零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)

  • 3671人登録
  • 3.65評価
    • (388)
    • (382)
    • (908)
    • (32)
    • (5)
  • 307レビュー
著者 : 西尾維新
制作 : take 
  • 講談社 (2006年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061825093

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

  • 主役の軋識さんが不憫

  • 人間シリーズ第二弾

  • 再読。零崎一族の中で最も残虐な殺人鬼、零崎軋識の家族や暴君率いる仲間達への思いや葛藤、生き様が人間らしく描かれている。
    また、零崎人識と匂宮出夢との邂逅から、若き日の人類最強の請負人の姿まで本編で活躍した人気キャラの知られざる一面やエピソードを垣間見ることができる戯言シリーズファンには堪らない一冊。

  • 人間シリーズ2冊め。

    そういえば蒼い子のチームの中に零崎のメンバーいましたね。
    3本立て。

    戯言シリーズに出てきた名前がちらほら出てきて読んでて楽しいです。
    零崎一家は最終的に絶滅したとあったけど、まだ死んでない。

    [01.狙撃手襲来]
    「軋識+人識(零崎チーム)」vs「小萩+玉藻(策士チーム)」の対決。
    策士チームのメンバーはここが初登場なわけですね。

    [02.竹取山決戦(前編)(後編)]
    「軋識+双識+人識(零崎チーム)」vs「小萩+玉藻+闇口濡衣+千賀てる子(策士チーム)」vs「匂宮出夢」。
    どっかで話の出ていたかもしれない竹取山の話。
    やっぱり双識さんは変態でした。

    匂宮出夢はなんで出てきたんだか。
    そういえば人識と玉藻ちゃんって、この後結局戦ってないということに少し驚いた。

    [03.請負人伝説]
    「式岸軋騎+哀川潤」vs「石凪萌太+闇口憑依」。
    戯言シリーズ最終巻の5年前といったところか。
    若き日の萌太くんと蒼い子が登場する貴重な話。
    結局データの中身は何だったのかね?

  • 続きも読みたい‼️

  • 軋織さんはいいなー
    なんか可愛いな

    零崎はみんな変態だけど軋織さんは人間らしいな

    記録上、最も長生きしたって伊織ちゃんよりもかなぁ
    死相が出てるってみんないつかは死ぬからまあみんな出てるんだろうな

    出雲くんと人織くんのイチャイチャがもっと見たいな

  • 【スタンスバイユー】

    最強も最恐も最狂もただ凡庸でしかない。

  • 零崎一族、軋識のお話。
    零崎一族の中でなんだかんだ軋識さんが一番人間らしい人な気がしました。
    軋識メインのお話ですが、今までに出てきた色んな方が出てきて読んでいて楽しかったです。

  • 「零崎一賊」―それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一族。二つの通り名を持ち、釘バット“愚神礼賛”ことシームレスバイアスの使い手、零崎軋識。次から次へと現れる“殺し名”の精鋭たち。そしてその死闘の行く末にあるものは一体!?

  • 幼い人識の可愛さにノックダウン
    可愛すぎる死神さんにノックダウン
    変態すぎる兄貴にノックダウン
    ゆらーりゆらり彼女にノックダウン

    相変わらず個性的なメンバーが好き勝手に暴れてる。零崎好きは勿論必読!
    零崎三人が暴れ放題、可愛い子も沢山、そして勿論赤い彼女も……!
    勝ち負けよりもプライドを
    プライドよりも家族を

    騙し騙し生きていくこの中で
    それでもやはり好き勝手に暴れてる!

  • 戯言シリーズの過去のお話。
    人識と大将の掛け合いが好きです。

  • 図書館で借りて。西尾維新を読んでみたかったので読んだけど…もはや対象年齢ではないのか、何が良いのか分からず。
    命名センスがラノベならではなのか?舞城王太郎みたい。

    キャラで読む小説であって、この一冊から読むのが間違ってるぽいな…

  • 総じて見ると、あたしは『人間試験』よりもこっちの方が好きです。
    なんたって、人間失格と出夢、2人とも出てくるし。
    暴君はムカつくけど。

    無意味に戦闘を仕掛ける出夢くんと、それに無理矢理付き合わせられる零崎…っていうのが、なんか平和(?)な感じで好きです。
    そして、出夢くんの「俺が良ければそれでおっけー」的な、何にも考えてないっぽいところに癒される。

    だがしかし。
    『人間試験』同様、この本にも付録がついていたわけですが…
    使い道がわかりません…。
    一体あれをどうしろと?

