十二月は聖なる夜の予告殺人 私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)

  • 129人登録
  • 3.25評価
    • (6)
    • (6)
    • (25)
    • (7)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 霧舎巧
  • 講談社 (2009年12月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061826052

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

十二月は聖なる夜の予告殺人 私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【図書館】あー、確かにこれは11月・12月をセットで読まないといけないやつだ。琴葉、マフラー編みすぎ。人死に出過ぎ。後味よくないなぁ…タイトル詐欺もやめてほしい。

  • うーん。長いシリーズの中で、だんだんと歪みが大きくなってきて、どうにもならなくなっている気がする。
    本書のアイデア自体は面白いと思うし、だからこのアイデアを「単品」として仕上げたら、いい作品になってたと思うんだよ。
    でもあえてシリーズに組み込まないといけないから、そのためのひずみが目立つ。惜しい。残念。

  • 今回は「あとがき」を先に読んだのが功を奏した。
    というか、「十一月と十二月、二冊同時刊行の意味」とか言われても、発売時入手じゃないと意味ないよね、それ。
    後日、このシリーズを知って買った人はおいてけぼりですか。

    まあそれはいいとして。
    豪華キャストの皆様でお届けされて、名前がだれがだれなんだかw人物相関図がぐっちゃぐちゃですw(それは、わたしの脳の処理が悪いからですが)
    ただ、解決方法はちょっと尻すぼみ感。
    そして、読むなら、十一月と十二月はセットで読まないと、意味がわからないとおもう。作者は「セットで読めばより楽しめる」と言ってますが…。

  • 3-

  • クリスマス直前にイベントスペースから落下してきた謎の男の遺体。現場にいた霧舎学園の芸能人・湯浅アユ。現場に残されたメモ。商店街のケーキ屋の爆発事件。現場で目撃されたキグルミを着た犯人グループ。何者かに学校に撃ち込まれた不発弾。爆発物の取り扱いミスで火事になった小屋。小屋の中から発見された遺体。事件の関係者と思われる若旦那の遺体。中込医院の病室から発見された亜村事務長の遺体。前回発見された「亜村事務長」の遺体の身元は?湯浅アユが入院する病院に押し掛けた謎の男。一瞬の停電の間に殺害された男。芸能記者・馬込の遺体。予告殺人と見立て殺人の謎。

  • クリスマス前のショッピングモールにやって来た琴葉らの目前で、男性が墜落死した。
    翌日、商店街ではケーキ屋が爆発。
    どちらの現場でも目撃された雪だるまの着ぐるみとの関連は? 
    新たな事件へのカウントダウンが始まる…。

  • 学園推理であるけど、かなり本格的です
    おちゃらけ手いますけど、
    推理小説分類学の勉強ができます
    あと3ヶ月か・・・

  • 持っているのはプレミアム版なのでそういうことだろうと思っていたにも関わらず、今月もおまけにやられました。よくよく見れば、ずばりそのままそのとおりなんですよねぇ。12月を読むと11月の事件にまったく違った側面を見出せるという手法も面白かったです。そして8月の咲さん、9月の××に続いて、今巻ではついにユイが登場! 時系列的にはここから『霧舎巧傑作短編集』に続いていくわけですね。「霧舎学園」も良いですが、「《開かずの扉》研究会」好きな自分としては興奮しっぱなしでした。

  • まさか続いているとは思わず間を空けて読んでしまった。そのせいかストーリーに物足りなさを感じる。疾走感?緊張感?

  • P.38まで。返却。

全24件中 1 - 10件を表示

十二月は聖なる夜の予告殺人 私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)に関連するまとめ

霧舎巧の作品一覧

霧舎巧の作品ランキング・新刊情報

十二月は聖なる夜の予告殺人 私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

十二月は聖なる夜の予告殺人 私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

十二月は聖なる夜の予告殺人 私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

十二月は聖なる夜の予告殺人 私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)はこんな本です

ツイートする