋識+双識+人識(零崎チーム)」vs「小萩+玉藻+闇口濡衣+千賀てる子(策士チーム)」vs「匂宮出夢」。
    どっかで話の出ていたかもしれない竹取山の話。
    やっぱり双識さんは変態でした。

    匂宮出夢はなんで出てきたんだか。
    そういえば人識と玉藻ちゃんって、この後結局戦ってないということに少し驚いた。

    [03.請負人伝説]
    「式岸軋騎+哀川潤」vs「石凪萌太+闇口憑依」。
    戯言シリーズ最終巻の5年前といったところか。
    若き日の萌太くんと蒼い子が登場する貴重な話。
    結局データの中身は何だったのかね?

  • 【420】

  • 続きも読みたい‼️

  • 軋織さんはいいなー
    なんか可愛いな

    零崎はみんな変態だけど軋織さんは人間らしいな

    記録上、最も長生きしたって伊織ちゃんよりもかなぁ
    死相が出てるってみんないつかは死ぬからまあみんな出てるんだろうな

    出雲くんと人織くんのイチャイチャがもっと見たいな

  • 【スタンスバイユー】

    最強も最恐も最狂もただ凡庸でしかない。

  • 零崎一族、軋識のお話。
    零崎一族の中でなんだかんだ軋識さんが一番人間らしい人な気がしました。
    軋識メインのお話ですが、今までに出てきた色んな方が出てきて読んでいて楽しかったです。

  • 「零崎一賊」―それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一族。二つの通り名を持ち、釘バット“愚神礼賛”ことシームレスバイアスの使い手、零崎軋識。次から次へと現れる“殺し名”の精鋭たち。そしてその死闘の行く末にあるものは一体!?

全307件中 1 - 10件を表示

西尾維新の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奈須 きのこ
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)に関連する談話室の質問

零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)の作品紹介

「零崎一賊」-それは"殺し名"の第三位に列せられる殺人鬼の一族。二つの通り名を持ち、釘バット"愚神礼賛"ことシームレスバイアスの使い手、零崎軋識。次から次へと現れる"殺し名"の精鋭たち。そしてその死闘の行く末にあるものは一体!?新青春エンタの最前線がここにある。

零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)の文庫

零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)のKindle版

ツイートする