  • 零崎一賊を描く待望の戯言シリーズ外伝新作。

    今回のメインは『愚神礼賛』(シームレスバイアス)の零崎軋識なんだけど見事なまでに影が薄い。強いて言えばMっぷりが目立つぐらいか。

    とはいえ、その分脇役が豪華。

    磨きがかかった変態ぶりの双識(妹へのこだわりは人間試験につながってるわけね)、いーちゃんに出会う前の人識、大切なものを失ってしまった子荻ちゃん、他にもあんな人やこんな人なども登場、そしてやはり最後はあの人の登場で豪快に幕がおります。

    とまあ、戯言シリーズのファンなら文句なく楽しめる一冊、いやほんと面白かったです。

    ちなみに一番印象に残ったのは石凪萌太が夢について語るところ

    いつか、あの不愉快な連中を出し抜いて、妹を連れて旅に出るんですよ、家族を探してね。心で繋がりあえる、そんな人達を求めて、そして、一つ屋根の下で暮らすんです。家族はいつも、一緒だから

    切ないよなあ。

  • 人間シリーズ第2段

    釘バットをあやつる零崎軋識

    人識くんが中学3年生だから、戯言シリーズの3年くらい前になるのかな?
    戯言のオールスター大集合という感じ
    友ちゃんの黒い過去も意外で面白かった~

  • 久しぶりに戯れ言シリーズを読んだので人間関係が思い出せない。(笑)でもやっぱ竹さんのイラストは可愛いし西尾さん流石だし。。。人類最強素敵すぎます!

  • 「零崎一賊」―それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一族。二つの通り名を持ち、釘バット“愚神礼賛”ことシームレスバイアスの使い手、零崎軋識。次から次へと現れる“殺し名”の精鋭たち。そしてその死闘の行く末にあるものは一体!? 新青春エンタの最前線がここにある。

    ------------------------

    『殺し名』序列三位の零崎一賊が一人の実力者、零崎軋識の物語。
    表紙の2人、麦藁が軋識なのは分かっちゃいたけど、スーツはてっきり違和感があったけど双識かと思っていたら全然違う。二人とも軋識。敢えて言うなら、麦藁帽子が零崎軋識で、スーツ姿は式岸軋騎。

  • 相変わらず無茶苦茶な話だが、面白いんだよな^^;釘バットシームレスバイアスさんのお話。

  • 人間シリーズ二冊目。
    哀川潤とかとか玉藻とかの過去話っぽい感じ。

    全体的に普通。
    人識のバカさも双識の変態っぷりも相変わらず。
    哀川潤と子荻の昔を見れたのは面白かったか。

    んー戯言シリーズもだいぶ忘れてるから、そのあたりと付きあわせて読めればもっと面白かったかも。

  •  とりあえず西尾維新だし、零崎だから迷いなく買ってみた。前の人間試験のときも思ったけど、基本的に零崎の人間ってかっこ悪いよなぁ……。双識はもうどう考えてもイッちゃってるロリショタだし。軋識の大将は玖渚の犬って……。どうよ、それ。
     零崎だからって完全無欠じゃない、ときには敗北するというのは面白いが、タイトルになってるんだから、もう少し大将にいいカッコさせてやれよ、と思わなくもない。軋識がカッコよかった場面はいくつかあったけど、直前か直後に物凄くかっこ悪いところがあるから全部吹っ飛んじゃうよ。
     戯言シリーズより時間軸的に前だから若かりしあの人たちが盛りだくさん。人類最強の若い頃はやっぱり最強でした。個人的には萌太くんが出てきてくれたのでそれでよし。出夢くんもいたしね。
     章の表紙やら途中の挿絵やらで結構多くのイラストが挟まってたけど、結局どれが誰やら分かりませんでした。裏表紙は赤い請負人でいいのかな。

    06.11.11

  • 読むとハマるから手を付けなかったシリーズ。萌太君のカードが欲しかったな…(笑)オールスター…とは言えないけど、大体そんな感じ。

  • 軋識兄さん、凄く好き。二つの顔を持っていて、そのことに苦悩してる感じが。

  • 西尾的今までの作品より読みやすくなっている気がする。

全307件中 1 - 25件を表示

零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)に関連する談話室の質問

零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)の作品紹介

「零崎一賊」-それは"殺し名"の第三位に列せられる殺人鬼の一族。二つの通り名を持ち、釘バット"愚神礼賛"ことシームレスバイアスの使い手、零崎軋識。次から次へと現れる"殺し名"の精鋭たち。そしてその死闘の行く末にあるものは一体!?新青春エンタの最前線がここにある。

零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)の文庫

零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)のKindle版

ツイートする