無貌伝 ~双児の子ら~ (講談社ノベルス)

  • 212人登録
  • 3.74評価
    • (18)
    • (44)
    • (27)
    • (5)
    • (2)
  • 34レビュー
著者 : 望月守宮
  • 講談社 (2009年1月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061826328

無貌伝 ~双児の子ら~ (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ”ヒトデナシ”なる妖怪が跋扈するパラレルワールドでの探偵譚。
    ”ヒトデナシ”の一種”無貌”に顔を奪われて自信も消失した探偵の下、押しかけ探偵助手が事件に挑みます。

    斜に構えつつ直情型な助手と消極的な探偵のバランス加減、世界観はハマる人はハマるかも。

    シリーズを読み進めると、登場人物のセリフや行動に周密なフラグが立てられていたりして無駄がない事に気づかされ、より面白さが増します。

    図書館スタッフ(学園前):あんりみ0

  • “ヒトデナシ”という人間ではない特殊能力を持った存在がいる世界での事件。

    謎解きはあくまでミステリ。“ヒトデナシ”がいる分、面白いかな。

  • シリーズ4作もでてるのに、いまいち面白さがわからないんですよね…
    どこが面白いか教えてください

    という言葉とともに借りた本
    メフィスト受賞しただけあってミステリ

    どこが ときっちり説明はできないけども普通におもしろかったです
    世界設定おもしろかった
    犯人を追いつめる感じ、ちょっとくどかった…かな
    次に期待です!

  • ラノベっぽいのかな?と思って読み始めましたが、
    意外にもなかなか骨太なミステリでした!

    「ヒトデナシ」という怪異(妖怪みたいなモノ)と人間が共存する世界。
    「絵画と猫のヒトデナシ、露草」の諱乗りに笑いました。
    この後のシリーズでは、色々な種類のヒトデナシが登場するんでしょうか。

    人の顔を奪う「無貌」という不気味な存在。
    無貌被害者は、ある特定の状況下では姿が見えないという設定が、
    上手くミステリに生かしてありましたね。
    顔を奪われてしまった探偵・秋津は、少し存在感が薄かったかな(笑)
    その分、生意気な少年助手・望のキャラが立っていたように感じます。

    望がサーカスにいた頃の様子だとか、
    続編ではもう少し見えてくると嬉しいなぁ、と思うのですが^^

  • デビュー作ということを差し引いても、
    序盤、中盤、ラストと、すべてがどこかで見たことあるような展開でした。
    次に期待。

  • 怪異と共存している世界の話。

    探偵と少年の出会いとこれから。
     
    イマイチ迫力には欠けるがこれからがわくわくするような終わり方に興味がわく。

  • 人とヒトデナシという怪異が共存している世界が舞台。
    ヒトデナシの怪盗・無貌から犯行予告が送られてくる。
    無貌に顔を奪われた名探偵・秋津と助手(臨時雇い)の少年・望の二人はその犯行を防ぐために鉄道王一族を訪れるが・・・

    ジャンルで言えばミステリーなのか、ファンタジーなのか…迷いどころです。
    ミステリーとしてはちょっと物足りないかもしれない((+_+))
    なんせ怪異であるヒトデナシは能力によってはなんでもありなので…(^_^;)
    起きる連続殺人の犯人は人かヒトデナシか…気になって夢中で読んじゃいました。

    時代設定が昭和初期って感じなのも結構気に入った要素です。
    なんか怪盗20面相を思い起こさせるような感じです。

    秋津と望、この二人と無貌が今後どんな展開をみせるのか楽しみです(^^♪

  • 活劇とまではいかないけれど、探偵がいて助手がいて怪人がいる。素晴らしいお膳立て。

  • 続刊も読みたくなった。
    今回の事件を切っ掛けに変わるだろう望と探偵が今後どうしていくのかを知りたくなる。

    最後まで読んで、ああこれ全部記憶だったのか、と気付かされて、
    確かに記憶を読まれていない秋津探偵視点の語りはなかったなーと。
    なるほどですね。

  • 怪人二十一面相を思い出しました。

全34件中 1 - 10件を表示

望月守宮の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
湊 かなえ
綾辻 行人
有効な右矢印 無効な右矢印

無貌伝 ~双児の子ら~ (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

無貌伝 ~双児の子ら~ (講談社ノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

無貌伝 ~双児の子ら~ (講談社ノベルス)のKindle版

ツイートする