乱鴉の島 (講談社ノベルス)

  • 337人登録
  • 3.31評価
    • (9)
    • (34)
    • (99)
    • (6)
    • (0)
  • 43レビュー
著者 : 有栖川有栖
  • 講談社 (2008年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061826151

乱鴉の島 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 火村英生シリーズ。
    二章のラストとか、思いっきり自分好みの展開で寒気が。
    島に集まった人達の秘密が、一番のポイントか。

  • 読了

    物語の舞台がとても怪しい場所で、雰囲気的に私は大好きな一冊です。

    内容も…うん。不思議でしたね笑
    驚きの展開で、結構目まぐるしく状況が変わり飽きませんでした!
    アリスも色々考えてますねw
    長編ともあり、登場人物が多かった(私にとって)ので人物の把握にちょっと時間が掛かりました(笑)

    私的におすすめの一冊です。

  • 真相に行き着くまでが長い。人間関係の描写も魅力の一つだと思うのだけれど、最後はあっけなく終わったなという感じが否めない。

  • 中編でもいけたんじゃないか…と思ってしまう。
    だらだらと長い。
    うーん、あまり好きではないなあ。

  • 火村シリーズ長編。
    再読ですが、以前読んだときは新書はまだ出ていませんでした。

    孤島ものというと、逃げ場のないその中で繰り広げられる連続殺人劇というイメージですが、そこまで華々しいものではないです。
    むしろ非常に地味です。
    とにかく教授とアリスが落ち着いているので他の人も引きずられたのか、他の目的が後ろ盾となっているのか。
    しかし、自分以外が敵味方不明(というか味方ではない)状況でばんばん推論出せるアリスって凄いと思うですよ。

  • 森博嗣、京極夏彦が「動機を書かない」「動機にリアリティがない」方向に進んでいるに対し、有栖川有栖は、徹底的に動機にこだわる。人間の感情の流れにこだわる。それが逆に作為的に見えてしまうこともあり、泥臭さになることも多い。
    しかし動機の新しさにもオリジナリティを認めるとすれば、有栖川のオリジナリティはピカイチと思います。

  • クローズドサークルモノだけどなぜかそれほど緊迫感がなかった。
    クローンなど難しい題材を取り扱っているので
    とっつきにくいかもしれない。
    ミステリとしての興奮は少し薄いけど詩的でロマンチックな感じがした。
    有栖川有栖作品のそういうところが好きだ。

  • 孤島ものミステリとして、スラスラととても楽しめた。個人的にはもっとファンタジー寄りに着地してもよろしかったのでは、他のかたも書いておられるが、犯行動機と犯人の必然性、魅力に乏しいのが残念。

  • 作家有栖シリーズの孤島もの…だったんだけど、孤島は初だったんだ。ちょっと意外でした。
    著者自身が書いてる通り、華々しい孤島ものではなかったです。
    謎解きも殺人事件より島に人が集まってる理由のほうが押されてる感じだし。
    でも普通に楽しめました。シリーズファン分のポイント+1で★4つ、かな。

  • 火村シリーズの長編。ミステリらしい孤島という舞台設定とクローンというSFじみた要素とを絡めてなかなかに不可思議な印象ですが、犯行動機はちょっと唐突というか拍子抜けする感じだったな~。惜しい。クローン絡みの島の秘密とやらはわりとすぐ予測できてしまったし…。★2.5くらい。

全43件中 1 - 10件を表示

有栖川有栖の作品

乱鴉の島 (講談社ノベルス)を本棚に登録しているひと

乱鴉の島 (講談社ノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

乱鴉の島 (講談社ノベルス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

乱鴉の島 (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

乱鴉の島 (講談社ノベルス)の単行本

乱鴉の島 (講談社ノベルス)の文庫

乱鴉の島 (講談社ノベルス)のKindle版

ツイートする